*

無回転サーブの打ち方

ボールの中心を押し出すようの打つのが無回転サーブの基本です。ボールはネットを越えてから落下の後半で複雑な変化をします。サーブを打った後に、ボールが回転しないことにより空気抵抗を受けるので、ボールの勢いが落ちてきた時に段々と横に揺れたり、縦に落ちたり、伸びたりします。

無回転サーブを打った選手もどのようにボールが変化するかはまったくわかりません。空気抵抗なので誰にも予想がつきませんが、大事な試合でまったくわからず無回転サーブをするのは不安なので、試合前にサーブ練習をすることである程度どのように変化をするのかをサーブを打つことにより予想できます。

サーブレシーブをする選手は、レシーブをしようとした時に急にボールが変化するので、構えた面に当たらずレシーブが上手く出来ず、セッターにしっかり返せません。

セッターに上手く返らないと単調な攻撃なりやすく、アタッカーも十分なトスをもらえず力強いスパイクを打つことができません。サーブレシーブで相手チームを崩す意味でも無回転サーブはとても有効的なサーブとなります。

無回転サーブを打つのに大切なことは、(1)サーブのトスをいつも安定して上げること(2)ボールの中心をしっかりととらえて打つことです。

 

無回転サーブのトス

(1)手のひらは軽く開き、ボールを安定するように持ちます。親指と小指で軽くつかむ感じでボールを持つとより安定します。

(2)サーブトスはボールが回転しないように気をつけます。ボールに回転がかかるときれいに無回転サーブが打てません。

(3)サーブトスはあまり高く上げすぎずトスを上げる手の位置から50~100cmぐらいで上げます。トスの高さは高く上げ過ぎると、ボールが安定しませんし、ボールを打つ時ミートしにくくなります。

初めは低いトスで練習してください。トスの高さに個人差がありますので、練習をして打ちやすいトスの高さをみつけてください。

サーブのトスは非常に大事です。ただサーブを打つ練習だけではなく、選手に応じてトスを繰り返して練習する必要があります。

私が高校生の時は、トスを上げる時の目安として、空気入れの穴を真下にしてトスを上げるなど、工夫をしていました。空気穴の位置でもボールの変化が変わってくると思います。

 

無回転サーブのミート

無回転サーブをにするコツは、ボールの中心を押し出すようの打つことです。ボールが回転しないまま真っ直ぐ相手チームのコートまでいくようにボールを打つことが一番大切です。手首のスナップはかけずに、手のひらの下のあたりの一番力がはいる位置でしっかり力強く打つことです。

ただ思い切り打つとアウトになったり、回転かかってしまうので、打つ瞬間にボールの芯を打ち、その後、腕は振り切らず、打った瞬間、手を止める感じで力を抜くと、無回転サーブになりやすいです。

サーブを打った瞬間に、止めるか、じゃっかん引くようにすると早くコートに落下しますし、打った瞬間にフォロースルーを突き出すとサーブは伸びるようになります。

無回転サーブは手とボールが接触している時間を短くすることが大切です。まずは自分で感覚を掴むしかないの練習をたくさんしコツをつかんでください。
このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

複数枚ブロックは軸となるブロッカーが重要

複数枚ブロックは軸となるブロッカーが重要

ブロックの枚数が多ければ多いほど、相手の攻撃を狭くすることができるので、実戦ではアタッカーの動きみて

続きを読む

アタックラインの前で打てるように上げるバックアタックトス

アタックラインの前で打てるように上げるバックアタックトス

右手でボールをコントロールするバックアタックトス バックアタックのトスは、前衛の攻撃よりもネッ

続きを読む

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習

セッターとスパイカーのコミュニケーションが大事

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習 コンビネーションの精度を高める方法! セッターとスパ

続きを読む

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

フォーメーションで最も基本的な力タチは、セッター以外の5人がサーブレシーブ(レセプション)に入る「W

続きを読む

バックアタックの狙いどころ

アタックラインの後ろから前に飛び込んで打つバックアタック

 高さと技術が求められるワンラック上のプレー 前衛でしっかりスパイクをしっかりマスターできたら

続きを読む

腕を引く時、自分の耳の上を触るイメージ

得点を奪うために欠かせないスパイクの基本練習

 高い打点からしっかりとボールの上側をたたく スパイクは、得点を取るために欠かせないプレー。自

続きを読む

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に 体の成長段階によって適したトレーニングは違いますが、バ

続きを読む

前衛、後衛で異なるレシーブの注意点

前衛、後衛で異なるレシーブの注意点

相手チームがスパイクを打ってくる攻撃の時の、スパイクレシーブに対しては、前衛の選手と後衛の選手ではレ

続きを読む

サイド攻撃を効率的に打つ方法

サイド攻撃を効率的に打つ方法

ブロッカーの遅れを誘って強打する レフトあるいはライトからのサイド攻撃を有効に決めるためには、

続きを読む

バレーボール サーブのコントロールを身につける

バレーボール サーブのコントロールを身につける

サーブのコントロールを徹底的に身に付ける! 【至近距離サーブ】 目標物を狙う時は、距離が遠ければ

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑