*

サーブカット・サーブレシーブ(アンダーハンドレセプション)

レセプションでの(サーブレシーブ)の出来が勝敗を分ける

腕の面を必ずセッターに向ける

レセプション(サーブレシーブ・サーブカット)は、相手のサーブから自分チームの攻撃に移るため1本目のプレー。レセプションがセッターに返らなければ、試合の組み立てが難しく、レセプションの出来が勝敗を分けるとも言われる重要なプレーだ。レセプションをする選手は、役割をまっとうできるようしっかりと練習しよう。

ボールをとらえる時は、腕(面)をしっかりセッターに向け、腕を振らずにボールを止める感覚だ。弱いサーブと強いサーブで、受ける体重のかけ方が変わるので気をつけよう。レセプションは、ともかく本数を受けることが上達のポイントです。正しいフォームを身につけ、セッターがトスを上げやすい山なりの軌道のボールを返せるよう、練習を繰り返そう。

練習は一人で行うのではなく、複数で1本のサーブを受ける練習をより多くすることが重要です。守備範囲をチームメイトと確認しながら、しっかりと攻撃につなげましょう。

ボールがくる前に腕で面を作ります
上半身は前かがみで、サーブの正面に入る事が理想です

上下動かないように正面に入り、ボールの勢いを吸収。腕を振らないように注意
フローターサーブなど弱いサーブを受ける時
サーブを取る時は、重心を前にかけ、腕は振らずにボールを面に当てるだけの意識

ジャンプサーブなど強いサーブを受ける時
強いサーブを受ける時は、ボールが当たった瞬間に重心を後ろにかけ、ボールの勢いを体で吸収するイメージ

両腕の面を必ずセッターに向けることが一番重要です。体の横で取ろうとする場合も同様です。そうすることで、セッターはボールの位置を予測しやすくなります。

準備のポイント

サーブを待つ時は、アンダーハンドパスよりも足を広く開き、どちらかの足を少し前に出す。サーバーの視線の動きとスイングの方向を観察。サーバーと目があったら自分のところに打ってくると予測しよう。

役立つアドバイス

得意な方を空けておく
一般的に右利きの選手は右側にきたボールのほうが確実にレシーブしやすいものです。コートに入ったら選手同士で守備範囲は、右側が大きく左側が小さめの楕円をイメージしてレシーブしましょう。

得意なほうを空けておく

上達のコツ!

「セッター周辺に返そう」という気持ちで
レセプションは、セッターの定位置にぴったり返そうと意識するよりも、「セッターの周辺に返そう」と思ったほうが、楽な気持ちでいい返球ができます。

特に強力なサーブに対しては、セッターにピタリと返そうとすると、ネットを超えてしますことが多いので、「アタックラインの少し内側に返せばいいかな」という意識でやったほうがうまくいきます。

NGポイント

腕の面をセッターに向けていないと、ボールはセッターに返りにくい。面が上を向くと、ボールは後ろに飛んでいってしますので気をつけよう。

腕の面をセッターに向いていないと、ボールはセッターに返りにくい
下記の動画で、バレーボールのサーブレシーブ(サーブカット)のコツと練習方法について説明をしています。
https://www.youtube.com/watch?v=6OCzXqicuSw

このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

オーバーハンドパスの強弱のコントロールがつかめない

オーバーハンドパスの強弱のコントロールがつかめない

オーバーハンドパスの遠くまで飛ばせなかったり、うまくコントロールができない!って思う事ありますよね。

続きを読む

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習

セッターとスパイカーのコミュニケーションが大事

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習 コンビネーションの精度を高める方法! セッターとスパ

続きを読む

サーブで相手のクイック攻撃をさせないようにサーブは打つことができますか

サーブで相手のクイック攻撃をさせないようにサーブは打つことができますか?

【質問】 サーブで相手のクイック攻撃をさせないようにサーブは打つことができますか? 相手チー

続きを読む

スパイクレシーブフォーメーション(クイック攻撃)

スパイクレシーブのフォーメーション(クイック攻撃)

スタートポジションは速攻への対応が基本です。 スパイクレシープのフォーメーションは、相手の攻撃

続きを読む

ランニングジャンプフローターサーブ

長い助走の勢いを活かしたランニングジャンプフローターサーブ

助走距離を長くとり、片足で踏み切る 斜めや横方向に助走することで、ジャンプフローターサーブより

続きを読む

ディグのフォーメーション

ディグ(スパイクレシーブ)のフォーメーション一覧

レフト攻撃・ストレートを閉める場合 【1枚プロック】 (2)(3)(4)の選手は、ブロックを抜け

続きを読む

サイドハンドサーブの打ち方

サイドハンドサーブの打ち方

変化しやすいので、遠くから打つと効果的です。 身長が低かったり、腕の力が弱くても変化をつけやす

続きを読む

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

ボールに負けない強い面を作る スパイクに対するアンダーハンドでのレシーブは、強いサーブのレシーブよ

続きを読む

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

フォーメーションで最も基本的な力タチは、セッター以外の5人がサーブレシーブ(レセプション)に入る「W

続きを読む

背の低い人がスパイク打つにはどうすればいいですか

背の低い人がスパイク打つにはどうすればいいですか?

身長が低いのでスパイクを打つのは諦めていましたが、同じ身長が低い人がスパイクを打っているのを見てでき

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑