*

ブロックが分散しやすいコンビネーションの種類

ブロックが分散しやすいコンビネーションを選択

多彩なコンビで相手ブロックに的を絞らせない

攻撃のコンビネーションは、相手のプロッカーを惑わせ、的を絞らせないための有効な手段となります。コンビのバリエーションが多いほど、相手は攻撃を予測しづらいため、決定率が上がります。

コンビネーションは、ただ複雑に絡めばいいというものではありません。例えば何度もレフトとライト両方が時間差に絡むと攻撃が真ん中に集まり、プロックされやすくなります。

レフト側で絡んでライトはサイドに残すなど、プロックが分散しやすいコンビネーションを選択しましょう。

前衛が3枚の場合

レフト/クイック(A、B、C)/ライト

セッター前の時間差/Aクイック/ライト

セッター前の時間差/Bクイック/ライト

レフト/Aクインク/ライト

レフト/Aクイック/セッター前の時間差

レフト/Cクイック/セッター前の時間差

レフト/Aクイック/セッター後ろの時間差

レフト/Bクイック/セッター後ろの時間差

レフト/Cクイック/セッター後ろの時間差

何度も両サイドが時間差攻撃に絡むとかえってブロックが集中しやすいこともあります。どちらかのWSをサイドに残してスパイクを打つことも選択肢の一つです。レセプション(サーブカット) が乱れた時には、サイドに残した選手に頼ることができますね。

 

前衛が2枚の場合

レフトショート/Aクイック

レフトショート/Bクイック

セッター前の時間差/Aクイック

セッター前の時間差/Bクイック

前衛2枚のみの攻撃の場合は、クイックとレフトなど、2人が絡まずに、幅を使って打った方がブロックは分散されやすくなります。

ただ、決定率の高いミドルブロッカーがいて、相手がクイックを マークしている場合は、その選手がブロックを引きつけて、もうー人が時間差攻撃を仕掛けるコンビも有効的です。

 

コートの幅を使った攻撃が有効

例えば、ライト側で絡んでブロックを引きつけ、レフトが打つ、またはレフト側で絡んでライトが打つなど、コートの幅を使ったコンビは、ブロックのマークを分散させるために有効的ですね。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習

セッターとスパイカーのコミュニケーションが大事

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習 コンビネーションの精度を高める方法! セッターとスパ

続きを読む

スパイクレシーブのフォーメーション種類

スパイクレシーブのフォーメーション種類

スパイクレシーブのフォーメーションは、ブロックとの連携がとても重要となります。 レシーブが上が

続きを読む

Aクイックは自分の30~50cm程度の高さ

スパイカーとタイミングを合わせる速いトス(Aクイックトス)

スパイカーの利き腕の前にボールをすばやく出す サイドへのトスが、ヒザやヒジをしっかりと使ってボ

続きを読む

下半身、ヒジ、手首をつかってボールを送り出しましょう

スパイカーが打ちやすいトスを上げる トスの基本

スパイカーが100%の状態で打てるトスが第一 トスを上げる時に心がけていることは、スパイカーが

続きを読む

サーブで相手のクイック攻撃をさせないようにサーブは打つことができますか

サーブで相手のクイック攻撃をさせないようにサーブは打つことができますか?

【質問】 サーブで相手のクイック攻撃をさせないようにサーブは打つことができますか? 相手チー

続きを読む

バレーボールで打つときにミートがしっかりできなくて困っています

バレーボール ミートがうまくできず困っています。

【質問】 バレーボールで打つときにミートがしっかりできなくて困っています。 スパイクを打つと

続きを読む

ヒザを軽く曲げ、ヒジをしっかり伸ばす

すばやくボールの下に入るアンダーハンドパス

ヒザを使って、体全体でボールを前に運ぶ アンダーハンドパスは、オーバーハンドパスと同じく、バレーボ

続きを読む

レセプションのフォームを身につける

サーブカットの基本フォームを身につける

正しいフォームで、本数を多く練習することが大切です 集中して効率よくさまざまなサーブを受けよう

続きを読む

対人レシーブの練習のポイント

対人レシーブの練習のポイント

対人レシーブは、あらゆるテクニックが習得できる基本練習となります。また、チーム全員が同時にできるため

続きを読む

オデコの前で両手のひらを上にむけ三角形を作る

オーバーハンドパス ボールのとらえ方

オデコの前で三角形を作る意識で練習 オデコの前で両手のひらを上に向け、親指と人差し指で三角形を作る

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑