*

基本練習で正しいフォームのベースを作る

フォームを維持しながらボールをコントロールする

【壁パス】

オーバーハンドの手首の使い方、ヒザの使い方を意識しながら、壁に向かってパスをする練習です。最初はボールを一度、持ってから壁に向かってパスし、感覚をつかんでいきましょう。

壁から1.5mほど離れて、壁に向かってパス
1.壁から1.5mほど離れて、壁に向かってパス

手首を使い方を意識して壁パスをしましょう
2.連続20回から30回が目標。手首の使い方を意識しましょう

距離を伸ばして壁パスをする
3.距離を伸ばすしてもフォームを維持できるように意識しましょう。
4.できるようになったら姿勢の高さを調整したり、ジャンプパスにも挑戦してみよう。

【ヒザ送りパス】

初心者にとって、ヒザの力でボールを運ぶ動作は、なかなか難しいかもしれませんが、「ヒザ送りパス」は、ヒザがボールを送り出す感覚をつかみやすい練習です。「1,2」のリズムで体を揺らし勢いをつけ、「3」のタイミングで重心を前方へ移動させて、ボールを送り出しましょう。

  1. 1、2のリズムで、前足のヒザを2回、前に送り出して反動をつけます
  2. 3のタイミングで重心を移動。ボールをとらえにいきます
  3. 手を振らないようにして、前へボールを運びます
  4. ヒザでボールを送る感覚をつかみましょう

【回転パス・4方向】

左右に90度ずつ体の向きを変えながら、その都度ボールをとらえて直上パスを行います。体を動かしながら、ボールをぶらさず正確にできるかがポイントです。アンダーハンドパスでもチャレンジしてみましょう。

  1. 直上にパスをします
  2. ボールの位置を確認しながら屈伸
  3. 床に手をつきながら、ボールをとらえる準備
  4. 1m範囲以内で繰り返し行いましょう

【回転パス・一周】

回転パス・4方向の練習で感覚をつかんできたら、直上パスを高めに上げて体を一周させてボールをとらえてみよう。体を回転させながらいつでもボールをとらえられる体制で準備しておくことが大切です。空間の距離をつかみながらボールをコントロールし、正確性を身につけましょう。

  1. ボールを前へ送り出します
  2. ヒザを床につきましょう
  3. オデコの正面でボールをとらえます
  4. パスの高さ、長さを調整できるように
この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

しっかり両手に当ててオーバーハンドパスができるようになるには?

どうしたらしっかり両手に当ててオーバーハンドパスができるようになりますか?

【質問】 オーバーハンドパスの時、しっかり三角形を作りボールを見ているのになぜか片手にしか当たらな

続きを読む

カカトを軸にしてクロスした足で踏み込みの準備

長い距離を移動するクロスステップブロック

移動の距離が長い時に使うのがクロスステップです。1歩目は移動したい方向の足を出し、次に反対の足をクロ

続きを読む

ブロックカバーの構え方とフォーメーション

ブロックカバー(ブロックフォロー)のやり方

味方のスパイクが相手にプロックされることを想定し、それをカバーをするのがブロックカバーとなります。

続きを読む

cクイック

セッターの真後ろに上げる速いCクイックトス(クイックのバックトス)

Aクイックよりも長めに上げるのがポイントです セッターの背後に入るクイックにはCクイックがある

続きを読む

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

最後まであきらめずにボールの下へ手を伸ばす 予想より前へゆるく落ちてくるボールを、比較的高い位置で

続きを読む

バレーボール サーブのコントロールを身につける

バレーボール サーブのコントロールを身につける

サーブのコントロールを徹底的に身に付ける! 【至近距離サーブ】 目標物を狙う時は、距離が遠ければ

続きを読む

タッチの狙いどころ

タッチの落とし方

タッチは相手のコートの中央から後方にボールを押し込むテクニックです。狙いどころは、フェイントよりも遠

続きを読む

サイドハンドサーブの打ち方

サイドハンドサーブの打ち方

変化しやすいので、遠くから打つと効果的です。 身長が低かったり、腕の力が弱くても変化をつけやす

続きを読む

ネットプレーの対応方法と練習のやり方

ネットプレーの対応方法と練習方法

味方のレシーブがネットに当たった場合のカバーは、非常に大切です。常にボールの動きやスピードに合わせて

続きを読む

前衛、後衛で異なるレシーブの注意点

前衛、後衛で異なるレシーブの注意点

相手チームがスパイクを打ってくる攻撃の時の、スパイクレシーブに対しては、前衛の選手と後衛の選手ではレ

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑