*

得点を狙い、相手の攻撃を不利にするサーブの狙いどころ

コートの角を強いサーブで狙えればベスト

サーブは相手コートの角や、コートの前の方を狙うとレセプションを崩しやすいです。セッターの背後に打つサーブも有効となります。

また、相手チームにレセプション(サーブカット)の苦手な選手がいれば、徹底的にその選手を狙ってもいいですし、決定力の高い選手がいれば、その選手の攻撃を少しでも遅らせるためにその選手をサーブで狙う方法もあります。

事前に相手チームを研究し、弱点をみんなで話し合って、狙いどころを話し合いましょう。

どこを狙うにしても、ゆるやかなチャンスボールでは意味がありません。特にジャンプサープの利点は、速く強いボールで相手を崩せることなので、まずは強いサーブを打ち込めるようになりましょう。

また、場面によって打ち分けられるよう、2種類以上のサーブをマスターしておきたいですね。

 

■コートの角を狙う

コートの角を狙う

ジャンプサープでもフローターサーブでも、どんな種類のサーブもコートの角を狙えば相手を崩しやすくなります。さらに、ク口ス、ストレート両方を狙えると、相手にとってはやっかいになります。

いくら角の難しいところに打っても、ゆるやかなサーブでは相手が簡単に落下地点に入ってしまうので意味がありません。強いサーブで狙えるように練習しておきましょう。

 

■セッターの背後を狙う

セッターの背後を狙う
セッターは、自分の前からレセプションが上がるとトスを上げやすいですが、自分の背後から上がると、振り返ってボールを見なければならないので、トスを上げにくくなります。相手のコンビを邪魔するために有効な狙いどころとなります。

セッターがサーブを打たれる前の位置から、定位置に入るまでに移動するラインを狙うのも有効になります。ただ、強いサーブで狙うのは至難の業です。まずは「セッターよりライト側」という広い範囲で強いサーブを打ち込めるようになりましょう。

 

■コートの前を狙う

コートの前を狙う

コートの前を狙う
フローターやジャンプフローターサープの場合、コートの前の方、アタックライン付近を狙うのも有効です。ミドルブロッカーが取ればクイックに入りにくくなりますし、ウイングスパイカーがが取っても攻撃参加を遅らせられます。

ジャンプサーブでこの場所を狙うのはかなり高度なテクニックです。ここを狙うことでゆるいサープになるよりは、強いサーブで角を狙うか、フローターやジャンプフローターサーブも打てるようにしておくと効果があります。

ジャンプサーブで前を狙う場合は、相手のレセプションフォーメーションが3人型なら、3人の前を狙うのも有効です。

 

山なりのサーブはチャンスになるので注意

コートの前を狙う場合、サーブがネットに近いほどレセプション(サーブカット)はしにくいが、前を狙うほどサープは山なりの軌道になりがちになります。サーブが高く浮くとチャンスボールになってしまうので、ネットスレスレの軌道で狙えるように練習をしましょう。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

前衛、後衛で異なるレシーブの注意点

前衛、後衛で異なるレシーブの注意点

相手チームがスパイクを打ってくる攻撃の時の、スパイクレシーブに対しては、前衛の選手と後衛の選手ではレ

続きを読む

壁から1.5mほど離れて、壁に向かってパス

基本練習で正しいフォームのベースを作る

フォームを維持しながらボールをコントロールする 【壁パス】 オーバーハンドの手首の使い方、ヒザの

続きを読む

スパイクレシーブフォーメーション時間差攻撃

スパイクレシーブのフォーメーション(時間差攻撃)

守備パターン(2)時間差攻撃への対応 時間差攻撃に対しては、コミット、リードどちらのブロックフォー

続きを読む

複数枚ブロックは軸となるブロッカーが重要

複数枚ブロックは軸となるブロッカーが重要

ブロックの枚数が多ければ多いほど、相手の攻撃を狭くすることができるので、実戦ではアタッカーの動きみて

続きを読む

間に合わない時はヒザを滑りこみレシーブ

間に合わない時はヒザを滑りこみレシーブ

通常のレシーブフォームで間に合わないと判断した時は、床を蹴った反動を利用してヒザで滑り込んでレシーブ

続きを読む

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

最後まであきらめずにボールの下へ手を伸ばす 予想より前へゆるく落ちてくるボールを、比較的高い位置で

続きを読む

サーブレシーブの 連携を高めて おくことが大切

サーブレシーブの連携を高める

サーブレシーブ(レセプション)の精度を確実に上げるには、チームメイトとのポジションニングや守備範囲で

続きを読む

スパイクレシーブのフォーメーション種類

スパイクレシーブのフォーメーション種類

スパイクレシーブのフォーメーションは、ブロックとの連携がとても重要となります。 レシーブが上が

続きを読む

オーバーハンドパスは下半身の動きが大切

オーバーハンドパス ボールをとる時の動き方

オーバーハンドパスは下半身の動きが大切 オーバーハンドパスは一見、手でボールを運んでいるように見え

続きを読む

サイド攻撃を効率的に打つ方法

サイド攻撃を効率的に打つ方法

ブロッカーの遅れを誘って強打する レフトあるいはライトからのサイド攻撃を有効に決めるためには、

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑