*

基本練習で正しいフォームのベースを作る

フォームを維持しながらボールをコントロールする

【壁パス】

オーバーハンドの手首の使い方、ヒザの使い方を意識しながら、壁に向かってパスをする練習です。最初はボールを一度、持ってから壁に向かってパスし、感覚をつかんでいきましょう。

壁から1.5mほど離れて、壁に向かってパス
1.壁から1.5mほど離れて、壁に向かってパス

手首を使い方を意識して壁パスをしましょう
2.連続20回から30回が目標。手首の使い方を意識しましょう

距離を伸ばして壁パスをする
3.距離を伸ばすしてもフォームを維持できるように意識しましょう。
4.できるようになったら姿勢の高さを調整したり、ジャンプパスにも挑戦してみよう。

【ヒザ送りパス】

初心者にとって、ヒザの力でボールを運ぶ動作は、なかなか難しいかもしれませんが、「ヒザ送りパス」は、ヒザがボールを送り出す感覚をつかみやすい練習です。「1,2」のリズムで体を揺らし勢いをつけ、「3」のタイミングで重心を前方へ移動させて、ボールを送り出しましょう。

  1. 1、2のリズムで、前足のヒザを2回、前に送り出して反動をつけます
  2. 3のタイミングで重心を移動。ボールをとらえにいきます
  3. 手を振らないようにして、前へボールを運びます
  4. ヒザでボールを送る感覚をつかみましょう

【回転パス・4方向】

左右に90度ずつ体の向きを変えながら、その都度ボールをとらえて直上パスを行います。体を動かしながら、ボールをぶらさず正確にできるかがポイントです。アンダーハンドパスでもチャレンジしてみましょう。

  1. 直上にパスをします
  2. ボールの位置を確認しながら屈伸
  3. 床に手をつきながら、ボールをとらえる準備
  4. 1m範囲以内で繰り返し行いましょう

【回転パス・一周】

回転パス・4方向の練習で感覚をつかんできたら、直上パスを高めに上げて体を一周させてボールをとらえてみよう。体を回転させながらいつでもボールをとらえられる体制で準備しておくことが大切です。空間の距離をつかみながらボールをコントロールし、正確性を身につけましょう。

  1. ボールを前へ送り出します
  2. ヒザを床につきましょう
  3. オデコの正面でボールをとらえます
  4. パスの高さ、長さを調整できるように
この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

フォーメーションで最も基本的な力タチは、セッター以外の5人がサーブレシーブ(レセプション)に入る「W

続きを読む

レセプションのフォームを身につける

サーブカットの基本フォームを身につける

正しいフォームで、本数を多く練習することが大切です 集中して効率よくさまざまなサーブを受けよう

続きを読む

オーバーハンドパスが遠くへ飛ばない

オーバーハンドパスが遠くへ飛ばない

オーバーハンドパスが遠くへ飛ばなくて悩んでいる方や、二段トスが飛ばなくて悩んでいる方向けに、どうした

続きを読む

ブロックフォローのフォーメーション

ブロックフォローのフォーメーション

可能な限り、全員でフォローする! スパイクは「1本では決まらないもの」という意識で 「スパイクは

続きを読む

アゴが上がるとバックトスだと気づかれます

スパイカーの距離を把握して上げるバックトス

前方へのトスと同じ位置から、背後へトス バックトスは、セッターが前を向いたまま、後ろへ上げるト

続きを読む

バレーボール サーブのコントロールを身につける

バレーボール サーブのコントロールを身につける

サーブのコントロールを徹底的に身に付ける! 【至近距離サーブ】 目標物を狙う時は、距離が遠ければ

続きを読む

一人時間差攻撃の攻撃パターン

時間差攻撃のバリエーション(コンビバレー)

前衛の2人~3人のアタッカーのコンビネーションで攻撃を行います。 基本はクイックのタイミングで

続きを読む

緩いサーブはオーバーハンドで対応

緩いサーブはオーバーハンドで対応

フローターサーブなどで緩いサーブが肩より上にきた時は、オーバーハンドで対応しましょう。 オーバ

続きを読む

2枚、3枚のブロック練習方法

2枚、3枚のブロック練習

複数ブロックはタイミングを合わせて跳ぶ 2枚ブロックの練習 (1)前衛(ブロッカー)3人

続きを読む

タッチの狙いどころ

タッチの落とし方

タッチは相手のコートの中央から後方にボールを押し込むテクニックです。狙いどころは、フェイントよりも遠

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑