*

スパイクを打つ時にひざを曲げて打つにはどうしたらいいの?

バレーボール選手はスパイクを打つ時に、ひざが曲がっているんですが、どうやったら曲がるんですか?

スパイクを打つジャンプのときにひざを曲げるメリットを教えてください。


 
【回答】

全日本のバレーボール選手がジャンプをした写真を見た時に、ひざをかなり曲げてジャンプをしているので、ひざを曲げて打ったほうがいいのではないかと特に男性の人は思うことが多いと思います。

じゃどうやったらあんな風に打てるのだろうと考えますよね。私も中学生の時に同じように考えました。

私なりになぜ全日本のバレーボール選手が足をかなり曲げて打っているのか説明しますね。
 
 
(1)助走をした時に腕を振り上げます。

(2)腕を振り上げスパイクを打つ時に上半身を後ろに反らします。

(3)上半身を後ろに反らせることにより足が前に出ると空中のバランスを崩してしまいます。なのでバランスを調整する為に自然と足を曲げます。

(4)上半身を後ろに反らせ、足を後ろに曲げることにより、弓を引くようなフォームになります。
 
 
全日本の選手でかなりジャンプ力のある選手は、高いトスでスパイクを打つ時は、かなり力をためて打つので足が曲がった弓引くようなフォームになります。

上記のようなことで足を曲げて打っていると思います。意識的に足を曲げているのではなく、ジャンプをしてスパイクを打つ時にバランスの調整で自然と足が曲がります。決して意識的に足を曲げて打とうとは思っていませんので、注意してくださいね。
 
 
私も中学の時に何度か真似をしてやってみましたが、「反り」を意識して打つと、ジャンプもできませんし、スパイクを打つタイミングも狂ってくるので、全くうまくできなかったのが現状です。

膝を曲げてスパイクを打つのは体のバランス調整で大切なことです。自然となることですのでメリットとかそんなことではないと思いますよ。自然と足が曲がるのではなくて、無理に足を曲げてスパイクを打つことはデメリットでしかありません。体のバランスをあえて崩して打っているので、スパイクが打てないことがわかりますよね。

なので意識的に「足を曲げる」ことはしなくていいとおもいます

助走をして踏み切る時に腕をしっかりと振り上げてジャンプをしてください!下半身を意識するより腕をしっかり振ることに意識をしたほうが私はいいと思います。そうすれば高いジャンプもできますし、身体が自然とバランスを調整してくれるので問題ないと思います。

 
 
ジャンプで高く飛びたい場合で意識する場所は、上半身です。助走の時に腕をしっかり振り上げることで、身体の勢いが上に向くのでより高く飛ぶことができます。

その場で腕を振らないでジャンプする場合と、腕を振ってジャンプした場合でどっちが高く跳べるのか試してみれたすぐにわかりますよね!絶対に腕を振ってジャンプしたほうが高く飛ぶことができますね。

決して足を意識的に曲げて打とうとしないようにしてくださいね。バランスを崩すだけでスパイクを打つことができないと思いますよ。

 
 
ジャンプしなくてもスパイクの素振りの練習の時に、しっかり腕を振り上げて、上半身を反り、その時に下半身をじゃっかん曲げてバランスを取りながら素振りの練習もすることができます。

得点を奪うために欠かせないスパイクの基本練習

また腕を振った時に「くの字」になるようにフォロースイングをすると、しっかりと腕が振れて力強いスパイクが打てると思いますよ。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

スパイクのコンビネーションの種類

ブロックが分散しやすいコンビネーションの種類

ブロックが分散しやすいコンビネーションを選択 多彩なコンビで相手ブロックに的を絞らせない 攻

続きを読む

オーバーハンドでサーブレシーブをする基本姿勢

オーバーハンドでのサーブレシーブの基本姿勢

ボールに負けないよう体の前でキャッチする アンダーハンドでレシーブより機会は少ないが、高く来たサー

続きを読む

高さより早い移動と早いジャンプが重要なリードブロック

リードブロックとは?

高さより早い移動と早いジャンプが重要なリードブロック セッターのトスの方向を見極めてブロックに入る

続きを読む

ジャンプフローターサーブ

フローターサーブよりも勢いをが増すジャンプフローターサーブ

ジャンプの高さと勢いをボールに伝える ジャンブフローターサーブは、打つ時にジャンプする分、フロ

続きを読む

体を回転させて起き上がるローリングレシーブ

体を回転させて起き上がるローリングレシーブ

遠くに来たボールをレシーブした後は、走りこんが勢いを利用して、体を回転させてすぐに起き上がりましょう

続きを読む

得点を狙い、相手の攻撃を不利にするサーブの狙いどころ

得点を狙い、相手の攻撃を不利にするサーブの狙いどころ

コートの角を強いサーブで狙えればベスト サーブは相手コートの角や、コートの前の方を狙うとレセプショ

続きを読む

レセプションのフォームを身につける

サーブカットの基本フォームを身につける

正しいフォームで、本数を多く練習することが大切です 集中して効率よくさまざまなサーブを受けよう

続きを読む

LINEウェブストアでスタンプの購入方法とダウンロードのやり方

LINEウェブストアから「よく使う!バレーボールスタンプ」のクリエイターズスタンプを購入する方法をご

続きを読む

タッチの狙いどころ

タッチの落とし方

タッチは相手のコートの中央から後方にボールを押し込むテクニックです。狙いどころは、フェイントよりも遠

続きを読む

間に合わない時はヒザを滑りこみレシーブ

間に合わない時はヒザを滑りこみレシーブ

通常のレシーブフォームで間に合わないと判断した時は、床を蹴った反動を利用してヒザで滑り込んでレシーブ

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑