*

アンダーハンドレシーブ

アンダーハンドレシーブは、ディグ(スパイクレシーブ)の基本

低い姿勢から、絶対ボールを落とさない意識で

相手の攻撃を拾うプレーを、ディグ(スパイクレシーブ)という。アンダーハンドレシーブは、ディグの基本となるプレーです。バレーボールはボールを落としてはいけないスポーツなので、アンダーハンドレシーブは非常に重要なプレーといえます。

ディグは、常に上からボールが来るので、できるだけ低い姿勢で構え、ボールの落下地点に移動する際も、低い姿勢をキープする。ポジション取りも含め、ディグはボールを「探す」プレーです。

ボールが来るのを待つのではなく、自分から取りに行く意識で常に持って取り組もう。ブロックを抜けたところをしっかり拾えれば、ブロッカーも安心して飛ぶことができ、ディフェンスはより強固となる。

ボールの落下地点にすばやく移動する
1。ボールの落下地点に移動する時は、頭を上下させず、同じ目線をキープしてい移動する。
2.強打にもフェイントにも対応できるよう、相手がスパイクを打つ瞬間は静止する。

パスと同じ手首から上の範囲にボールを当てるのが理想
3.腕が下がりすぎると、ボールが上がらないので注意。

パスと同じように、手首から上の範囲にボールを当てるのが理想。速いスパイクは、身体全体で上げにいく意識で取りにいこう。

準備のポイント!

足幅はレセプションの構えよりもさらに広げ、低い姿勢をとる。ヒジを曲げ、どんなボールにも対応できるように準備。

ディグ低い姿勢をとり、ヒザを曲げ、どんなボールにも対応できるようにする

上達のコツ!

「自分の頭の上にボールを上げる」意識で行う
ディグは、「自分の頭の上にボールを上げる」意識でボールに当てると、自チームのコート中に上がりやすい。セッターに返そうと意識しすぎると相手コートに返ってしまう可能性がある。

レセプションはセッターに返ることが目的だが、強打のディグは、まずボールを上げることが最優先と考えよう。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

スパイクを打つ時にひざを曲げて打つにはどうしたらいいの?

スパイクを打つ時にひざを曲げて打つにはどうしたらいいの?

バレーボール選手はスパイクを打つ時に、ひざが曲がっているんですが、どうやったら曲がるんですか?

続きを読む

トスを上げたい方向のポールを目標にして上げる

アンダーハンド二段トスのやり方

腕の振りとヒザを使って、ボールを高く上げる オーバーハンドでは上げられない低い位置からのトスを上げ

続きを読む

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法 バレーボールを始めたばかりの中学1年です。 早く

続きを読む

初心者が高校からバレーボール部に入っても大丈夫ですか?

高校からバレーボール部に入っても大丈夫ですか?

【質問】 高校からでもバレーボール部に入ろうと思っているんですが、初心者の人でもやっていけるの

続きを読む

トスを上げる時は前方に重心をかける

オーバーハンド二段トスのやり方

全てのポジションの選手に必要なトス 二段トスとは、サーブレシーブ(レセプション)から崩れたり、スパ

続きを読む

Aクイックは自分の30~50cm程度の高さ

スパイカーとタイミングを合わせる速いトス(Aクイックトス)

スパイカーの利き腕の前にボールをすばやく出す サイドへのトスが、ヒザやヒジをしっかりと使ってボ

続きを読む

2枚、3枚のブロック練習方法

2枚、3枚のブロック練習

複数ブロックはタイミングを合わせて跳ぶ 2枚ブロックの練習 (1)前衛(ブロッカー)3人

続きを読む

目線を一定にした状態でジャンプの準備

短い距離を移動するサイドステップ

ブロックの移動には「サイドステップ」「クロスステップ」がありますが、相手の攻撃に対する移動の距離によ

続きを読む

サーブカットはボールをつなぐカバーリングが勝負の鍵を握る

サーブカットはボールをつなぐカバーリングが勝負の鍵を握る

バレーボールの醍醐味は、コートにいる6人で1本目、2本目、3本目とボールをつなぎ、得点につなげること

続きを読む

バレーボールスパイクコースの打ち方

バレーボールスパイクコースの打ち方

正しいフォームでスパイクを打てるようになったら、コースの打ち分ける練習をしましょう。 レフトか

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑