*

あらゆる攻撃パターンで最も速いAクイック

クイックは、スパイカーが先に助走を開始して、それにセッターが合わせてトスを上げるテンポの速い攻撃です。

クイックの基本となるのは、セッターの直前で打つAクイック。スピードを重視しながらもバックスイングを大きく行い、しっかり身体を引き上げて、できるかぎり高いところで打つことが大切です。

早く打つことに気をとられて、打点が低くならなように注意しましょう。

Aクイック クロス・ターンの違い

Aクイック・クロス打ち

コンパクトなスイングを心がける

ミドルブロッカーがコート中央から仕掛ける速い攻撃がクイックです。クイックは、主にA~Dまで4種類。Aクイックは、セッターにすぐ前に打つ最も速い攻撃。オープンスパイクとは違い、クイックには主にクロスとターンの2つの打ち方があります。身体の向きと同じ向きに打つのが、クロス打ちです。

レセプションやチャンスボールが、どこからどんな軌道でセッターに上がるかをしっかりと見て、アタックライン付近から助走に入ります。

クイックのスイングは大きく振りかぶらず、腕だけですばやくコンパクトに振ります。ボールを打った後は、腕を止めるイメージで打ちましょう。

クロス打ちの助走

  1. 踏み切る時、ネットに近づきすぎない
  2. セッターがトスアップするよりも先に飛び空中で腕を引いて待っている
  3. ボールから目を絶対に離さない
  4. トスが上がったら、高い位置ですばやくスイング
  5. 助走に入った体の方向にスパイクを打つ

 

 

Aクイック・ターン打ち

クロス打ちよりもボール1個分左側でとらえる

Aクイックよりもう一つの打ち方は、クロスうちよりボール1個分左でとらえて、レフト側に打つターン打ちです。クロスに加えてターン打ちををマスターすることで攻撃の幅が広がり、相手は的を絞れなくなる。

コート中央から仕掛けるクイック攻撃は、セッターが攻撃を組み立てる上で基点となります。真ん中からの攻撃がなければ、相手はサイドをマークし、いくらサイドにいいスパイカーがいても決まらない。

逆に、クイックを軸に攻撃を組み立てれば相手ブロックは分散される。クイックは、チームの攻撃をスムーズにするために重要です。

あらかじめセッターとの間で、クロス・ターンそれぞれのサインを決めておくといいです。

クロス打ちをマスターしてからターン打ちを練習しましょう。

クロス打ちをまだしっかりと打てないのに、ターンに無理にチャレンジするのはよくありません。クロス打ちを、高い打点でしっかりと早いスイングで打てるようになってから、ターン打ちにトライしましょう。どの技術も、一段階ずつステップアップしていくことが大切です。

クロス打ちの助走

  1. 踏み切る時、ネットに近づきすぎない
  2. セッターがトスアップするよりも先に飛び空中で腕を引いて待っている
  3. クロスよりも、ボール1個分左でボールを待ちます
  4. スイングはコンパクトに

 

 

役立つポイント!

ネットに近づきすぎないように助走する

クイックで大切なことは、ネットに近づきすぎないように助走すること。近すぎるとブロックにつかまりやすく、コートの打ち分けもできできません。目安は上目遣いでボールを見られる距離。セッターと一緒に練習しましょう。

踏み切る時にネットに近づきすぎない

上達のコツ!

セッターがボールを出す前にスイングの準備をしよう

クイックはスピードが勝負です。レセプションやパスのタイミングを見てすばやく助走に入ること。セッターの手にボールが入った時には、スパイカーはジャンプして腕を引いて構えて、後はスイングするだけの状態にしておこう。

セッターがボールを出す前にスイングの準備

 

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

ボールが当たる瞬間は手を振らない

オーバーハンドレシーブ

肩から上の高い位置に来たスパイクを手のひらで上げる ディグは基本的にアンダーハンドで取ることが

続きを読む

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法 バレーボールを始めたばかりの中学1年です。 早く

続きを読む

3人または4人のサーブレシーブフォーメーション

3人または4人のサーブレシーブフォーメーション

バレーボールはより多くの選手が攻撃に絡めるかが重要です。そのため、サーブレシーブに入る人数を最低限に

続きを読む

指先を狙ってボールを弾き飛ばそう

ブロッカーの外側の腕や小指を狙うブロックアウト

ブロックアウトは相手ブロッカーの手を狙って打ち、ボールをコートの外に弾き出すテクニックのことです。

続きを読む

試合を想定したゲーム練習

試合を想定したゲーム練習

ディフェンス、オフェンスを総合的にチェック ゲーム形式で課題を見つけて、個別練習に反映させる

続きを読む

スパイクレシーブフォーメーション時間差攻撃

スパイクレシーブのフォーメーション(時間差攻撃)

守備パターン(2)時間差攻撃への対応 時間差攻撃に対しては、コミット、リードどちらのブロックフォー

続きを読む

サーブの打つタイミングでサーブ効率を上げる

サーブの打つタイミングでサーブ効率を上げる

  サーブを打つ効果的なタイミグのポイントとは 持ち時間をたっぷり使って打つサー

続きを読む

サーブカットの練習方法

サーブカット(レセプション)の練習方法

サーブカットを練習する時は、前後左右で誰がとるのかしっかり声を出してサーブカットの練習することがとて

続きを読む

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習

セッターとスパイカーのコミュニケーションが大事

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習 コンビネーションの精度を高める方法! セッターとスパ

続きを読む

速いボールに反応するアンダーハンドレシーブ

速いボールに反応するアンダーハンドレシーブ

スパイクなどの早いボールをレシーブする時に用いるのが、アンダーハンドレシーブです。パスに比べてボール

続きを読む

Comment

  1. 名無し より:

    ツーアタックが一番早い攻撃かと思われますが・・・
    Aクイックが「あらゆる攻撃パターンの中で最も早い」という表現に違和感を感じました。

    • コメントありがとうございます。

      ツーアタックも速い攻撃ですね。セッターが長身の左利きの場合はかなり驚異的な攻撃になりますね!
      ご指摘ありがとうございました!m(__)m

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑