*

2枚、3枚のブロック練習

複数ブロックはタイミングを合わせて跳ぶ

2枚ブロックの練習

2枚ブロックの練習

(1)前衛(ブロッカー)3人が、ブロックのために中央にかたまって相手チームのトスアップを待つのをバンチのポジションからスタート。

ミドルブロッカーとレフト側のブロッカーがAクイックに跳ぶ。

(2)ミドルブロッカーとライト側のブロッカーはライトへ移動し2枚で跳ぶ。レフト側のブロッカーはレフトに移動して1枚で跳ぶ。

相手センタープレーヤーの速攻に2枚ブロックで素早く対応するためにはバンチが有効となります。

速攻を跳んだ後に、レフト平行やライト平行をブロックできるようにサイドに移動して2枚または1枚ブロックをします。

クイックとサイドのブロックを連続して行う練習です。2枚の動きをしっかり揃えるために、互いに声を出してジャンプしよう。

2枚ブロックの練習
(1)バンチのポジションからスタートし、ミドルブロッカーとライト側のブロッカーがBクイックに跳びます。

(2)ミドルブロッカーとレフト側のブロッカーはレフトへ移動し2枚で跳ぶ。ライト側のブロッカーはライトに移動して1枚で跳ぶ。

 

3枚ブロックの練習

3枚ブロックの練習

(1)反対側のコートで選手が、レフト、ライトどちらかに二段トスを上げる。
ブロッカーはバンチのポジションで構える

(2)トスが上がった方の打ち手が台上から打つ。
ブロッカーはトスを見て移動し、3枚プロックを形成する。

「せーの」や「1,2の3」など、掛け声を揃えて跳ぶことも意識するとし上達が早いです。

 

繰り返し練習して手の感覚をつかもう

基本フォームが身についたら、バンチのポジショニングから、クイックやサイドへすばやく移動する練習や、2枚、3枚での練習へとステップアップします。

複数でのブロックは、きっちりとタイミングを揃えて、跳ぶことが大切なので、かけ声をかけながら、何度も繰り返し練習しよう。

どのような手の出し方をすればボールが下に落ちるのか、感覚をつかむことが大切となります。

 

1対1の勝負で モチベーションを上げる

ブロック練習を1本1本集中して行うに は、スパイカーとの1対1の対戦形式に するのがいいです。

打ってくるスパイカーに 対し、ブロッカーが1人ずつ待ち構える。

「5本中2本シャットアウトしたら勝ち」
「5本中3本ワンタッチを取ったら勝 ち」

などルールを決めて行うとゲーム感覚で楽しく練習がやれます。

またスパイカーもブロックに当てるように打たないと行けないので、スパイクのコントロールの練習にもなるのでブロッカー、スパイカーともに効果があります。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

肩の力を入れず右上60度ぐらいに自然に腕を伸ばし、わずかにヒジを曲げる

スパイクの助走と打点の基本

 高さと強さの両立を意識する オープンから強打するスパイクとクイックスパイクでは、助走や腕の振

続きを読む

人数が少なくてもできるゲーム練習

人数が少なくてもできるゲーム練習

ゲーム形式でモチベーションを上げよう 課題がわかる総合的な練習 チームや個々の選手の課題を見

続きを読む

身長が低くてもバレーボールはできますか?

身長が低くてもバレーボールはできますか?

身長が低くてもバレーボールはできますか? 身長が低くてバレーボールをやったら迷惑だと思われない

続きを読む

cクイック

セッターの背後ですばやく打つCクイック

相手コートの対角線に体を向けるイメージで打つ Cクイックは、セッターの背後で打つクイック。セッ

続きを読む

ジャンプフローターサーブ

フローターサーブよりも勢いをが増すジャンプフローターサーブ

ジャンプの高さと勢いをボールに伝える ジャンブフローターサーブは、打つ時にジャンプする分、フロ

続きを読む

スパイクを打つ時に手首のスナップをきかせる練習方法

バレーボールでスパイクを打つ時にスナップをきかせたいのですが、どうしたらいいでしょうか

【質問】 バレーボールでスパイクを打つときにしっかりドライブがかかったボールが打てません。

続きを読む

バレーボールのスパイクレシーブ(ディグ)の基本

バレーボールのスパイクレシーブ(ディグ)の基本

ディグとは、レセプション(サーブレシーブ)以外のボールを受ける動作のことをいいます。 特にスパ

続きを読む

ボールを投げる方の肩を後方に引きます。

スパイク基本動作はキャッチボールで身に付ける

スパイクの基本動作は、普段の練習で行うキャッチボールで身に付けることができます。ボールを投げる時は、

続きを読む

ブロックカバーの構え方とフォーメーション

ブロックカバー(ブロックフォロー)のやり方

味方のスパイクが相手にプロックされることを想定し、それをカバーをするのがブロックカバーとなります。

続きを読む

対人レシーブの練習のポイント

対人レシーブの練習のポイント

対人レシーブは、あらゆるテクニックが習得できる基本練習となります。また、チーム全員が同時にできるため

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑