*

ブロックが分散しやすいコンビネーションの種類

ブロックが分散しやすいコンビネーションを選択

多彩なコンビで相手ブロックに的を絞らせない

攻撃のコンビネーションは、相手のプロッカーを惑わせ、的を絞らせないための有効な手段となります。コンビのバリエーションが多いほど、相手は攻撃を予測しづらいため、決定率が上がります。

コンビネーションは、ただ複雑に絡めばいいというものではありません。例えば何度もレフトとライト両方が時間差に絡むと攻撃が真ん中に集まり、プロックされやすくなります。

レフト側で絡んでライトはサイドに残すなど、プロックが分散しやすいコンビネーションを選択しましょう。

前衛が3枚の場合

レフト/クイック(A、B、C)/ライト

セッター前の時間差/Aクイック/ライト

セッター前の時間差/Bクイック/ライト

レフト/Aクインク/ライト

レフト/Aクイック/セッター前の時間差

レフト/Cクイック/セッター前の時間差

レフト/Aクイック/セッター後ろの時間差

レフト/Bクイック/セッター後ろの時間差

レフト/Cクイック/セッター後ろの時間差

何度も両サイドが時間差攻撃に絡むとかえってブロックが集中しやすいこともあります。どちらかのWSをサイドに残してスパイクを打つことも選択肢の一つです。レセプション(サーブカット) が乱れた時には、サイドに残した選手に頼ることができますね。

 

前衛が2枚の場合

レフトショート/Aクイック

レフトショート/Bクイック

セッター前の時間差/Aクイック

セッター前の時間差/Bクイック

前衛2枚のみの攻撃の場合は、クイックとレフトなど、2人が絡まずに、幅を使って打った方がブロックは分散されやすくなります。

ただ、決定率の高いミドルブロッカーがいて、相手がクイックを マークしている場合は、その選手がブロックを引きつけて、もうー人が時間差攻撃を仕掛けるコンビも有効的です。

 

コートの幅を使った攻撃が有効

例えば、ライト側で絡んでブロックを引きつけ、レフトが打つ、またはレフト側で絡んでライトが打つなど、コートの幅を使ったコンビは、ブロックのマークを分散させるために有効的ですね。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

スパイクのコース打ち分け方

スパイクのコースの打ち分け方

正しいフォームでスパイクを打てるようになったら、コースを打ち分ける練習をしましょう。 レストか

続きを読む

こぶしがボールに当たるようにしっかりとボールを見る

一番マスターしやすいアンダーハンドサーブ

腕を振り、ボールをすくい上げるように打つ サーブ中で初心者が一番マスターしやすいのがアンダーハ

続きを読む

高い位置にきたサーブを的確に処理

オーバーハンドレセプション(オーバーカット)

指に力を入れてボールを弾く ジャンプサーブや前方に来たフローターサーブは、アンダーハンドでサーブカ

続きを読む

肩の力を入れず右上60度ぐらいに自然に腕を伸ばし、わずかにヒジを曲げる

スパイクの助走と打点の基本

 高さと強さの両立を意識する オープンから強打するスパイクとクイックスパイクでは、助走や腕の振

続きを読む

バレーボールスパイク手のひらの形はどしたらいいですか

バレーボールスパイク手のひらの形はどしたらいいですか

【質問】 バレーボールでスパイクを打つ時の手のひらはどうしたほうがいいのでしょうか。 指を開

続きを読む

ブロックフォローのフォーメーション

ブロックフォローのフォーメーション

可能な限り、全員でフォローする! スパイクは「1本では決まらないもの」という意識で 「スパイクは

続きを読む

アタックラインの前で打てるように上げるバックアタックトス

アタックラインの前で打てるように上げるバックアタックトス

右手でボールをコントロールするバックアタックトス バックアタックのトスは、前衛の攻撃よりもネッ

続きを読む

すばやく反応するためのディグ(スパイクレシーブ)練習

すばやく反応するためのディグ(スパイクレシーブ)練習

自分の頭上に上げる意識でディグに取り組む 試合を想定した動きを取り入れると効果的 初心者の方

続きを読む

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

フォーメーションで最も基本的な力タチは、セッター以外の5人がサーブレシーブ(レセプション)に入る「W

続きを読む

レセプションのフォームを身につける

サーブカットの基本フォームを身につける

正しいフォームで、本数を多く練習することが大切です 集中して効率よくさまざまなサーブを受けよう

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑