*

スパイカーの距離を把握して上げるバックトス

前方へのトスと同じ位置から、背後へトス

バックトスは、セッターが前を向いたまま、後ろへ上げるトスです。前方にトスを上げる時は、スパイカーやポールなども目標物を見上げて上げることができるが、バックトスを上げる時は、セッターは目標物を見ることができない。

そのため、どの位置からもバックトスをあげられるように、トスを上げる時は、ネットやサイドラインからの距離を見て、自分の位置をしっかり把握し、ライトのスパイカーまでの距離をつかんで上げなくてはいけない。

相手ブロッカーに、どこにトスを上げるのかを悟られないために、バックトスを上げる時は、前方にトスを上げる時と同じ位置でボールをとらえる。

その同じ位置から、手首を後ろに返し、親指に力を入れてボールを背面に押し出そう。

ボールの落下地点に入り、ボールをとらえる準備をします

おヘソを前に突き出すようにしてボールを送り出します

バックトスの基本

バックトスは、セッターの背後に上げるトスです。ボールの下にすばやく入り、頭上でボールをとらえたら、上体を反らし、おヘソを前に突き出すようにして後ろにボールを送り出します。

セッターは、スパイカーの姿勢が視野に入らないので、正確なバックトスを上げるには、練習を重ねることが大切です。トスの距離やスピードの感覚を体で覚えます。

体が流れないように安定したトスを上げられるように練習を繰り返しやりましょう。

  1. ボールの落下地点に入ります
  2. 足首とヒザを曲げてボールをとらえる準備
  3. ヒジを曲げてボールを頭上でとらえ、力をためます
  4. おヘソを前に突き出すようにしてボールを送り出します
  5. ボールを後ろに上げる時は、手首を返し、親指に力を入れてボールを押し出そう

 

準備のポイント

セッターの位置から移動して上げる場合は、ネット(縦幅)やサイドラインからの距離(横幅)を見て、自分の位置をすばやく把握しよう。

自分の位置を素早く把握してトスを上げよう

上達のコツ!

トスを上げた後、体を右回転させよう

レフトへのトスと同じで、自分の額の正面にボールが来るまで待ってからトスを上げることが大切です。バックトスを上げた後、右側(ネット側)に体を回転させることを意識しましょう。そうすれば自然とボールが正面に来るまで待つことができるようになります。

トスを上げた後、体を右回転させよう

NGポイント

ボールをとらえる位置が前方へのトスを違ったり、アゴが上がると、相手ブロッカーにバックトスだと気づかれるので気をつけましょう。

ボールととらえる位置は、前にトスを上げる時と同じで、額の前です。

アゴが上がるとバックトスだと気づかれます

常に同じ姿勢でボールをとらえる

レシーバーから送られてくるボールに対して、常に同じ姿勢でボールの真下に入り、とらえることが大切です。トスを上げるギリギリまでフロントとバック、どちらに上げるかわからないようなトスが理想です。

常に同じ姿勢でボールをとらえる
 
下記の動画で、バレーボール バックトスの基本的な上げ方のコツについて説明をしています。 
https://www.youtube.com/watch?v=0BIw5k2TLX8


 

このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

スパイクレシーブのフォーメーション種類

スパイクレシーブのフォーメーション種類

スパイクレシーブのフォーメーションは、ブロックとの連携がとても重要となります。 レシーブが上が

続きを読む

アンダーハンドパスの強弱のコントロールがつかない

アンダーハンドパスの強弱のコントロールがつかない

アンダーハンドパスで、思ったところまでボールが届かなかったり、逆に強くボールが飛びすぎて上手くコント

続きを読む

バレーボールスパイクの基本

バレーボールスパイクの基本

スパイクはバレーボールでの中で一番得点につながる攻撃 スパイクはバレーボールの攻撃の柱。もっとも得

続きを読む

緩いサーブはオーバーハンドで対応

緩いサーブはオーバーハンドで対応

フローターサーブなどで緩いサーブが肩より上にきた時は、オーバーハンドで対応しましょう。 オーバ

続きを読む

一人時間差攻撃の攻撃パターン

時間差攻撃のバリエーション(コンビバレー)

前衛の2人~3人のアタッカーのコンビネーションで攻撃を行います。 基本はクイックのタイミングで

続きを読む

ブロックカバーの構え方とフォーメーション

ブロックカバー(ブロックフォロー)のやり方

味方のスパイクが相手にプロックされることを想定し、それをカバーをするのがブロックカバーとなります。

続きを読む

滑った方向のヒジを伸ばす

ローリングレシーブ

身体を反転させてすばやく次のプレーへ移る  身体から左右に離れたボールを受ける時は、スライディ

続きを読む

得意なほうを空けておく

サーブカット・サーブレシーブ(アンダーハンドレセプション)

レセプションでの(サーブレシーブ)の出来が勝敗を分ける 腕の面を必ずセッターに向ける レセプ

続きを読む

1 枚のブロック練習

1枚のブロック練習方法

移動してもまっすぐ跳ぶことを心がける ブロックは、正しいフォームを覚えることが先決です。まずは、ヒ

続きを読む

バレーボールでサーブが入らないと悩んでいる人へ

バレーボールでサーブが入らないと悩んでいる人へ

バレーボール始めた人は、初めからサーブが上手く打てることはほとんどありません。サーブは入らないのは当

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑