*

「 ディグ(スパイクレシーブ) 」 一覧

ブロックカバー(ブロックフォロー)のやり方

味方のスパイクが相手にプロックされることを想定し、それをカバーをするのがブロックカバーとなります。 スパイカーはいつも理想的なスパイクが打てるわけではなく、スパイクを打ってもブロックされることも

続きを見る

ネットプレーの対応方法と練習方法

味方のレシーブがネットに当たった場合のカバーは、非常に大切です。常にボールの動きやスピードに合わせて反応し、力バーできる姿勢をとっておきます。 ネットに当たったら、あわてずに低い姿勢で落ちてきた

続きを見る

肩よりも高いボールを受けるオーバーハンドレシーブ(ディグ)

後方に飛んでくるボールに対してはオーバハンドでレシーブします。 この時、腕が伸び切った状態で受けると、ボールの威力で腕が弾かれてしまうので、ヒジを軽く曲げ手首をしっかり安定させて、おへソにぐっと

続きを見る

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

最後まであきらめずにボールの下へ手を伸ばす 予想より前へゆるく落ちてくるボールを、比較的高い位置で拾うレシーブに適した方法がフライングレシーブ、片手でないと間に合わないようなスパイクを床面すれすれで

続きを見る

ローリングレシーブの基本

ローリングレシーブは普通のレシーブの構えからスタートします。ボールが遠いと判断したら、大きく足を踏み出すと同時に上体をボール下へ滑り込ませるように運びます。 体の前進を止めずに低い位置でレシーブ

続きを見る

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

ボールに負けない強い面を作る スパイクに対するアンダーハンドでのレシーブは、強いサーブのレシーブより準備時間は短くなります。飛んでくるボールの速度は速く、強く、また球筋も低くなるのでレシーブする難易

続きを見る

足首の使い方を意識してアンダーハンドレシーブをしよう

補助動作を取り入れて足首の使い方を意識しよう アンダーハンドレシーブをマスターするポイントは、必ず前方の足首を曲げた状態でボールを受けることです。 曲げた状態であれば、しっかり足首の力を使って

続きを見る

前衛、後衛で異なるレシーブの注意点

相手チームがスパイクを打ってくる攻撃の時の、スパイクレシーブに対しては、前衛の選手と後衛の選手ではレシーブのやり方が異なります。各ポジションの選手はしっかりボールを見て行動しましょう。 【前衛の選手

続きを見る

体を回転させて起き上がるローリングレシーブ

遠くに来たボールをレシーブした後は、走りこんが勢いを利用して、体を回転させてすぐに起き上がりましょう。 最後の一歩を大きく踏み込んで勢いをつけ、しっかり腕を伸ばせば、体はスムーズに回転できます。

続きを見る

間に合わない時はヒザを滑りこみレシーブ

通常のレシーブフォームで間に合わないと判断した時は、床を蹴った反動を利用してヒザで滑り込んでレシーブしましよう。 スピードを落とさず、姿勢を正したままレシーブできるため、ボールを正確にコントロー

続きを見る

速いボールに反応するアンダーハンドレシーブ

スパイクなどの早いボールをレシーブする時に用いるのが、アンダーハンドレシーブです。パスに比べてボールが重く、スピードが速いため、ボールを受ける時は、ヒザをしっかり前に出し、腕を板のようにしてしっかり面

続きを見る

スパイクレシーブのフォーメーション種類

スパイクレシーブのフォーメーションは、ブロックとの連携がとても重要となります。 レシーブが上がらないと思っているチームは、レシーブポジションがブロッカーの後ろにポジションをとっており、ボールがき

続きを見る

スパイクレシーブ(ディグ)の基本姿勢と柔軟性のチェック

前方に落ちるボールに対しては、できるだけ低い姿勢をとることが重要になります。低い姿勢を維持できずにヒザをついてしまうと、それ以上に前に移動できないのでスパイクレシーブ(ディグ)をすることができません。

続きを見る

バレーボールのスパイクレシーブ(ディグ)の基本

ディグとは、レセプション(サーブレシーブ)以外のボールを受ける動作のことをいいます。 特にスパイクは、パスやサーブよりも強く速いスピードでボールが飛んでくるため、そのボールを上げた時はものすごく

続きを見る

試合を想定したゲーム練習

ディフェンス、オフェンスを総合的にチェック ゲーム形式で課題を見つけて、個別練習に反映させる ゲーム形式の練習では、コンビネーションや、ブロックとディグ(スパイクレシーブ)の関係の確認など、オ

続きを見る

人数が少なくてもできるゲーム練習

ゲーム形式でモチベーションを上げよう 課題がわかる総合的な練習 チームや個々の選手の課題を見つけるためや、モチベーションを上げるためにも、ゲーム形式の練習は有効となります。 部員数が少なくて

続きを見る

ブロックとレシーブ(ディグ)の連携を高める

コートの中での約束事、守備範囲を明確に ブロックとレシーブ(ディグ)の連携を高める練習 ブロックとレシーブ(ディグ)を組み合わせたディフェンスの練習も重要です。ブロックを抜けたボールをいかに拾うか

続きを見る

すばやく反応するためのディグ(スパイクレシーブ)練習

自分の頭上に上げる意識でディグに取り組む 試合を想定した動きを取り入れると効果的 初心者の方はまず、地上から打ってもらったボールをディグ(スパイクレシーブ)する練習から始めましょう。初心者同士

続きを見る

ブロックフォローのフォーメーション

可能な限り、全員でフォローする! スパイクは「1本では決まらないもの」という意識で 「スパイクは1本では決まらないもの」と考えて、できる限り全員でプロックフォローにいくことを心がけましょう。周りの

続きを見る

ディグ(スパイクレシーブ)のフォーメーション一覧

レフト攻撃・ストレートを閉める場合 【1枚プロック】 (2)(3)(4)の選手は、ブロックを抜けたクロスの強打を拾うので、必ずスパイカーが見える位置入ります。ブロックに隠れたところに入ってはいけま

続きを見る

スパイクレシーブフォーメーション(オープン攻撃)

守備バターン(3)オープン攻撃への対応 両サイドからのオープン攻撃に対する守備では、クロスへのスパイクがくる後衛のポジションどりと、フェイントへの対応をどうするかが大きなポイントになります。 ケー

続きを見る

スパイクレシーブのフォーメーション(時間差攻撃)

守備パターン(2)時間差攻撃への対応 時間差攻撃に対しては、コミット、リードどちらのブロックフォーメーションの場合でも、ブロッカーのジャンプのタイミングが相手のスパイクに間に合わないことを想定して、

続きを見る

スパイクレシーブのフォーメーション(クイック攻撃)

スタートポジションは速攻への対応が基本です。 スパイクレシープのフォーメーションは、相手の攻撃の形やスパイカーの特徴によってさまざまに変わりますが、スタートポジション、つまりサーブレシープからの

続きを見る

ローリングレシーブ

身体を反転させてすばやく次のプレーへ移る  身体から左右に離れたボールを受ける時は、スライディングレシーブし、走り込んだ勢いを使って身体を横にローリングさせよう。床に滑りこんだらすぐに仰向けにな

続きを見る

低いボールはスライディングレシーブ

床上ギリギリでボールを拾うスライディングレシーブ スライディングは身体から遠く離れたボールをレシーブするテクニックです。できるだけ最後までボールの下の部分を見ながら、低い姿勢でボールの落下地点に

続きを見る

オーバーハンドレシーブ

肩から上の高い位置に来たスパイクを手のひらで上げる ディグは基本的にアンダーハンドで取ることが多いが、腕から上に来た正面のボールをとっさに上げる場合は、オーバーハンドを使うことがあります。

続きを見る

アンダーハンドレシーブ

アンダーハンドレシーブは、ディグ(スパイクレシーブ)の基本 低い姿勢から、絶対ボールを落とさない意識で 相手の攻撃を拾うプレーを、ディグ(スパイクレシーブ)という。アンダーハンドレシーブは、

続きを見る


PAGE TOP ↑