*

アンダーハンドパスが左右にぶれる時の対処法

アンダーハンドパスが左右にぶれて、思った方向に飛ばないことがありますよね。どうやったら上手にアンダーハンドパスが思った方向にコントロールできるようになるのか説明しますね。

原因1 ボールの中心を正しく腕が当たっていない。

ボールに触れるのは手首より5cm ~10 cm 上の部分が理想ですが、肩に力が入ったり、肘の締めが足りないために、平らな面が作れず安定したパスを出すことができないことが原因だったりします。

 

原因1の改善方法

(1)最後までボールから目を離さずアゴを引いて上目遣いでアンダーハンドパスをしてみてください。ボールをしっかり見れるようになればどの辺にボールが飛んでくるのかを予想がつくので安定した箇所にボールが当たるようになります。

(2)ボールが当たる直前まで、腕の力を抜いて肘を軽く曲げておき、ボールが当たる瞬間に肘をしめて、腕を伸ばすことによってボールはまっすぐ前に飛ぶようになります。

(3)ボールが当たった部分が赤くなるので、腕のどの辺りにボールが当たっているのか判断できますね。 左右均等にあたっていないと正しく返せませんし、肘に近すぎたり、こぶしよりなったりしていると、正しい場所にあたっていないのでボールがブレる原因となります。

 

原因2 体や腕がボールに飛んでくる方向を向いていない。

身体がボールの飛ぶ方向に対してまっすぐ向いていないため、腕をまっすぐだしているつもりでも片方の肩が前に出てしまい、ボールが両腕に均等にあたっていないことが原因の場合もあります。

 

原因2の改善方法

(1)ボールの飛んでくる方向に対して、 構えの形をしっかりとる。

(2)身体全体をパスする方法に向け( へそを相手に向ける)そのままポンと腕を出せば均等に当たり、狙ったところにパスができるはずです。

(3)ボールが落ちてくる場所を素早く見抜き、落ちてくる場所に素早く移動し、 そして構えて両手を組むタイミングが的確であれることが大切で、 自分が最もとらえやすいポイントを見つけ、その位置でボールを当てるようにすることがとても大切です。

 

原因3 ボールの当たる角度が一定でない。

ボールが届くか、届かないかは、ボールの跳ね返り角度は、腕の角度によって左右されます。 腕を振ったり、肘を曲げたりすると、いつも一定の角度を作ることができないことが原因でボールが届かない場合があります。

 

原因3を改善方法

(1)手を振ったり、肘を曲げてパスをしていないか注意してください。

(2)ボールの下に素早く入り、両手の小指側をしっかり合わせ、 正しい面をつくり、 へその高さの位置でボールに当て、膝、 足首ののびを十分に使って押し出すようにパスをします。

 

まとめ

アンダーハンドパスが左右にぶれたりするのは、ボールの中心が腕に正しく当たっていないか、ボールを上げたい方向に身体が向いていない、のどちらかだと思います。

なので、練習では、ボールに触れるのは手首より5cm ~10 cm 上の部分で平らな面を作って、おへそくらいの位置でアンダーハンドパスをすることを繰り返し練習をしてください。

ボールが届かないについては、向かってくるボールの勢いが弱くて、遠くにボールを届かせないと行けない場合は、腕を振らなければ絶対に届かないので、腕は絶対に振るは間違っています。

腕の角度などは、その時で違ってきますので、経験を積んでくればちゃんとしたアンダーハンドパスができるようになるので心配しなくてもいいと思います。

アンダーハンドパスはバレーボールの基本なので、苦手だなと思っている人は、毎日少しでも練習を続ければ今よりは絶対に上手になりますので、諦めずに練習を続けましょう。

私が中学1年生のバレーボールを始めたときには、身長が小さかったので、レシーブを重点的に練習させられました。

ですが途中からセッター的なポジションになったのでレシーブの練習よりトスの練習をたくさんしたので、レシーブがかなり苦手でした。

たくさん練習をすることにより、アンダーハンドパスも上達できたので、練習は嘘をつかないなってその時思いました!

皆さんたくさん練習をましょう!

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

間に合わない時はヒザを滑りこみレシーブ

間に合わない時はヒザを滑りこみレシーブ

通常のレシーブフォームで間に合わないと判断した時は、床を蹴った反動を利用してヒザで滑り込んでレシーブ

続きを読む

指先を狙ってボールを弾き飛ばそう

ブロッカーの外側の腕や小指を狙うブロックアウト

ブロックアウトは相手ブロッカーの手を狙って打ち、ボールをコートの外に弾き出すテクニックのことです。

続きを読む

スパイクを打つ時に手首のスナップをきかせる練習方法

バレーボールでスパイクを打つ時にスナップをきかせたいのですが、どうしたらいいでしょうか

【質問】 バレーボールでスパイクを打つときにしっかりドライブがかかったボールが打てません。

続きを読む

家でできるオーバーハンドパスの練習方法とは?

家でできるオーバーハンドパスの練習方法とは?

【質問】 家でオーバーハンドパスの練習をしているのですが、うまく行かず続けて練習することができませ

続きを読む

背の低い人がスパイク打つにはどうすればいいですか

背の低い人がスパイク打つにはどうすればいいですか?

身長が低いのでスパイクを打つのは諦めていましたが、同じ身長が低い人がスパイクを打っているのを見てでき

続きを読む

高く跳んでがっちり止めるコミットブロック

コミットブロックとは?

高く跳んでがっちり止めるコミットブロック スパイカーの正面に早く入り、そのスパイカーのタイミングに

続きを読む

ブロックとディグの連携を高める

ブロックとレシーブ(ディグ)の連携を高める

コートの中での約束事、守備範囲を明確に ブロックとレシーブ(ディグ)の連携を高める練習 ブロック

続きを読む

オーバーハンドパスが遠くへ飛ばない

オーバーハンドパスが遠くへ飛ばない

オーバーハンドパスが遠くへ飛ばなくて悩んでいる方や、二段トスが飛ばなくて悩んでいる方向けに、どうした

続きを読む

「後方へ伸びる」変化するサーブの対処法

「後方へ伸びる」変化するサーブの対処法

「後方へ伸びる」サーブは、すばやく後ろへ移動し、ボールをとらえることが重要です。フットワークが遅れる

続きを読む

スパイクレシーブフォーメーションオープン攻撃

スパイクレシーブフォーメーション(オープン攻撃)

守備バターン(3)オープン攻撃への対応 両サイドからのオープン攻撃に対する守備では、クロスへのスパ

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑