*

バレーボールでサーブが入らないと悩んでいる人へ

バレーボール始めた人は、初めからサーブが上手く打てることはほとんどありません。サーブは入らないのは当たり前ですので安心してくださいね。

サーブを入れなきゃと思うと緊張してしてしますので、ちゃんと練習をすれば確実にサーブ入るようになりますので、その方法を説明します。

サーブがネットに届かなくてサーブが入らない理由としては、筋力がないかしっかりミートして打っていないが主な理由だと思います。

筋力があまりないと思う人

筋力があまりないと思う人は、サーブエリアに立ってボールをそのまま相手コートに投げてください。相手コートにボールが届くようであればフローターサーブで打つことが可能だと思います。練習をすることによってサーブは入るようになります。

直線的でスピードが出るフローターサーブ のコツ

もし届かない人は比較的簡単に打つことのできるアンダーハンドサーブを打つことをお勧めします。ボールをしたから打ち上げるのであまり筋力がなくても遠くに飛ばすことができます。

アンダーハンドサーブは威力があまりないので、相手チームがサーブカットしやすいサーブとなります。

一番マスターしやすいアンダーハンドサーブ

ミートして打てていない

次にミートして打てていない場合ですが、ボールに手のひらがしっかり当たっていない事が原因です。

手のひらの下の方の一番硬い場所にしっかりミートができればほとんどの場合はサーブが入るようになります。

親指は少し広げ、それ以外の指はくっつけて、肉厚のある部分でボールを叩きます。ボールの中心を叩かないと、回転がかかってしますので、注意しましょう。

トスとしてはボールを高く上げないということです。すこしボールをあげて、ボールを押し出すようにサーブを打つと力を入れなくてもサーブが飛ぶようになります。

あと体重移動も大切ですので、まずはフォームの確認からしてから、サーブを打つときの一連の動作をゆっくりやってみて、どうやったら体重移動がスムーズにできるか自分なりにみつけてください。

コントロールできず、ボールが変な方向に飛んでします人

手のひらにしっかりボールが当たっていない事が一番の原因です。まずはボールを飛ばす方向に体を向けます。トスを上げてボールを打つときしっかり手のひらに当ててください。

ちゃんと当たっていないと、「ボコ」って音がするとおもいます。しっかり手にあたっている場合は、「バン」と音が聞こえますので、しっかりとインパクトを意識してください。

次に打った後に腕ですが、狙ったコースにしっかりフォロースイングをするようにするといいと思いますよ。最後までコントロールを意識することが大切です。

最初のうちは入らなくても構いませんのでインパクトするときを少し意識してみて下さい。これだけでもだいぶ変わります。

サーブのコントロールを身につける

 

フローターサーブが入らない人は、無理に打つ必要はありません。

初めはアンダーハンドサーブを練習しましょう。肩の筋力が弱いのに無理してフローターサーブを打つ人がいますがあまりお勧めしません。

まずはサーブを入れられるようになることを目標にサーブ練習をしましょう。

ある程度サーブが入れられるようになってからだんだんとレベルアップしていきましょう。

サーブは練習をすれば誰でもできるようになります。一人でも壁に向かってサーブ練習ができますので、練習した分だけコツがつかめますので、繰り返し練習をするようにしましょう。
このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

勢いのつく助走のとり方

スパイクで勢いのつく助走のとり方

3歩助走は、1歩目は小さく、2歩目は少し大きくリズムに乗り、3歩目は大きくカカトから踏み込みます。助

続きを読む

サーブカットの練習方法

サーブカット(レセプション)の練習方法

サーブカットを練習する時は、前後左右で誰がとるのかしっかり声を出してサーブカットの練習することがとて

続きを読む

高い位置にきたサーブを的確に処理

オーバーハンドレセプション(オーバーカット)

指に力を入れてボールを弾く ジャンプサーブや前方に来たフローターサーブは、アンダーハンドでサーブカ

続きを読む

滑った方向のヒジを伸ばす

ローリングレシーブ

身体を反転させてすばやく次のプレーへ移る  身体から左右に離れたボールを受ける時は、スライディ

続きを読む

スパイクレシーブフォーメーション(クイック攻撃)

スパイクレシーブのフォーメーション(クイック攻撃)

スタートポジションは速攻への対応が基本です。 スパイクレシープのフォーメーションは、相手の攻撃

続きを読む

体を回転させて起き上がるローリングレシーブ

体を回転させて起き上がるローリングレシーブ

遠くに来たボールをレシーブした後は、走りこんが勢いを利用して、体を回転させてすぐに起き上がりましょう

続きを読む

オーバーハンドでサーブレシーブをする基本姿勢

オーバーハンドでのサーブレシーブの基本姿勢

ボールに負けないよう体の前でキャッチする アンダーハンドでレシーブより機会は少ないが、高く来たサー

続きを読む

一人時間差攻撃の攻撃パターン

時間差攻撃のバリエーション(コンビバレー)

前衛の2人~3人のアタッカーのコンビネーションで攻撃を行います。 基本はクイックのタイミングで

続きを読む

攻撃の起点となる正確なサーブレシーブ

攻撃の起点となる正確なサーブレシーブ

サーブレシーブをいかにセッターへ返せるかが、攻撃の鍵を握ります。 サーブレシーブは、遠いボール

続きを読む

アゴが上がるとバックトスだと気づかれます

スパイカーの距離を把握して上げるバックトス

前方へのトスと同じ位置から、背後へトス バックトスは、セッターが前を向いたまま、後ろへ上げるト

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑