*

速いボールに反応するアンダーハンドレシーブ

スパイクなどの早いボールをレシーブする時に用いるのが、アンダーハンドレシーブです。パスに比べてボールが重く、スピードが速いため、ボールを受ける時は、ヒザをしっかり前に出し、腕を板のようにしてしっかり面でボールを受けるとのがポイントとなります。

肩幅より広めに足を広げて構え、打ってくるコースに入り安定した姿勢からすばやく面を作り、レシーブをした後はボールの勢いを吸収するために、しっかり脇を締めてボールをコントロールしましょう。

 

腕の角度は必ず45度よりも前に

肩のラインを0度として腕を45度、前に出した位置でボールをとらえることが原則です。45度の位置よりも後ろでボールを受け取ると、ボールの勢いに負けて、後ろへ飛びやすいので気をつけましょう。

 

正しい姿勢ですばやく重心移動しよう!

レシーブする時に頭を下げたり、腕を動かしてしまうと、姿勢が崩れて安定した面が作れません。安定した面が作れないのでボールをコントロールできず、思った通りの場所に上げることができません。

速いボールにも対応できるよう、しっかりと低い姿勢でボールが飛んでくるコースに入り、正しい姿勢でスパイクレシーブするようにしましょう。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

スパイクレシーブフォーメーション(クイック攻撃)

スパイクレシーブのフォーメーション(クイック攻撃)

スタートポジションは速攻への対応が基本です。 スパイクレシープのフォーメーションは、相手の攻撃

続きを読む

バレーボール サーブの基本練習方法

バレーボール サーブの基本練習方法

サーブの飛距離を伸ばし力強いサーブを打つ為には サーブがネットまでなかなか届かない人や、サーブが入

続きを読む

ドライブサーブの打ち方

ドライブサーブの打ち方

スナップを効かせてボールに強いドライブをかける 体をサイドラインへ向け、ネットに直角の体勢から、腕

続きを読む

トスを上げる時は前方に重心をかける

オーバーハンド二段トスのやり方

全てのポジションの選手に必要なトス 二段トスとは、サーブレシーブ(レセプション)から崩れたり、スパ

続きを読む

上体を右にひねりながら右腕を引く

オープンスパイクの基本

レスト、ライトに上がった高いトスに対して助走して、高いところでボールをとらえてスパイクを打つのが、オ

続きを読む

サーブレシーブの基本姿勢

サーブレシーブ(アンダーハンド)の基本姿勢

がっちり面を作って、セッターへいいボールを回す アンダーハンドでサーブレシーブする場合の基本は、ア

続きを読む

狙ったコースに強いサーブを打つ練習

狙ったコースに強いサーブを打つ練習

本数を多く打つことが上達の近道 相手が嫌がるコースにサーブを打つ練習 まずは自分のサーブ位置

続きを読む

サーブの3つのスイングと2つの球質とは

サーブ3つのスイングと2つの球質とは

大別すれば3つのスイングに2つの球質 サーブを打つときの腕のスイング方法には、アンダーハンド、

続きを読む

間に合わない時はヒザを滑りこみレシーブ

間に合わない時はヒザを滑りこみレシーブ

通常のレシーブフォームで間に合わないと判断した時は、床を蹴った反動を利用してヒザで滑り込んでレシーブ

続きを読む

セッターがボールを出す前にスイングの準備

あらゆる攻撃パターンで最も速いAクイック

クイックは、スパイカーが先に助走を開始して、それにセッターが合わせてトスを上げるテンポの速い攻撃です

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑