*

短い距離を移動するサイドステップ

ブロックの移動には「サイドステップ」「クロスステップ」がありますが、相手の攻撃に対する移動の距離によって使い分けます。短い距離に使うのがサイドステップです。ネットに対して身体を正対させ、目線を一定にして移動する方向の足を1歩目に出します。腰から動く意識でステップを踏むと、ブレずにジャンプできます。

サイドステップブロックのやり方

  1. スパイカーとボールの動きを確認
  2. 移動方向の足を出しサイドステップを開始します
  3. 足幅を広げた状態でも目線は一定にしておきます
  4. 目線を一体にした状態でジャンプの準備
  5. もう片方の足を引き寄せてヒザを曲げてジャンプします

 

スパイカーとボールを確認

目線を一定にした状態でジャンプの準備

上達のコツ!

手からではなくおヘソから動く

相手のセッターやボールの行方に気をとられると、どうしても手から動いてしまいがち。ボールを見ながら、目線を上下せずにおヘソから動く意識でしっかりステップしましょう。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

高い位置にきたサーブを的確に処理

オーバーハンドレセプション(オーバーカット)

指に力を入れてボールを弾く ジャンプサーブや前方に来たフローターサーブは、アンダーハンドでサーブカ

続きを読む

速いボールに反応するアンダーハンドレシーブ

速いボールに反応するアンダーハンドレシーブ

スパイクなどの早いボールをレシーブする時に用いるのが、アンダーハンドレシーブです。パスに比べてボール

続きを読む

サーブレシーブの基本姿勢

サーブレシーブ(アンダーハンド)の基本姿勢

がっちり面を作って、セッターへいいボールを回す アンダーハンドでサーブレシーブする場合の基本は、ア

続きを読む

攻撃の起点となる正確なサーブレシーブ

攻撃の起点となる正確なサーブレシーブ

サーブレシーブをいかにセッターへ返せるかが、攻撃の鍵を握ります。 サーブレシーブは、遠いボール

続きを読む

すばやく反応するためのディグ(スパイクレシーブ)練習

すばやく反応するためのディグ(スパイクレシーブ)練習

自分の頭上に上げる意識でディグに取り組む 試合を想定した動きを取り入れると効果的 初心者の方

続きを読む

複数枚ブロックは軸となるブロッカーが重要

複数枚ブロックは軸となるブロッカーが重要

ブロックの枚数が多ければ多いほど、相手の攻撃を狭くすることができるので、実戦ではアタッカーの動きみて

続きを読む

こぶしがボールに当たるようにしっかりとボールを見る

一番マスターしやすいアンダーハンドサーブ

腕を振り、ボールをすくい上げるように打つ サーブ中で初心者が一番マスターしやすいのがアンダーハ

続きを読む

スパイクを打つ時に手首のスナップをきかせる練習方法

バレーボールでスパイクを打つ時にスナップをきかせたいのですが、どうしたらいいでしょうか

【質問】 バレーボールでスパイクを打つときにしっかりドライブがかかったボールが打てません。

続きを読む

前衛、後衛で異なるレシーブの注意点

前衛、後衛で異なるレシーブの注意点

相手チームがスパイクを打ってくる攻撃の時の、スパイクレシーブに対しては、前衛の選手と後衛の選手ではレ

続きを読む

バレーボールスパイクコースの打ち方

バレーボールスパイクコースの打ち方

正しいフォームでスパイクを打てるようになったら、コースの打ち分ける練習をしましょう。 レフトか

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑