*

サイドハンドサーブの打ち方

変化しやすいので、遠くから打つと効果的です。

身長が低かったり、腕の力が弱くても変化をつけやすいのがサイドハンドサーブです。ボールに体の回転力を使って打つサーブになるので、比較的、安定感があり、ヒットポイントを変えることで変化をつけられるのが特徴です。

加えて、遠くから打つと、ボールがぶれたり、重くなり、サーブカットをする方にしては、かなりやっかいなサーブとなります。

一方、近くから打つと、コースを狙いやすくなり、またボールのスピードが出るというメリットもあります。

それぞれのメリットを目的や状況に合わせてサイドハンドサーブを使い分けましょう。

 

サイドハンドサーブの打ち方

1.体をコートに対して横向きに構えトスを上げると同時に、右手を後ろに引きます

2.トスは1m以上上げないようにします。ボールを打つ腕をまっすぐ伸ばして構えます。

3.右足を踏み込んで、体全体を回転させます

4.手を軽く握り、肘の裏から手首までの間に当てます

5.腰を使い、体全体でボールを運ぶように腕を振ります。体よりもやや前でボールをとらえてサーブを打つようにします。

 

常に正しい位置でミートをする

サイドハンドサーブは常に同じ位置にトスを上げ、体よりもやや前でとらえと、力強いサーブが打つことができます。自分自身の打つポイントを見つけ、常に同じように打つことが大切になります。

打つ位置がいつもばらばらになってしまうと失敗の原因になります。

 

ヒットポイントで変化をつける

安定したトスを上げられるようになったら、ヒットポイントを少しずつ変えてみましよう。
サーブを打つ位置によっていろいろな変化をつけることができます。

 
下記の動画で、バレーボール サイドハンドサーブの打ち方とコツについて説明をしています。 
https://www.youtube.com/watch?v=LlD9oczo4mI


 

このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

バレーボールの基本となるオーバーハンドパス

コントロールしやすいオーダーハンドパス

「ボールを丁寧に運んであげる」とう気持ちで パスは、バレーボールの一番基本となるプレーで、もっとも

続きを読む

スパイクレシーブの基本姿勢と柔軟性のチェック

スパイクレシーブ(ディグ)の基本姿勢と柔軟性のチェック

前方に落ちるボールに対しては、できるだけ低い姿勢をとることが重要になります。低い姿勢を維持できずにヒ

続きを読む

二段トスの上げ方

二段トスの上げ方

二段トス(ハイセット)は、レシーブボールが乱れネットから離れた位置から上げるトスのことです。セッター

続きを読む

ディグのフォーメーション

ディグ(スパイクレシーブ)のフォーメーション一覧

レフト攻撃・ストレートを閉める場合 【1枚プロック】 (2)(3)(4)の選手は、ブロックを抜け

続きを読む

ジャンプサーブのコツと練習方法

ジャンプサーブ 上達のコツ 助走と打ち方の練習方法とは?

【質問】 ジャンプサーブを打っているのですが試合ではなかなか入らないです。 ジャンプサーブの

続きを読む

スパイクを打つ時に手首のスナップをきかせる練習方法

バレーボールでスパイクを打つ時にスナップをきかせたいのですが、どうしたらいいでしょうか

【質問】 バレーボールでスパイクを打つときにしっかりドライブがかかったボールが打てません。

続きを読む

目線を一定にした状態でジャンプの準備

短い距離を移動するサイドステップ

ブロックの移動には「サイドステップ」「クロスステップ」がありますが、相手の攻撃に対する移動の距離によ

続きを読む

ネットの白帯に沿って腕を相手コート側に出していく

相手の攻撃を阻止する第一の壁ブロックの基本フォーム

ブロックの基本フォーム ブロックは、最前線のディフェンスです。相手の攻撃に対して壁を作り、スパ

続きを読む

肩の力を入れず右上60度ぐらいに自然に腕を伸ばし、わずかにヒジを曲げる

スパイクの助走と打点の基本

 高さと強さの両立を意識する オープンから強打するスパイクとクイックスパイクでは、助走や腕の振

続きを読む

ヒジ、胸、おヘソの順に滑りこむように着地します

低いボールはスライディングレシーブ

床上ギリギリでボールを拾うスライディングレシーブ スライディングは身体から遠く離れたボールをレ

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑