*

攻撃の起点となる正確なサーブレシーブ

サーブレシーブをいかにセッターへ返せるかが、攻撃の鍵を握ります。

サーブレシーブは、遠いボールや変化するボールに対応しなければいけないため、リラックスした状態から落下地点に移動することが重要です。

まずは正面でとることを第一に考えましょう。そのためには、サーバーの動きをよく観察して、サーブを打ったらある程度の落下地点を予測することが重要なポイントとなります。サーバーの体の向き、距離を確認して、あらかじめコースを予想しましょう。

すばやい判断を身につけ、落下地点に入りサーブレシーブをできるように練習をしましょう。

 

(1)構えはレシーブを同じで、足はやや広めに取ります

構えはレシーブと同じで、足はやや広め

(2)ボールの落下て地点を予測し移動、面をセッターにしっかり向けます

ボールの落下地点wp予測して移動

(3)アゴを引き安定した姿勢をキープします。親指は下げ、腕を伸ばしながらサーブレシーブをします

アゴを引き安定した姿勢をキープ

 

ボールをとらえる時のただしい腕のカタチ

ボールを受け取る時、親指を下げるように肘を伸ばすと、しっかり腕を伸ばすことができます。腕の面が広くなり、よりボールをよりとらえやすくなります。

親指を下げるようにヒジを伸ばすと腕を伸ばす事ができます

 

セッターに腕の面をしっかり向けよう

セッターへ正確にボールを返すには、前足のつま先と腕の面をセッターに向けることが大切です。

特にセッターは腕の面を見てボールが飛んでくる方向を判断するので、どこにボールを上げるのか、腕の面で示しましょう。

セッターのしっかり面を向ける

 
このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

ディグのフォーメーション

ディグ(スパイクレシーブ)のフォーメーション一覧

レフト攻撃・ストレートを閉める場合 【1枚プロック】 (2)(3)(4)の選手は、ブロックを抜け

続きを読む

勢いのつく助走のとり方

スパイクで勢いのつく助走のとり方

3歩助走は、1歩目は小さく、2歩目は少し大きくリズムに乗り、3歩目は大きくカカトから踏み込みます。助

続きを読む

フェントの狙いどころ

指先でプッシュしブロックの背後に落とすフェイント

フェイントは、ブロックの真後ろや真横など、コートの前方を狙って落とすテクニックです。 フェイン

続きを読む

補助動作を取り入れて足首の使い方を意識しよう

足首の使い方を意識してアンダーハンドレシーブをしよう

補助動作を取り入れて足首の使い方を意識しよう アンダーハンドレシーブをマスターするポイントは、必ず

続きを読む

速いボールに反応するアンダーハンドレシーブ

速いボールに反応するアンダーハンドレシーブ

スパイクなどの早いボールをレシーブする時に用いるのが、アンダーハンドレシーブです。パスに比べてボール

続きを読む

バレーボールの新用語

バレーボールの新用語

知っておきたいバレーボールの新用語 国際ゲームのテレビ中継、またはトップチームの技術解説書など

続きを読む

サーブの3つのスイングと2つの球質とは

サーブ3つのスイングと2つの球質とは

大別すれば3つのスイングに2つの球質 サーブを打つときの腕のスイング方法には、アンダーハンド、

続きを読む

タッチの狙いどころ

タッチの落とし方

タッチは相手のコートの中央から後方にボールを押し込むテクニックです。狙いどころは、フェイントよりも遠

続きを読む

ネットプレーの対応方法と練習のやり方

ネットプレーの対応方法と練習方法

味方のレシーブがネットに当たった場合のカバーは、非常に大切です。常にボールの動きやスピードに合わせて

続きを読む

ボールを投げる方の肩を後方に引きます。

スパイク基本動作はキャッチボールで身に付ける

スパイクの基本動作は、普段の練習で行うキャッチボールで身に付けることができます。ボールを投げる時は、

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑