*

スパイクを打つ時にひざを曲げて打つにはどうしたらいいの?

バレーボール選手はスパイクを打つ時に、ひざが曲がっているんですが、どうやったら曲がるんですか?

スパイクを打つジャンプのときにひざを曲げるメリットを教えてください。


 
【回答】

全日本のバレーボール選手がジャンプをした写真を見た時に、ひざをかなり曲げてジャンプをしているので、ひざを曲げて打ったほうがいいのではないかと特に男性の人は思うことが多いと思います。

じゃどうやったらあんな風に打てるのだろうと考えますよね。私も中学生の時に同じように考えました。

私なりになぜ全日本のバレーボール選手が足をかなり曲げて打っているのか説明しますね。
 
 
(1)助走をした時に腕を振り上げます。

(2)腕を振り上げスパイクを打つ時に上半身を後ろに反らします。

(3)上半身を後ろに反らせることにより足が前に出ると空中のバランスを崩してしまいます。なのでバランスを調整する為に自然と足を曲げます。

(4)上半身を後ろに反らせ、足を後ろに曲げることにより、弓を引くようなフォームになります。
 
 
全日本の選手でかなりジャンプ力のある選手は、高いトスでスパイクを打つ時は、かなり力をためて打つので足が曲がった弓引くようなフォームになります。

上記のようなことで足を曲げて打っていると思います。意識的に足を曲げているのではなく、ジャンプをしてスパイクを打つ時にバランスの調整で自然と足が曲がります。決して意識的に足を曲げて打とうとは思っていませんので、注意してくださいね。
 
 
私も中学の時に何度か真似をしてやってみましたが、「反り」を意識して打つと、ジャンプもできませんし、スパイクを打つタイミングも狂ってくるので、全くうまくできなかったのが現状です。

膝を曲げてスパイクを打つのは体のバランス調整で大切なことです。自然となることですのでメリットとかそんなことではないと思いますよ。自然と足が曲がるのではなくて、無理に足を曲げてスパイクを打つことはデメリットでしかありません。体のバランスをあえて崩して打っているので、スパイクが打てないことがわかりますよね。

なので意識的に「足を曲げる」ことはしなくていいとおもいます

助走をして踏み切る時に腕をしっかりと振り上げてジャンプをしてください!下半身を意識するより腕をしっかり振ることに意識をしたほうが私はいいと思います。そうすれば高いジャンプもできますし、身体が自然とバランスを調整してくれるので問題ないと思います。

 
 
ジャンプで高く飛びたい場合で意識する場所は、上半身です。助走の時に腕をしっかり振り上げることで、身体の勢いが上に向くのでより高く飛ぶことができます。

その場で腕を振らないでジャンプする場合と、腕を振ってジャンプした場合でどっちが高く跳べるのか試してみれたすぐにわかりますよね!絶対に腕を振ってジャンプしたほうが高く飛ぶことができますね。

決して足を意識的に曲げて打とうとしないようにしてくださいね。バランスを崩すだけでスパイクを打つことができないと思いますよ。

 
 
ジャンプしなくてもスパイクの素振りの練習の時に、しっかり腕を振り上げて、上半身を反り、その時に下半身をじゃっかん曲げてバランスを取りながら素振りの練習もすることができます。

得点を奪うために欠かせないスパイクの基本練習

また腕を振った時に「くの字」になるようにフォロースイングをすると、しっかりと腕が振れて力強いスパイクが打てると思いますよ。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

バレーボールでトスが良くなるなるテーピングの巻き方ってありますか?

バレーボールでトスが良くなるテーピングの巻き方ってありますか?

【質問】 バレーボール選手が指にテーピングを巻くのはなぜですか? またバレーボールでトスが良

続きを読む

スパイクレシーブのフォーメーション種類

スパイクレシーブのフォーメーション種類

スパイクレシーブのフォーメーションは、ブロックとの連携がとても重要となります。 レシーブが上が

続きを読む

1人でできるバレーボールのスパイクを練習方法

1人でできるバレーボールのスパイクを練習方法

【質問】 バレーボールでスパイクが打てなくて、スパイクミスをするのでチームのみんなに迷惑をかけてし

続きを読む

一人時間差攻撃の攻撃パターン

時間差攻撃のバリエーション(コンビバレー)

前衛の2人~3人のアタッカーのコンビネーションで攻撃を行います。 基本はクイックのタイミングで

続きを読む

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

フォーメーションで最も基本的な力タチは、セッター以外の5人がサーブレシーブ(レセプション)に入る「W

続きを読む

サイド攻撃を効率的に打つ方法

サイド攻撃を効率的に打つ方法

ブロッカーの遅れを誘って強打する レフトあるいはライトからのサイド攻撃を有効に決めるためには、

続きを読む

ボールを投げる方の肩を後方に引きます。

スパイク基本動作はキャッチボールで身に付ける

スパイクの基本動作は、普段の練習で行うキャッチボールで身に付けることができます。ボールを投げる時は、

続きを読む

高く跳んでがっちり止めるコミットブロック

コミットブロックとは?

高く跳んでがっちり止めるコミットブロック スパイカーの正面に早く入り、そのスパイカーのタイミングに

続きを読む

トスを上げたい方向のポールを目標にして上げる

アンダーハンド二段トスのやり方

腕の振りとヒザを使って、ボールを高く上げる オーバーハンドでは上げられない低い位置からのトスを上げ

続きを読む

試合を想定したゲーム練習

試合を想定したゲーム練習

ディフェンス、オフェンスを総合的にチェック ゲーム形式で課題を見つけて、個別練習に反映させる

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑