*

左右にきたボールのとり方(オーバーカット・レセプション)

近年は女子でもジャンプサーブが増え、スピードとパワーのあるサーブを受けることが多くなりました。

サーブが身体の左右にきた時は、ただ単に腕を出してボールをとらえるのではなく、おヘソを意識して足をしっかり出すことが大切です。セッターにおヘソを向ける意識でボールを運びましょう。

サーブの勢いに負けないように腕はしっかり止めて振らないこと

  • おヘソをセッターに向ける意識でボールをとらえるのがポイントです。
  • サーブの勢いに押されないように腕はしっかり止めて振らないようにしましょう。

上達のコツ!

おヘソをセッターに向ける

身体を開いた状態でボールをとらえると、勢いに押されボールを後ろに弾かれてしまいます。必ずおヘソをセッターに向ける意識で、身体全体でボールを運ぶようにしましょう。

おヘソをセッターに向ける

練習方

1.バケツでボールをキャッチしよう

バケツを使ってボールをキャッチする練習です。サーブの勢いを減少させ、いかに優しいボールをセッターに返すのがサーブーカット(レセプション)のポイント。ボールの落下地点に入るボールの勢いを吸収できないと、うまくキャッチできません。

2.コートを3箇所でサーブを受けよう

アタックラインより前のサーブ、通常サーブ、エンドライン側の奥のサーブの3種類を受ける練習です。サーブーカット(レセプション)の位置によって身体の使い方が変わるので、その違いをマスターするのが目的です。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

スパイクレシーブの基本姿勢と柔軟性のチェック

スパイクレシーブ(ディグ)の基本姿勢と柔軟性のチェック

前方に落ちるボールに対しては、できるだけ低い姿勢をとることが重要になります。低い姿勢を維持できずにヒ

続きを読む

ドライブサーブの打ち方

ドライブサーブの打ち方

スナップを効かせてボールに強いドライブをかける 体をサイドラインへ向け、ネットに直角の体勢から、腕

続きを読む

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習

セッターとスパイカーのコミュニケーションが大事

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習 コンビネーションの精度を高める方法! セッターとスパ

続きを読む

壁から1.5mほど離れて、壁に向かってパス

基本練習で正しいフォームのベースを作る

フォームを維持しながらボールをコントロールする 【壁パス】 オーバーハンドの手首の使い方、ヒザの

続きを読む

スパイクレシーブのフォーメーション種類

スパイクレシーブのフォーメーション種類

スパイクレシーブのフォーメーションは、ブロックとの連携がとても重要となります。 レシーブが上が

続きを読む

サイド攻撃を効率的に打つ方法

サイド攻撃を効率的に打つ方法

ブロッカーの遅れを誘って強打する レフトあるいはライトからのサイド攻撃を有効に決めるためには、

続きを読む

得意なほうを空けておく

サーブカット・サーブレシーブ(アンダーハンドレセプション)

レセプションでの(サーブレシーブ)の出来が勝敗を分ける 腕の面を必ずセッターに向ける レセプ

続きを読む

ボールを投げる方の肩を後方に引きます。

スパイク基本動作はキャッチボールで身に付ける

スパイクの基本動作は、普段の練習で行うキャッチボールで身に付けることができます。ボールを投げる時は、

続きを読む

セッターがボールを出す前にスイングの準備

あらゆる攻撃パターンで最も速いAクイック

クイックは、スパイカーが先に助走を開始して、それにセッターが合わせてトスを上げるテンポの速い攻撃です

続きを読む

試合を想定したゲーム練習

試合を想定したゲーム練習

ディフェンス、オフェンスを総合的にチェック ゲーム形式で課題を見つけて、個別練習に反映させる

続きを読む

Comment

  1. かな より:

    サーブカットのとき、ボールが飛んできてもどうしてもうまくカットができません。足が動いていないと言われたのですが、なかなか足が動きません。その原因と足を動かす練習の方法を教えてください!!

    • 足が動いていないとは、ちゃんとサーブの落下位置に入っていないという事だとおもいます。
      チーム内で誰がどの範囲までサーブカットを取るのかをしっかり決めておくとその範囲まで取るように意識をすればいいのである程度とる目安がつきますね。
      これで取る範囲がしっかりするので、足がしっかり動くと思いますよ。

      あとはしっかりボールの落下地点を見極められるように何度もサーブカットの練習を繰り返し練習することです。
      なんども練習をすることで、ちゃんと落下位置がわかるので、足も動くと思います。

      またわからないことがありましたら聞いてくださいね!

  2. なお より:

    私は、ライトを務めているんですが、
    どうしても強いサーブをカットするとき、
    引いてしまいます。
    いったいどうすればいいのでしょうか。

    • コメントありがとうございます。

      強いサーブが来た時に、サーブカットが苦手な人は失敗するんじゃないかと思ってしまいますよね。
      私でしたら、まずは上に上げることだけを意識します。

      周りのみんなも強いサーブは取ることが難しいです。
      なので、「上にあげることを意識するのでカバーしてね!」って言ってみんなにフォローしてもらっていましたよ。

      サービスエース取られることが一番まずいので、コート内の上に上げて二段トスでも良いので、誰もがフォローできる場所にボールを上げることを意識しましょう。
      そう考えるだけでも気持ちが楽になりませんかね。

      あとは失敗することを考えずに、成功することをイメージしてサーブカットしてくださいね。
      失敗のイメージをするとそうなるように身体が動いてしますので、良いイメージを常に持つようにしましょう。
      イチロー選手みたいに、サーブカットのルーティーンを決めて、いつも同じ気持ちでサーブカットに入れるようにすることも良いかもしませんね。

      返信が遅くなりすみません。
      またわからに事がありましたら、相談してくださいね。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑