*

すばやくボールの下に入るアンダーハンドパス

ヒザを使って、体全体でボールを前に運ぶ

アンダーハンドパスは、オーバーハンドパスと同じく、バレーボールの基本となるプレーです。特に、レセプションやディグのベースとなるプレーなので、アンダーハンドパスをしっかりマスターすることが、ディフェンス力のアップにもつながります。

「パスをする相手にボールを丁寧に運んであげる」という意識は、オーバーハンドパスと同じです。オーバーハンドパスよりもボールを狙い通りの場所に運ぶのは少し難しくなるが、きちんとボールの下に入り、パスをしたい相手に、体と腕の平面をしっかりと向けることを心がけて練習すれば、コントロールできるようになります。

腕をふってボールを上げるのでなく、ヒザを使って体全体でボールを前に運ぶイメージで上げましょう。

準備のポイント

ヒザを軽く曲げ、ヒジをしっかり伸ばす
ヒザを軽く曲げ、肩幅より少し広めに足を開く。ヒジはしっかり伸ばし、腕を下げすぎないように注意。

手の組み方

手の組み方
手の組み方は、自分のやりやすい形でOK。

すきなカタチで手を組みます
画像の手の組み方はベーシックな組み方です。

NGポイント

手にボールを当てないこと
手にボールを当てないこと。ボールがどこに飛ぶかわからず、コントロースしにくいです。

ボールを当たる場所は一定にする

ボールが当たる場所は手の付け根や手首です。ボールが当たる場所が一定にしておくとコントロールがしやすくなります。どんなボールが来ても同じ場所にミートできるように繰り返し練習をして、体で覚え込みましょう

 

上達のコツ!

前進しながらボールを返す練習をしよう。

「腕を振らないとボールが飛ばない」という人には、歩きながらボールに当てる練習がおすすめです。
前進しながらボールを返す練習をしましょう
ボールを自分から少し遠めに投げてもらい、歩きながらボールを腕に当てる。勢いよく歩くことで、前進する力がボールに伝わり、ボールが飛ぶようになるのでやってみましょう。

 
下記の動画で、バレーボール アンダーハンドレシーブのやり方について説明をしています。 
https://www.youtube.com/watch?v=FHYcoa4SMjg


 

このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

得意なほうを空けておく

サーブカット・サーブレシーブ(アンダーハンドレセプション)

レセプションでの(サーブレシーブ)の出来が勝敗を分ける 腕の面を必ずセッターに向ける レセプ

続きを読む

複数枚ブロックは軸となるブロッカーが重要

複数枚ブロックは軸となるブロッカーが重要

ブロックの枚数が多ければ多いほど、相手の攻撃を狭くすることができるので、実戦ではアタッカーの動きみて

続きを読む

肩より高いボールを受けるオーバーハンドレーブ

肩よりも高いボールを受けるオーバーハンドレシーブ(ディグ)

後方に飛んでくるボールに対してはオーバハンドでレシーブします。 この時、腕が伸び切った状態で受

続きを読む

バレーボール サーブのコントロールを身につける

バレーボール サーブのコントロールを身につける

サーブのコントロールを徹底的に身に付ける! 【至近距離サーブ】 目標物を狙う時は、距離が遠ければ

続きを読む

無回転サーブの打ち方と練習方法

無回転サーブの打ち方

ボールの中心を押し出すようの打つのが無回転サーブの基本です。ボールはネットを越えてから落下の後半で複

続きを読む

目標を設定したサーブレシーブの練習方法

カタチづくり 最初はネットを使わずに9mほど離れた距離からサーブを打ち、基本のフォームを確認しまし

続きを読む

バレーボールのポジション別に求められる能力

バレーボールのポジション別に求められる能力

バレーボールのポジションは、レフト・ライト(ウィングスパイカー)、センター(ミドルブロッカー)、セッ

続きを読む

レシーブは腕を振らずにひざ使えの意味

レシーブは腕を振らずにひざ使えの意味

【質問】 レシーブがあまり上手ではありません。 「手を振らずにひざを使って!」と言われます。

続きを読む

人数が少なくてもできるゲーム練習

人数が少なくてもできるゲーム練習

ゲーム形式でモチベーションを上げよう 課題がわかる総合的な練習 チームや個々の選手の課題を見

続きを読む

アゴが上がるとバックトスだと気づかれます

スパイカーの距離を把握して上げるバックトス

前方へのトスと同じ位置から、背後へトス バックトスは、セッターが前を向いたまま、後ろへ上げるト

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑