*

サーブレシーブの連携を高める

サーブレシーブ(レセプション)の精度を確実に上げるには、チームメイトとのポジションニングや守備範囲で約束事を作り、連携を高めておくことが大切です。

厳しいコースにボールがきた時は、ぶつかったりお見合いになどのミスにつながります。サーブを受ける時は「はい」、受けない時は「レシーブして欲しい選手の名前」や、「任せた」などみんなで声を出して確認を常にし合いましょう。

サーブレシーブが崩れた時のことも想定して、サーブレシーブを受けない人はすぐにカバーできるうように準備しておくことがとても大切です。

 

サーブレシーブを受けない選手

サーブレシーブを任せることを声に出して周囲に伝えましょう。

「レシーブして欲しい選手の名前」や「任せた」など声でしっかり伝える事と、サーブレシーブを受ける選手にしっかり身体を向けて、しっかりカーバに入り、もし取らなかった場合でも代わりに取れる準備をしておくのとも大切です。

またサーブレシーブが崩れた時など二段トスになどの次の動作がしやすいように準備しましょう。

 

サーブレシーブを受ける選手

自分がボールを受けることを周囲にしっかりアピールをしましょう。

とるような姿勢をして、相手に任せてしまうと、後ろでカバーに入っている選手もとるだとうと思ってしまって、ミスをする原因につながります。

他の人に任せる場合はしっかり任せる人に声を掛けたり、身体の向きでとって欲しい人にわかりやすいアピールをしましょう。

 

セッター

ボールの行方を目で追いながらネット際で待機します。

サーブレシーブをする人の、腕の面や上がったボールをしっかりとみてすぐに動けるようにしておきましょう。

 

上達のコツ

身体を向けて意思表示をしましょう
誰がボールを受けるのか確認する場合、声を出さなかったり首だけを向ける動作は、絶対にやめましょう。

サーブレシーブをする選手の邪魔になるばかりではなく、すぐに次の行動に移れません。身体をボールに向けて意思表示をしっかりしましょう。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習

セッターとスパイカーのコミュニケーションが大事

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習 コンビネーションの精度を高める方法! セッターとスパ

続きを読む

こぶしがボールに当たるようにしっかりとボールを見る

一番マスターしやすいアンダーハンドサーブ

腕を振り、ボールをすくい上げるように打つ サーブ中で初心者が一番マスターしやすいのがアンダーハ

続きを読む

パスと同じ手首から上の範囲にボールを当てるのが理想

アンダーハンドレシーブ

アンダーハンドレシーブは、ディグ(スパイクレシーブ)の基本 低い姿勢から、絶対ボールを落とさない

続きを読む

下半身、ヒジ、手首をつかってボールを送り出しましょう

スパイカーが打ちやすいトスを上げる トスの基本

スパイカーが100%の状態で打てるトスが第一 トスを上げる時に心がけていることは、スパイカーが

続きを読む

サイド攻撃を効率的に打つ方法

サイド攻撃を効率的に打つ方法

ブロッカーの遅れを誘って強打する レフトあるいはライトからのサイド攻撃を有効に決めるためには、

続きを読む

複数枚ブロックは軸となるブロッカーが重要

複数枚ブロックは軸となるブロッカーが重要

ブロックの枚数が多ければ多いほど、相手の攻撃を狭くすることができるので、実戦ではアタッカーの動きみて

続きを読む

ブロックフォローのフォーメーション

ブロックフォローのフォーメーション

可能な限り、全員でフォローする! スパイクは「1本では決まらないもの」という意識で 「スパイクは

続きを読む

スパイクのコース打ち分け方

スパイクのコースの打ち分け方

正しいフォームでスパイクを打てるようになったら、コースを打ち分ける練習をしましょう。 レストか

続きを読む

弓を引くようなイメージで右ひじをしっかりと後ろに引く

直線的でスピードが出るフローターサーブ のコツ

手のひら全体でボールの中心をたたく フローターサーブは、高い位置で打つため、アンダーハンドサー

続きを読む

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

最後まであきらめずにボールの下へ手を伸ばす 予想より前へゆるく落ちてくるボールを、比較的高い位置で

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑