*

オーバーハンドパスが左右にぶれる

オーバーハンドパスって左右にブレることは多いですよね。真っ直ぐ飛ばそうと思っても、右に行ったり、左に行ったりと思うように飛ばないことが多いですよね。

人間は機械じゃないので、ちょっとくらいのブレであればあまり気にする必要がないですが、できる限り真っ直ぐに飛ばしたいと思う人向けに原因と解決方法を説明しますね。

 

(原因1)正しいパスのの構えができていない

ボールをとらえる位置が額の上10~15 cm の所でないため、力を十分に伝えられない。

また、 人差し指と親指で正三角形をつくる、肘は八の字に開く、 指の第2関節でボールを包み込むようにする、などの基本ができていないため、正確なパスができない

オーバーハンドパス ボールのとらえ方 について、動画で解説しています

 

原因1の改善方法 手の開きは左右対称に、ボールに触れるときは膝と肘にため(曲げ)をもたせる。

オデコの前で両手のひらを上に向け、親指と人差し指で三角形を作るようにボールを受けます。

ヒジは脇の下が見えるくらいしっかり上げましょう。ヒジが下がると、オデコの前で三角形を作れなくなってしまいます。両手全体をボールに合わせて丸く構える意識で練習に取り組みましょう。

両手が下がる人は、 床に座った状態でボールを投げてもらってパスをする。 または、腹ばいになってパスをしながら両肘を上げるイメージでオーバーハンドパスの練習をすると良いと思います。

1人でも壁向かって、壁に跳ね返ったボールをオーバーハンドパスを繰り返し行うこともできます。うるさくなければバレーボールを購入すれば、家の壁でもできますね。

【バレーボールの選び方】

 

(原因2) ボールをとらえるタイミングが悪い。

オーバーハンドパスをする際に、ボールを触る手が早すぎたり、遅すぎたりして、 ボールをとらえるにタイミングが一定しないためにパスがバラバラになってしまう

両手が同じタイミングで触っていないと、ボールの方向の調整が難しくなります。

 

原因2の改善方法  正しくパスするには、そのタイミングと安定した姿勢が大切です。

両手を同じタイミングでボールを触る感覚を掴むためには、初めは相手にボールを投げてもらい、いったんボールをキャッチするようにしましょう。

その際には、顔の正面でキャッチをするよう注意することと、 一本一本丁寧にキャッチを行ってください。

ボールを受け取る姿勢も、アゴを上げないで、上目遣いで確認するようにしましょう。またボールを受け取るタイミングもリズムよく行うと身体が覚えやすいですね。

 

(原因3)ボールの下に入るの遅い

ボールの落下地点を見極めるのが遅いため、重心を低くした姿勢でボールの下に潜り込めず、オーバーハンドパスをする構えがちゃんとできていない状態でオーバーをしてしまうとボールが左右にブレる原因になります。

また身体がパスする方法に向いていないので、思った所に届かなかったりします。

 

原因3の改善方法 ボールをよく見て、 ボールのコースを早く読み、 ボールの動きに身体を合わす。

構えの姿勢からボールを落下地点をしっかり見極めて、素早く移動することが大切です

ボールの落下地点をすばやく見極められる練習方法として、2人でパスをする時に毎回違う場所にボールを投げてもらうことです。

毎回違う場所にボールが飛んてくするので、すばやくボールの落下地点を判断できるようになります。

 

まとめ

上手な人でも100%左右にぶれない事はありません。なので、少しくらいの左右のブレは気にしなくていいです。

でもセッターをしている方はかなり慎重になる必要がありますね。

左右にブレる場合は、十分にオーバーハンドの構えができていなくて、両手にボールが当たるタイミンがバラバラになった時に左右にブレると思います。

しっかり構えて、相手の100%ちゃんと返そうとオーバーハンドパスをすればほとんどの場合は、上手にできるようなります。

ボールが落ちてくる落下地点をすばやく確認し、中腰ぐらいの姿勢からオーバーハンドパスをするように練習を行いましょう。

オーバーハンドの基礎中の基礎は、しっかりとした構えができることになりますので、基礎を疎かにせずに、繰り返し練習をするようにしましょう!

 

このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

カカトを軸にしてクロスした足で踏み込みの準備

長い距離を移動するクロスステップブロック

移動の距離が長い時に使うのがクロスステップです。1歩目は移動したい方向の足を出し、次に反対の足をクロ

続きを読む

サーブカットの練習方法

サーブカット(レセプション)の練習方法

サーブカットを練習する時は、前後左右で誰がとるのかしっかり声を出してサーブカットの練習することがとて

続きを読む

スパイクのコンビネーションの種類

ブロックが分散しやすいコンビネーションの種類

ブロックが分散しやすいコンビネーションを選択 多彩なコンビで相手ブロックに的を絞らせない 攻

続きを読む

体を回転させて起き上がるローリングレシーブ

体を回転させて起き上がるローリングレシーブ

遠くに来たボールをレシーブした後は、走りこんが勢いを利用して、体を回転させてすぐに起き上がりましょう

続きを読む

スパイクレシーブの基本姿勢と柔軟性のチェック

スパイクレシーブ(ディグ)の基本姿勢と柔軟性のチェック

前方に落ちるボールに対しては、できるだけ低い姿勢をとることが重要になります。低い姿勢を維持できずにヒ

続きを読む

高い位置にきたサーブを的確に処理

オーバーハンドレセプション(オーバーカット)

指に力を入れてボールを弾く ジャンプサーブや前方に来たフローターサーブは、アンダーハンドでサーブカ

続きを読む

勢いのつく助走のとり方

スパイクで勢いのつく助走のとり方

3歩助走は、1歩目は小さく、2歩目は少し大きくリズムに乗り、3歩目は大きくカカトから踏み込みます。助

続きを読む

ボールを正しい位置でとらえる練習

アンダーハンドパスの基本フォームと練習方法

腕の伸ばし方(ボールの運び方) アンダーハンドパスはボールを受ける瞬間しっかりとヒジを伸ばして、両

続きを読む

オープンスパイクと同じ要領で、ネットスレスレにボールを打ち込む

サーブポイントの確率が高まる強いジャンプサーブ

高い打点からスパイクのような強まるサーブを打つ 強いスパイクを打てる人は、ジャンプサーブにチャ

続きを読む

スパイクの素振りを速くする練習方法とは?

バレーボールでスパイクの素振りを早くするトレーニングや自宅でできる練習方法を教えて下さい!

【質問】 バレーボールのスパイクの練習を始めたのですが、スパイクを打つ時の腕の振りを遅く、強いスパ

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑