*

空中の高いところでボールをとらえるジャンプトス

ジャンプして空中の高いところでボールをとらえて送り出すトスのことをジャンプトスといいます。トスの距離を短縮できるため、クイック攻撃の時やネットを超えそうな高い位置に上がってきたボールを処理する時に適しています。

身体がブレた状態でジャンプするとボールをとらえる位置が低くなってしまうので、身体が流れないようにしっかり止まってから真上にジャンプします。腕が下がらないようにボールをとらえて、そこから前後へトスします。

前方へのジャンプトス

  1. ボールの落下地点を確認します
  2. ジャンプをするために、ヒザを十分に曲る
  3. ジャンプをして飛びつくようにボールをとらえます
  4. 最高到達点でボールを離し全身を伸ばして送り出します

 

後方へのジャンプトス

  1. ボールの落下地点を確認します
  2. ジャンプをするために、ヒザを十分に曲る
  3. 頭上でしっかりボールをとらえヒジを曲げて力をためます
  4. 全身を伸ばすようにして後にボールを送り出しましょう

 

ジャンプしてボールから目を離さない

全身を伸ばすようにしてボールを送り出そう

真上に跳んで、高いところからボールを出す

普通のトスをマスターできたら、ジャンプトスに挑戦してみよう。ジャンプすることで、ボールの届く範囲が広がるだけでなく、トスを上げる位置とスパイカーの打点が近くなるので、攻撃のスピードも確実性も増します。

またセッターが高い位置でボールをとらえると、相手ブロッカーは、アゴを上げてボールを見なければならなくなり、ブロックの反応が送れます。

ジャンプトスには多くのメリットがあります。ただ空中のフォームが崩れたり、落下地点を見誤ると、正しいトスを上げられないので、しっかりと落下地点に入り、身体がブレないように真上にジャンプする事が重要です。

ジャンプトスはセッターとしてレベルアップするためにマスターしたい技術です。

自分のベストポジションをみつけよう

どの高さでボールをとらえれば、自分がベストのトスを上げられるのかを把握しよう。たとえ、ジャンプしても、顔の前でトスを上げていたら意味が無いし、、高いところでとっても腕が伸びきってしまってはNG。「ネットの白帯のあたり」など、自分のベストポジションを知り、いつもそのポイントで上げられるように練習しよう。

役立つアドバイス

タイミンをずらしてブロックを翻弄

ジャンプトスには3つのタイミングがあります。

  1. 上昇しながら上げる。
  2. 最高到達点で上げる。
  3. ジャンプが降下し始めてから上げる。

この3つを習得すれば相手のブロックのタイミングをずらすことができます。

上級者はそれぞれのタイミングを習得しよう

タイミングをずらしてブロックを翻弄

ジャンプトスのボールのとらえ方

タイミングよくボールを送り出すコツは、ボールをとらえて離した瞬間、ヒジをしっかり伸ばし、手首を外側に返すように上げること。

ジャンプした勢いを利用して、身体のバネを使ってボールを押し出せば、両サイドへの送り出しも可能です。ボールに飛びつくようにして上げましょう。

NGポイント

高いところで取ろうとしすぎて、ヒジが伸びきった状態でボールをとらえると、トスが飛ばずに短くなってしまうので気をつけよう。

ヒジが伸びきった状態でボールをとらえるとトスが飛びにくい

練習法1

対人ジャンプパスで基本を身につけよう

対人パスのの練習の時にジャンプトスの練習も取り入れましょう。最初は連続10本からはじめ、徐々に20本、30本50本と増やしていきます。正しい位置にトスを上げて、連続してパスが続けられるように練習しましょう。

練習法2

カベに向かって連続ジャンプトス

カベに向かってボールを当て、5人連続でジャンプトスを行いますトスの力や方向が安定していないと、次の人へトスできません。最初は選手全員1週からはじめ、慣れてきたら2週、3週と続けましょう。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

「落ちる」「曲がる」変化するサーブへの対処法

「落ちる」「曲がる」変化するサーブへの対処法

変化するサーブには、「落ちる」「曲がる」「伸びる」などいろいろな種類があります。その中でも前方に落ち

続きを読む

トスを上げたい方向のポールを目標にして上げる

アンダーハンド二段トスのやり方

腕の振りとヒザを使って、ボールを高く上げる オーバーハンドでは上げられない低い位置からのトスを上げ

続きを読む

こぶしがボールに当たるようにしっかりとボールを見る

一番マスターしやすいアンダーハンドサーブ

腕を振り、ボールをすくい上げるように打つ サーブ中で初心者が一番マスターしやすいのがアンダーハ

続きを読む

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

ボールに負けない強い面を作る スパイクに対するアンダーハンドでのレシーブは、強いサーブのレシーブよ

続きを読む

腕を引く時、自分の耳の上を触るイメージ

得点を奪うために欠かせないスパイクの基本練習

 高い打点からしっかりとボールの上側をたたく スパイクは、得点を取るために欠かせないプレー。自

続きを読む

上体を右にひねりながら右腕を引く

オープンスパイクの基本

レスト、ライトに上がった高いトスに対して助走して、高いところでボールをとらえてスパイクを打つのが、オ

続きを読む

ディグのフォーメーション

ディグ(スパイクレシーブ)のフォーメーション一覧

レフト攻撃・ストレートを閉める場合 【1枚プロック】 (2)(3)(4)の選手は、ブロックを抜け

続きを読む

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に 体の成長段階によって適したトレーニングは違いますが、バ

続きを読む

試合を想定したゲーム練習

試合を想定したゲーム練習

ディフェンス、オフェンスを総合的にチェック ゲーム形式で課題を見つけて、個別練習に反映させる

続きを読む

ヒザを軽く曲げ、ヒジをしっかり伸ばす

すばやくボールの下に入るアンダーハンドパス

ヒザを使って、体全体でボールを前に運ぶ アンダーハンドパスは、オーバーハンドパスと同じく、バレーボ

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑