*

長い距離を移動するクロスステップブロック

移動の距離が長い時に使うのがクロスステップです。1歩目は移動したい方向の足を出し、次に反対の足をクロスさせて移動し、ネットに身体を正対させた後にジャンプします。

腰からぶつかるようなイメージで移動して声を合わせて踏み込み、2枚そろって飛びます。隣のブロッカーと間を開けないように心がけてください。

ブロックの移動のやり方

  1. スパイカーとボールの動きを見ながら、移動を開始します。
  2. 足をクロスさせてサイドブロッカーに近づきます。
  3. つま先を正面に向けるようにして踏み込みの準備をする。
  4. サイドブロッカーに腰からぶつかるように間を詰めて、息を合わせます。
  5. 2人そろって掛け声を合わせて一斉にジャンプしましょう。

上達のコツ!

呼吸を合わせてブロックを飛ぶ

数枚でブロックに飛ぶ時は、ブロッカー同士で踏み込みの状態から動きを揃えて飛ぶことが大切。身体が流れないようにして、呼吸を合わせてブロックに飛びましょう。

移動したい方向につま先を向ける

どんな状況でも力を伝えたい方向につま先を向けることが大切です。移動方向につま先が向いていないと、力が伝わるのが遅くなり、時間のロスをしてしまいます。

クロスステップの足の運び方

相手のスパイカーにプレッシャーを与えるには、すばやく移動して万全の状態でブロックすることがポイントです。最初の1歩目はカカトを軸にして移動方向につま先を向けると、スムーズなフットワークが可能です。踏み込む時は、両足のつま先をネット正面に向けるとまっすぐ上にジャンプすることができます。

  1. 移動方向につま先をしっかり向けましょう
  2. カカトを軸にしてクロスした足で踏み込みの準備をします
  3. 両足のつま先を正面に向けてブロクをします

 

移動方向につま先をしっかり向けましょう

カカトを軸にしてクロスした足で踏み込みの準備

両足のつま先を正面に向けて間を詰めます

テクニックが身につく練習法

練習法1

2枚ブロックはネットに正対することを心がけよう 踏み込む時につま先が正面を向いていないと、腰が開いてしまい、2人の間にスペースができてしまいます。2枚ブロックの練習は、つま先を正面に向け、必ず身体をネットに正対した状態でジャンプすることを心がけましょう。

練習法2

スパイクの勢いを和らげるソフトブロック 身長の低い選手やブロックに間に合わないような場合は、両手の手のひらを上に向けてボールを当てるソフトブロックを利用します。レシーブの勢いを和らげることでレシーバーへのチャンスボールに変えることができます。手のひらを上に向けるのがポイントです。

スパイクの勢いを和らげるソフトブロック

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

間に合わない時はソフトブロックに切り替える

ソフトブロックとは?

間に合わない時はソフトブロックに切り替える ブロックの準備が遅れると相手スパイカーはその隙を逃さず

続きを読む

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

最後まであきらめずにボールの下へ手を伸ばす 予想より前へゆるく落ちてくるボールを、比較的高い位置で

続きを読む

バレーボール サーブの基本練習方法

バレーボール サーブの基本練習方法

サーブの飛距離を伸ばし力強いサーブを打つ為には サーブがネットまでなかなか届かない人や、サーブが入

続きを読む

オーバーハンドパスは下半身の動きが大切

オーバーハンドパス ボールをとる時の動き方

オーバーハンドパスは下半身の動きが大切 オーバーハンドパスは一見、手でボールを運んでいるように見え

続きを読む

ヒザを軽く曲げ、ヒジをしっかり伸ばす

すばやくボールの下に入るアンダーハンドパス

ヒザを使って、体全体でボールを前に運ぶ アンダーハンドパスは、オーバーハンドパスと同じく、バレーボ

続きを読む

ボールを正しい位置でとらえる練習

アンダーハンドパスの基本フォームと練習方法

腕の伸ばし方(ボールの運び方) アンダーハンドパスはボールを受ける瞬間しっかりとヒジを伸ばして、両

続きを読む

二段トスの上げ方

二段トスの上げ方

二段トス(ハイセット)は、レシーブボールが乱れネットから離れた位置から上げるトスのことです。セッター

続きを読む

オーバーハンドでサーブレシーブをする基本姿勢

オーバーハンドでのサーブレシーブの基本姿勢

ボールに負けないよう体の前でキャッチする アンダーハンドでレシーブより機会は少ないが、高く来たサー

続きを読む

腕を上方に振り上げ真上にジャンプ

スパイクで強いボールを打つスイング

ジャンプした後は、ボールの位置をよく確認しながら、ヒジが下がらないようにスイングします。 アゴ

続きを読む

体を回転させて起き上がるローリングレシーブ

体を回転させて起き上がるローリングレシーブ

遠くに来たボールをレシーブした後は、走りこんが勢いを利用して、体を回転させてすぐに起き上がりましょう

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑