*

オーバーハンド二段トスのやり方

全てのポジションの選手に必要なトス

二段トスとは、サーブレシーブ(レセプション)から崩れたり、スパイクレシーブ(ディグ)が上がった時など、ネットから離れた場所からスパイカーに上げるトスの事です。試合中ではセッター以外の選手も二段トスを上げる機会が多いので、どのポジションの選手もしっかりとマスターすることが必要です。

基本の構えは、オーバーハンドパスと同じ。ただ二段トスは、パスより高く遠くに、スパイカーが打ちやすいボールを上げなければなりません。そのため、ボールの下にすばやく入ることと、下半身の使い方がとても重要になります。

オーバーハンドパスよりヒザを深く曲げ、ヒジとヒザを同時に思い切って伸ばし、体全体をバネのように使ってボールを斜め上に上げましょう。より遠くに飛ばしたい時には、ジャンプしてもいいです。

ボールが上がったか確認
1.ボールが上がった位置を確認する。
2.体の向きをトスを上げたい方向に向けながら、ボールの下へすばやく移動します。

ヒザの角度はオーバーハンドパスよりも深く
3.ヒザの角度はオーバーハンドパスよりも深く構える。

トスを上げる時は前方に重心をかける
4.トスを上げる時は、前方に重心をかける。ジャンプして上げた場合は、ジャンプした位置よりも前で着地するイメージで。

準備のポイント

例えば、セッターがスパイクレシーブ(ディグ)を上げた後に、他の選手が二段トスを譲り合ってしまうというそんなミスを避けるために、「オッケー!」などと大きな声を出し、しっかり周りに自分が取るという意思表示をしてから、すばやくボールの下に入りましょう。

上達のコツ!

「ヒジを早く伸ばす」イメージで
ボールを高く遠くに飛ばすには、「ヒジの伸ばすスピードを早くする」イメージで取り組むといいです。

オーバーハンドパスや二段トスの練習は一人でもできます。ボールの真上に上げ、壁に向かってパスしよう。徐々に壁と距離を広げながら、同じ場所にボールが当たるように、ヒジを伸ばすスピードをアップさせましょう。

NGポイント

トスを上げたい方向に体を向けず、手だけでボールの方向を変えたり、ボールの下に入りきらず上げてしまうと、正確なトスが上げられません。ダブルコンタクトの反則なる可能性も高くなるので注意しましょう。

手だけでボールの方向を変えない
 

このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

肩の力を入れず右上60度ぐらいに自然に腕を伸ばし、わずかにヒジを曲げる

スパイクの助走と打点の基本

 高さと強さの両立を意識する オープンから強打するスパイクとクイックスパイクでは、助走や腕の振

続きを読む

サーブの3つのスイングと2つの球質とは

サーブ3つのスイングと2つの球質とは

大別すれば3つのスイングに2つの球質 サーブを打つときの腕のスイング方法には、アンダーハンド、

続きを読む

ネットの白帯に沿って腕を相手コート側に出していく

相手の攻撃を阻止する第一の壁ブロックの基本フォーム

ブロックの基本フォーム ブロックは、最前線のディフェンスです。相手の攻撃に対して壁を作り、スパ

続きを読む

2枚、3枚のブロック練習方法

2枚、3枚のブロック練習

複数ブロックはタイミングを合わせて跳ぶ 2枚ブロックの練習 (1)前衛(ブロッカー)3人

続きを読む

高さより早い移動と早いジャンプが重要なリードブロック

リードブロックとは?

高さより早い移動と早いジャンプが重要なリードブロック セッターのトスの方向を見極めてブロックに入る

続きを読む

スパイクを打つ時にひざを曲げて打つにはどうしたらいいの?

スパイクを打つ時にひざを曲げて打つにはどうしたらいいの?

バレーボール選手はスパイクを打つ時に、ひざが曲がっているんですが、どうやったら曲がるんですか?

続きを読む

バレーボールパスの基本

バレーボールパスの基本

バレーボールの中で一番基本プレー バレーボールを始めた人がまずいちばん初めに練習するのがパスです。

続きを読む

ボールが当たる瞬間は手を振らない

オーバーハンドレシーブ

肩から上の高い位置に来たスパイクを手のひらで上げる ディグは基本的にアンダーハンドで取ることが

続きを読む

壁から1.5mほど離れて、壁に向かってパス

基本練習で正しいフォームのベースを作る

フォームを維持しながらボールをコントロールする 【壁パス】 オーバーハンドの手首の使い方、ヒザの

続きを読む

対人レシーブの練習のポイント

対人レシーブの練習のポイント

対人レシーブは、あらゆるテクニックが習得できる基本練習となります。また、チーム全員が同時にできるため

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑