*

一番マスターしやすいアンダーハンドサーブ

腕を振り、ボールをすくい上げるように打つ

サーブ中で初心者が一番マスターしやすいのがアンダーハンドレシーブです。力が十分でなく、フローターサーブなど上から打つサーブでは距離が伸ばせない人も、比較的遠くにボールを飛ばすことができます。

ただ、あまりスピードが出ず、山なりの軌道のサーブになりやすいので、レセプション(サーブレシーブ)する側にとって返しやすく、相手のチャンスボールになりやすい。

おヘソの前でボールを構え、こぶしでボールをすくい上げるように打ちます。腕を後ろに引き、思い切って振りぬきます。

サーブがネットに届かない人は、はじめはエンドラインの前から練習しましょう。練習を重ねボールが飛ぶようになったら徐々に後ろに下がってアンダーハンドサーブの練習しましょう。

腕をしっかり後ろに引き、思い切って振り上げる
1.足を前後に開いて、ネットに正対する。
2.小さくトスをする。右手を後ろに引き、右足に体重を乗せる。

こぶしがボールに当たるようにしっかりとボールを見る
3.左足への体重移動しながら、右手を振り出す。
4.ボールの斜め下面を手のひらの付け根でミートする。
5.サーブの方向へ伸び上がるようにフォローする。

チェック!

ボールを打つ時は”グー”のカタチにします。手を軽く握るようにします。力強く握り過ぎないように気をつけましょう。こぶしの真ん中で打つ。親指を痛めないように、人さし指の外側につけおく。

ボールを打つ時はグーの形

上達のコツ!

トスを上げすぎず「ボールを離す」感覚で

アンダーハンドサーブを上げすぎないことが大切です。トスを上げるというよりも、左手は「ボールを離す」というくらいの感覚で。右手がきた時に、ボールを落とすようなイメージでトスを上げましょう。

トスは上げすぎず「ボールを放す」感覚で

ボールにいろいろ変化をつける

アンダーハンドサーブでもボールに変化をつけることもできる。例えば手のひらの下部で押し出して打てば無回転で複雑に変化するボール、ボールの後ろ側をこすり上げるようにして打てばドライブ回転がつき、早く落下するボールになります。

実践で使う機会があまりないですが、打ち方としては意外に武器になります。

天井サーブ

低い打点から高く打ち上げるアンダーハンドサーブ。スカイサーブともいいます。滞空時間の長さで相手のリズムを狂わせるのが目的で、アタックラインよりネット寄りか、エンドラインギリギリを狙うのが基本です。

ネット寄りのサーブとエンドラインギリギリのサーブを使い分けることによって、相手のチームは意外とサーブレシーブしにくくなりますよ。
下記の動画で、バレーボール アンダーハンドサーブの打ち方とコツについて説明をしています。
https://www.youtube.com/watch?v=hfBEbPoAtLA

このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

cクイック

セッターの真後ろに上げる速いCクイックトス(クイックのバックトス)

Aクイックよりも長めに上げるのがポイントです セッターの背後に入るクイックにはCクイックがある

続きを読む

ブロックカバーの構え方とフォーメーション

ブロックカバー(ブロックフォロー)のやり方

味方のスパイクが相手にプロックされることを想定し、それをカバーをするのがブロックカバーとなります。

続きを読む

指先を狙ってボールを弾き飛ばそう

ブロッカーの外側の腕や小指を狙うブロックアウト

ブロックアウトは相手ブロッカーの手を狙って打ち、ボールをコートの外に弾き出すテクニックのことです。

続きを読む

サーブで相手のクイック攻撃をさせないようにサーブは打つことができますか

サーブで相手のクイック攻撃をさせないようにサーブは打つことができますか?

【質問】 サーブで相手のクイック攻撃をさせないようにサーブは打つことができますか? 相手チー

続きを読む

バレーボール サーブのコントロールを身につける

バレーボール サーブのコントロールを身につける

サーブのコントロールを徹底的に身に付ける! 【至近距離サーブ】 目標物を狙う時は、距離が遠ければ

続きを読む

壁から1.5mほど離れて、壁に向かってパス

基本練習で正しいフォームのベースを作る

フォームを維持しながらボールをコントロールする 【壁パス】 オーバーハンドの手首の使い方、ヒザの

続きを読む

速いボールに反応するアンダーハンドレシーブ

速いボールに反応するアンダーハンドレシーブ

スパイクなどの早いボールをレシーブする時に用いるのが、アンダーハンドレシーブです。パスに比べてボール

続きを読む

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習

セッターとスパイカーのコミュニケーションが大事

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習 コンビネーションの精度を高める方法! セッターとスパ

続きを読む

サーブの勢いに負けないように腕はしっかり止めて振らないこと

左右にきたボールのとり方(オーバーカット・レセプション)

近年は女子でもジャンプサーブが増え、スピードとパワーのあるサーブを受けることが多くなりました。

続きを読む

ヒザを軽く曲げ、ヒジをしっかり伸ばす

すばやくボールの下に入るアンダーハンドパス

ヒザを使って、体全体でボールを前に運ぶ アンダーハンドパスは、オーバーハンドパスと同じく、バレーボ

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑