*

得点を奪うために欠かせないスパイクの基本練習

 高い打点からしっかりとボールの上側をたたく

スパイクは、得点を取るために欠かせないプレー。自分の一番高い打点から正しいフォームで打てるように、基本をしっかりと身につけましょう。助走は二歩でも三歩でもいいです。大事なのは、最後の踏み切りで力強く地面を蹴ることです。

スパイクはさまざまな動作を空中で組み合わせて行うプレーなので、始めは動きを分割して練習するといいです。まずは助走してからジャンプするまで。次はジャンプして、ボールを頭の上で両手でするところまでやってみましょう。

スイングは、まずは自分でトスを上げて壁に向かって、しっかりとボールの上をたたく練習をして身につけよう。それができたら、すべての動きを連動させて直上スパイクの練習に移ろう。

準備のポイント

助走は三歩助走(右利きの場合は、右→左→右→左足を揃えてジャンプ)でも、二歩助走(左→右→左足を揃えてジャンプ)でもいいです。助走の歩数を考えすぎると動きがぎこちなくなるので、あまり考えすぎず、リラックスして入っていきましょう。初心者は二歩助走がおすすめです。

スパイクのとらえる位置ダメな例です

身体の後ろでボールをとらえると体重が乗らない
体の後ろでボールをとらえると体重が乗らず、アウトになります。

ボールがとらえる位置が低すぎてもダメ
ボールをとらえる位置が低すぎてもダメです。

上達のコツ!

腕を引く時、自分の耳の上を触るイメージ

右腕を後ろに引く時、ヒジが方の位置より下がってはいけません。ヒジが下がると打点が下がってしまいます。腕を引く時に、自分の右耳の上を右手の人差し指で触るイメージを持つと、自然とヒジが上がるのをやってみよう

腕を引く時、自分の耳の上を触るイメージ

キャッチボールでスパイクの基本動作を身に付ける

スパイクの基本動作は、普段の練習で行うキャッチボールで身に付けることができます。

ボールを投げる時は、後方に肩を引き、重心を移動させながら体の前で投げるのがポイントです。ボールを送り出す時は、ボールを持っていない方の手を胸に引きつけ、高い打点からボールを投げましょう。

腰、肩、腕の動きを確認しながら、キャッチボールに取り組むと、身体に負担のかからない理想的なスパイクフォームが身につきます。

  1. ボールを持って構えます
  2. ボールを投げるほうの肩を後方に引きます
  3. 腰を回転させるようにしてボールを前方へ
  4. 左手を引きつけて、お腹に力を入れてボールを投げよう

 

ボールを持って構えます

腰を回転させるようにしてボールを前方へ投げる

腰を回転させて全身を使って投げる

キャッチボールはスパイクの動作そのものです。手だけボールを投げるのではなく、腰を回転させて全身を使って高い位置からボールを投げられるように練習しましょう。身体の前方でボールを話して投げるコツです。

 
下記の動画で、バレーボール スパイクのスイングの仕方と練習方法について説明をしています。 
https://www.youtube.com/watch?v=XRyL8DNitGc


 

このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

タッチの狙いどころ

タッチの落とし方

タッチは相手のコートの中央から後方にボールを押し込むテクニックです。狙いどころは、フェイントよりも遠

続きを読む

バレーボールの基本となるオーバーハンドパス

コントロールしやすいオーダーハンドパス

「ボールを丁寧に運んであげる」とう気持ちで パスは、バレーボールの一番基本となるプレーで、もっとも

続きを読む

ジャンプしてボールから目を離さない

空中の高いところでボールをとらえるジャンプトス

ジャンプして空中の高いところでボールをとらえて送り出すトスのことをジャンプトスといいます。トスの距離

続きを読む

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法 バレーボールを始めたばかりの中学1年です。 早く

続きを読む

パスと同じ手首から上の範囲にボールを当てるのが理想

アンダーハンドレシーブ

アンダーハンドレシーブは、ディグ(スパイクレシーブ)の基本 低い姿勢から、絶対ボールを落とさない

続きを読む

「落ちる」「曲がる」変化するサーブへの対処法

「落ちる」「曲がる」変化するサーブへの対処法

変化するサーブには、「落ちる」「曲がる」「伸びる」などいろいろな種類があります。その中でも前方に落ち

続きを読む

肩の力を入れず右上60度ぐらいに自然に腕を伸ばし、わずかにヒジを曲げる

スパイクの助走と打点の基本

 高さと強さの両立を意識する オープンから強打するスパイクとクイックスパイクでは、助走や腕の振

続きを読む

こぶしがボールに当たるようにしっかりとボールを見る

一番マスターしやすいアンダーハンドサーブ

腕を振り、ボールをすくい上げるように打つ サーブ中で初心者が一番マスターしやすいのがアンダーハ

続きを読む

間に合わない時はヒザを滑りこみレシーブ

間に合わない時はヒザを滑りこみレシーブ

通常のレシーブフォームで間に合わないと判断した時は、床を蹴った反動を利用してヒザで滑り込んでレシーブ

続きを読む

得意なほうを空けておく

サーブカット・サーブレシーブ(アンダーハンドレセプション)

レセプションでの(サーブレシーブ)の出来が勝敗を分ける 腕の面を必ずセッターに向ける レセプ

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑