*

バレーボールパスの基本

バレーボールの中で一番基本プレー

バレーボールを始めた人がまずいちばん初めに練習するのがパスです。レシーブやトスもパスの延長線上の技術です。安定したパスを出せるようになることはプレーをする上で必須条件と言えるので、とにかく練習を重ねることが大切です。

また、よいパスが出せるようになるためはフットワークも重要です。ボールの下に素早く入り、身体全体を使ってボールを上げられる位置まで動きましょう。

(1)正面に入る

初めは、ボールの正面に入ることが大原則です。正確なフォームでパスを返すためにも、素早くボールの落下地点に移動しましょう。

ボールが体の正面に入らないと正確なフォームで返すことができないので、目標の方向にボールを返す事が難しくなります。まずはきっちりボールの正面に入り正しいフォームでパスを返せるように繰り返し練習をしましょう。

だんだん上達をしてくると、パスの前後にセッターやアタッカーなど、他の選手の動きが見える余裕を持てるようになる事を目指してください。

(2)低い姿勢で

ひざを折って、低い姿勢からボールを送り出すのが基本です。突っ立ったままの姿勢ではボールが上手くコントロールできません。

あごがあがっているのもよくない例の一つとなります。沈み込むくらいの低い姿勢から上げられるようにしましょう。

(3)正確に目標に返す

パスをするうえで一番大事なのは、目標に対して正確に返すことです。そのためにも、ひじや手首のバネを総動員して、飛ばしたい方向へ集中してボールをコントロールしてください。

繰り返し練習しても、思い通りの場所に返せるようにしましょう!

 

このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

壁から1.5mほど離れて、壁に向かってパス

基本練習で正しいフォームのベースを作る

フォームを維持しながらボールをコントロールする 【壁パス】 オーバーハンドの手首の使い方、ヒザの

続きを読む

前衛、後衛で異なるレシーブの注意点

前衛、後衛で異なるレシーブの注意点

相手チームがスパイクを打ってくる攻撃の時の、スパイクレシーブに対しては、前衛の選手と後衛の選手ではレ

続きを読む

スパイクレシーブのフォーメーション種類

スパイクレシーブのフォーメーション種類

スパイクレシーブのフォーメーションは、ブロックとの連携がとても重要となります。 レシーブが上が

続きを読む

こぶしがボールに当たるようにしっかりとボールを見る

一番マスターしやすいアンダーハンドサーブ

腕を振り、ボールをすくい上げるように打つ サーブ中で初心者が一番マスターしやすいのがアンダーハ

続きを読む

バレーボール サーブの基本練習方法

バレーボール サーブの基本練習方法

サーブの飛距離を伸ばし力強いサーブを打つ為には サーブがネットまでなかなか届かない人や、サーブが入

続きを読む

オーバーハンドパスは下半身の動きが大切

オーバーハンドパス ボールをとる時の動き方

オーバーハンドパスは下半身の動きが大切 オーバーハンドパスは一見、手でボールを運んでいるように見え

続きを読む

バレーボールのスパイクレシーブ(ディグ)の基本

バレーボールのスパイクレシーブ(ディグ)の基本

ディグとは、レセプション(サーブレシーブ)以外のボールを受ける動作のことをいいます。 特にスパ

続きを読む

指先を狙ってボールを弾き飛ばそう

ブロッカーの外側の腕や小指を狙うブロックアウト

ブロックアウトは相手ブロッカーの手を狙って打ち、ボールをコートの外に弾き出すテクニックのことです。

続きを読む

ヒジ、胸、おヘソの順に滑りこむように着地します

低いボールはスライディングレシーブ

床上ギリギリでボールを拾うスライディングレシーブ スライディングは身体から遠く離れたボールをレ

続きを読む

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

最後まであきらめずにボールの下へ手を伸ばす 予想より前へゆるく落ちてくるボールを、比較的高い位置で

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑