*

緩いサーブはオーバーハンドで対応

フローターサーブなどで緩いサーブが肩より上にきた時は、オーバーハンドで対応しましょう。

オーバーハンドレシーブと同じように、低度前方でボールをとらえて指の腹全体を使って、ボールを送り出します。

オーバーハンドの技術が高ければ、ある程度のサープは、コントロールがきくオーバーハンドでとったほうがいいです。上半身だけでなく、下半身を安定させてボールをとらえるのがポイントです。

ジャンプサーブなどの強いボールは、オーバーハンドでカットをするとケガをしやすいので、強い早くサーブにはアンダーハンドでサーブカットを優先してください。

コート後方にきたサーブに対し、下がるのが間に合わないと判断した時にも効果的です。

 

(1)ボールの落下地点を確認しながら準備します

ボールの落下地点を確認しながら準備

(2)ボールの正面に入り、両手にしっかり力を入れます

ボールの正面に両手にしっかり力を入れる

(3)両手をセッターに向けて、指を開いてボールをの中心しっかりとらえます

指を開いてボールの中心でとらえます

 

ボールの力を吸収する

指をしっかり開いてボールをとらえることで、ボールの力を吸収し、よりコントロールしやすくなります。

オーバーハンドの技術が習得できれば、アンダーハンドよりも確実にレシーブができます。オーバーハンドの練習も取り入れるようにしましょう。

 

サーブカットが苦手な人はオーバーハンドでできるようになると安心

サーブカットが苦手で、オーバーハンドに自信がある人は積極的にオーバーハンドでとっても良いと思います。

サーブカットをするポジションは、通常の位置より若干前で構えます。腕をオーバーハンドの形で待ち、ボールが来たらすぐにボールの下に入り、オーバーハンドでサーブカットをします。

後衛のポジションでオーバーハンドで取ろうとする時は、自分の肩より上に来たボールは取らないような位置にポジションをとり、アウトになるボールには触らないように気をつけましょう。

指にしっかり力を入れないと、ボールの勢いに指が負けてしまい後ろに反らしてしまいます。またボールを取る位置が頭の上になると腕に力が入らず後ろに反らしてしまいがちになります。

しっかり指に力を入れておでこの前でしっかり取れるように繰り返し練習しましょう。

このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

サーブレシーブの 連携を高めて おくことが大切

サーブレシーブの連携を高める

サーブレシーブ(レセプション)の精度を確実に上げるには、チームメイトとのポジションニングや守備範囲で

続きを読む

Aクイックは自分の30~50cm程度の高さ

スパイカーとタイミングを合わせる速いトス(Aクイックトス)

スパイカーの利き腕の前にボールをすばやく出す サイドへのトスが、ヒザやヒジをしっかりと使ってボ

続きを読む

得点を狙い、相手の攻撃を不利にするサーブの狙いどころ

得点を狙い、相手の攻撃を不利にするサーブの狙いどころ

コートの角を強いサーブで狙えればベスト サーブは相手コートの角や、コートの前の方を狙うとレセプショ

続きを読む

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法 バレーボールを始めたばかりの中学1年です。 早く

続きを読む

フェントの狙いどころ

指先でプッシュしブロックの背後に落とすフェイント

フェイントは、ブロックの真後ろや真横など、コートの前方を狙って落とすテクニックです。 フェイン

続きを読む

LINEウェブストアでスタンプの購入方法とダウンロードのやり方

LINEウェブストアから「よく使う!バレーボールスタンプ」のクリエイターズスタンプを購入する方法をご

続きを読む

高い位置にきたサーブを的確に処理

オーバーハンドレセプション(オーバーカット)

指に力を入れてボールを弾く ジャンプサーブや前方に来たフローターサーブは、アンダーハンドでサーブカ

続きを読む

スパイクレシーブフォーメーションオープン攻撃

スパイクレシーブフォーメーション(オープン攻撃)

守備バターン(3)オープン攻撃への対応 両サイドからのオープン攻撃に対する守備では、クロスへのスパ

続きを読む

肩より高いボールを受けるオーバーハンドレーブ

肩よりも高いボールを受けるオーバーハンドレシーブ(ディグ)

後方に飛んでくるボールに対してはオーバハンドでレシーブします。 この時、腕が伸び切った状態で受

続きを読む

腕を上方に振り上げ真上にジャンプ

スパイクで強いボールを打つスイング

ジャンプした後は、ボールの位置をよく確認しながら、ヒジが下がらないようにスイングします。 アゴ

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑