*

バレーボール サーブのコントロールを身につける

サーブのコントロールを徹底的に身に付ける!

【至近距離サーブ】

目標物を狙う時は、距離が遠ければ遠いほど、狙うのは難しくなります。ここでは目標物を近くにしたサーブの練習を紹介します!

まずは、1mごとまたは、3mごとに目印を付けたゴムをネットの20cm上の位置に張ります。自分が狙いを定めて打ったサーブのコースが、ネット上のどの位置を通過したかを確認しましょう。

「このコースを打つなら、ネット上ではこの地点を狙う」と目標を設定し、自分が打ちたいコースへ正確にサーブが打てるようになります。

至近距離サーブ

ゴムにつける印は、赤色をつけるだけでOK。間隔の幅を把握して、たとえば「右コーナーを狙う時は、右から3番目の印を通過させる」という覚え方をしましょう!立ち位置によって変わるってくるので、打ち分けていきましょう。

 

【四ヶ所サーブ】

コートの四隅に、カラーコーンなどの目標物を置きます。下の図のように各コーナーをA、B、C、Dと設定し、各10本中に何本打てたか、確率を割り出していきましょう!

データ化をすることで、四カ所の中でも自分がどのコースを得意とし、苦手にしているのかを把握します。苦手なコースは、克服できるように練習を重ねていきましょう。

サーブを打つ時は、常にコースを意識することが、コントロールを身につける第一歩になります。

四ヶ所サーブ

四カ所あるコートのコーナーを仮にA、B、C、Dと設定。または、サイドラインから1m以内の範囲を目標としてもいいです。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

間に合わない時はソフトブロックに切り替える

ソフトブロックとは?

間に合わない時はソフトブロックに切り替える ブロックの準備が遅れると相手スパイカーはその隙を逃さず

続きを読む

スパイクレシーブの基本姿勢と柔軟性のチェック

スパイクレシーブ(ディグ)の基本姿勢と柔軟性のチェック

前方に落ちるボールに対しては、できるだけ低い姿勢をとることが重要になります。低い姿勢を維持できずにヒ

続きを読む

ジャンプフローターサーブ

フローターサーブよりも勢いをが増すジャンプフローターサーブ

ジャンプの高さと勢いをボールに伝える ジャンブフローターサーブは、打つ時にジャンプする分、フロ

続きを読む

狙ったコースに強いサーブを打つ練習

狙ったコースに強いサーブを打つ練習

本数を多く打つことが上達の近道 相手が嫌がるコースにサーブを打つ練習 まずは自分のサーブ位置

続きを読む

こぶしがボールに当たるようにしっかりとボールを見る

一番マスターしやすいアンダーハンドサーブ

腕を振り、ボールをすくい上げるように打つ サーブ中で初心者が一番マスターしやすいのがアンダーハ

続きを読む

得意なほうを空けておく

サーブカット・サーブレシーブ(アンダーハンドレセプション)

レセプションでの(サーブレシーブ)の出来が勝敗を分ける 腕の面を必ずセッターに向ける レセプ

続きを読む

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に 体の成長段階によって適したトレーニングは違いますが、バ

続きを読む

ネットの白帯に沿って腕を相手コート側に出していく

相手の攻撃を阻止する第一の壁ブロックの基本フォーム

ブロックの基本フォーム ブロックは、最前線のディフェンスです。相手の攻撃に対して壁を作り、スパ

続きを読む

オーバーハンドでサーブレシーブをする基本姿勢

オーバーハンドでのサーブレシーブの基本姿勢

ボールに負けないよう体の前でキャッチする アンダーハンドでレシーブより機会は少ないが、高く来たサー

続きを読む

スパイクレシーブフォーメーションオープン攻撃

スパイクレシーブフォーメーション(オープン攻撃)

守備バターン(3)オープン攻撃への対応 両サイドからのオープン攻撃に対する守備では、クロスへのスパ

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑