*

2枚、3枚のブロック練習

複数ブロックはタイミングを合わせて跳ぶ

2枚ブロックの練習

2枚ブロックの練習

(1)前衛(ブロッカー)3人が、ブロックのために中央にかたまって相手チームのトスアップを待つのをバンチのポジションからスタート。

ミドルブロッカーとレフト側のブロッカーがAクイックに跳ぶ。

(2)ミドルブロッカーとライト側のブロッカーはライトへ移動し2枚で跳ぶ。レフト側のブロッカーはレフトに移動して1枚で跳ぶ。

相手センタープレーヤーの速攻に2枚ブロックで素早く対応するためにはバンチが有効となります。

速攻を跳んだ後に、レフト平行やライト平行をブロックできるようにサイドに移動して2枚または1枚ブロックをします。

クイックとサイドのブロックを連続して行う練習です。2枚の動きをしっかり揃えるために、互いに声を出してジャンプしよう。

2枚ブロックの練習
(1)バンチのポジションからスタートし、ミドルブロッカーとライト側のブロッカーがBクイックに跳びます。

(2)ミドルブロッカーとレフト側のブロッカーはレフトへ移動し2枚で跳ぶ。ライト側のブロッカーはライトに移動して1枚で跳ぶ。

 

3枚ブロックの練習

3枚ブロックの練習

(1)反対側のコートで選手が、レフト、ライトどちらかに二段トスを上げる。
ブロッカーはバンチのポジションで構える

(2)トスが上がった方の打ち手が台上から打つ。
ブロッカーはトスを見て移動し、3枚プロックを形成する。

「せーの」や「1,2の3」など、掛け声を揃えて跳ぶことも意識するとし上達が早いです。

 

繰り返し練習して手の感覚をつかもう

基本フォームが身についたら、バンチのポジショニングから、クイックやサイドへすばやく移動する練習や、2枚、3枚での練習へとステップアップします。

複数でのブロックは、きっちりとタイミングを揃えて、跳ぶことが大切なので、かけ声をかけながら、何度も繰り返し練習しよう。

どのような手の出し方をすればボールが下に落ちるのか、感覚をつかむことが大切となります。

 

1対1の勝負で モチベーションを上げる

ブロック練習を1本1本集中して行うに は、スパイカーとの1対1の対戦形式に するのがいいです。

打ってくるスパイカーに 対し、ブロッカーが1人ずつ待ち構える。

「5本中2本シャットアウトしたら勝ち」
「5本中3本ワンタッチを取ったら勝 ち」

などルールを決めて行うとゲーム感覚で楽しく練習がやれます。

またスパイカーもブロックに当てるように打たないと行けないので、スパイクのコントロールの練習にもなるのでブロッカー、スパイカーともに効果があります。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

目線を一定にした状態でジャンプの準備

短い距離を移動するサイドステップ

ブロックの移動には「サイドステップ」「クロスステップ」がありますが、相手の攻撃に対する移動の距離によ

続きを読む

壁から1.5mほど離れて、壁に向かってパス

基本練習で正しいフォームのベースを作る

フォームを維持しながらボールをコントロールする 【壁パス】 オーバーハンドの手首の使い方、ヒザの

続きを読む

バレーボールパスの基本

バレーボールパスの基本

バレーボールの中で一番基本プレー バレーボールを始めた人がまずいちばん初めに練習するのがパスです。

続きを読む

高く跳んでがっちり止めるコミットブロック

コミットブロックとは?

高く跳んでがっちり止めるコミットブロック スパイカーの正面に早く入り、そのスパイカーのタイミングに

続きを読む

スパイクレシーブフォーメーションオープン攻撃

スパイクレシーブフォーメーション(オープン攻撃)

守備バターン(3)オープン攻撃への対応 両サイドからのオープン攻撃に対する守備では、クロスへのスパ

続きを読む

高さより早い移動と早いジャンプが重要なリードブロック

リードブロックとは?

高さより早い移動と早いジャンプが重要なリードブロック セッターのトスの方向を見極めてブロックに入る

続きを読む

セッターがボールを出す前にスイングの準備

あらゆる攻撃パターンで最も速いAクイック

クイックは、スパイカーが先に助走を開始して、それにセッターが合わせてトスを上げるテンポの速い攻撃です

続きを読む

サーブカットはボールをつなぐカバーリングが勝負の鍵を握る

サーブカットはボールをつなぐカバーリングが勝負の鍵を握る

バレーボールの醍醐味は、コートにいる6人で1本目、2本目、3本目とボールをつなぎ、得点につなげること

続きを読む

得意なほうを空けておく

サーブカット・サーブレシーブ(アンダーハンドレセプション)

レセプションでの(サーブレシーブ)の出来が勝敗を分ける 腕の面を必ずセッターに向ける レセプ

続きを読む

間に合わない時はソフトブロックに切り替える

ソフトブロックとは?

間に合わない時はソフトブロックに切り替える ブロックの準備が遅れると相手スパイカーはその隙を逃さず

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑