*

攻撃の起点となる正確なサーブレシーブ

サーブレシーブをいかにセッターへ返せるかが、攻撃の鍵を握ります。

サーブレシーブは、遠いボールや変化するボールに対応しなければいけないため、リラックスした状態から落下地点に移動することが重要です。

まずは正面でとることを第一に考えましょう。そのためには、サーバーの動きをよく観察して、サーブを打ったらある程度の落下地点を予測することが重要なポイントとなります。サーバーの体の向き、距離を確認して、あらかじめコースを予想しましょう。

すばやい判断を身につけ、落下地点に入りサーブレシーブをできるように練習をしましょう。

 

(1)構えはレシーブを同じで、足はやや広めに取ります

構えはレシーブと同じで、足はやや広め

(2)ボールの落下て地点を予測し移動、面をセッターにしっかり向けます

ボールの落下地点wp予測して移動

(3)アゴを引き安定した姿勢をキープします。親指は下げ、腕を伸ばしながらサーブレシーブをします

アゴを引き安定した姿勢をキープ

 

ボールをとらえる時のただしい腕のカタチ

ボールを受け取る時、親指を下げるように肘を伸ばすと、しっかり腕を伸ばすことができます。腕の面が広くなり、よりボールをよりとらえやすくなります。

親指を下げるようにヒジを伸ばすと腕を伸ばす事ができます

 

セッターに腕の面をしっかり向けよう

セッターへ正確にボールを返すには、前足のつま先と腕の面をセッターに向けることが大切です。

特にセッターは腕の面を見てボールが飛んでくる方向を判断するので、どこにボールを上げるのか、腕の面で示しましょう。

セッターのしっかり面を向ける

 
このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

ジャンプしてボールから目を離さない

空中の高いところでボールをとらえるジャンプトス

ジャンプして空中の高いところでボールをとらえて送り出すトスのことをジャンプトスといいます。トスの距離

続きを読む

補助動作を取り入れて足首の使い方を意識しよう

足首の使い方を意識してアンダーハンドレシーブをしよう

補助動作を取り入れて足首の使い方を意識しよう アンダーハンドレシーブをマスターするポイントは、必ず

続きを読む

バレーボール サーブのコントロールを身につける

バレーボール サーブのコントロールを身につける

サーブのコントロールを徹底的に身に付ける! 【至近距離サーブ】 目標物を狙う時は、距離が遠ければ

続きを読む

バレーボールのポジション別に求められる能力

バレーボールのポジション別に求められる能力

バレーボールのポジションは、レフト・ライト(ウィングスパイカー)、センター(ミドルブロッカー)、セッ

続きを読む

二段トスの上げ方

二段トスの上げ方

二段トス(ハイセット)は、レシーブボールが乱れネットから離れた位置から上げるトスのことです。セッター

続きを読む

サーブレシーブの基本姿勢

サーブレシーブ(アンダーハンド)の基本姿勢

がっちり面を作って、セッターへいいボールを回す アンダーハンドでサーブレシーブする場合の基本は、ア

続きを読む

ヒジ、胸、おヘソの順に滑りこむように着地します

低いボールはスライディングレシーブ

床上ギリギリでボールを拾うスライディングレシーブ スライディングは身体から遠く離れたボールをレ

続きを読む

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

ボールに負けない強い面を作る スパイクに対するアンダーハンドでのレシーブは、強いサーブのレシーブよ

続きを読む

上体を右にひねりながら右腕を引く

オープンスパイクの基本

レスト、ライトに上がった高いトスに対して助走して、高いところでボールをとらえてスパイクを打つのが、オ

続きを読む

対人レシーブの練習のポイント

対人レシーブの練習のポイント

対人レシーブは、あらゆるテクニックが習得できる基本練習となります。また、チーム全員が同時にできるため

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑