*

試合を想定したゲーム練習

ディフェンス、オフェンスを総合的にチェック

ゲーム形式で課題を見つけて、個別練習に反映させる
ゲーム形式の練習では、コンビネーションや、ブロックとディグ(スパイクレシーブ)の関係の確認など、オフェンス、ディフェンス両面を総合的にチェックできます。

その中では必ず、回らないローテーションが出てきたり、決まらない攻撃やディフェンスの課題が見えてくるので、それを踏まえて、弱点を強化するための個別練習を行うなど、フィードバックするのが望ましいです。

5対5でできる練習

ミドルブロッカーはクイックを打ってもいいですが、 ウイングスパイカーはバックアタックしか打ってはいけないという条件で行います。 Bチームのブロックはセッターとミドルブロッカーのみ。 バックアタックとディグ中心の練習となります。

5対5でできる練習

6対6で行う練習

実際の試合のように点数をつけて、1点から25点まで 行う練習もいいですが、その時のチームや選手の状態に合わせて、 条件をつけてゲーム形式を行うと効率的となります。

 

Aチームのブロックの強化、特に3枚ブロックを強化したい場合

ブロック強化をしたい場合

① Aチームのサーブからスタートをします。Bチームが攻撃し、Aチームがディフェンスする。

 

ブロック強化をしたい場合

② 引き続きBチームにネットから大きく離れたパスや強打を入れ、二段トスの場面を作る。

 

ブロック強化をしたい場合

③ Bチームはレフト、ライトどちらかから攻撃し、Aチームは3枚ブロックを形成する。

 

終盤の競り合いを 想定したゲーム練習も有効

点数をつけて試合に近い状態で行うことが、選手にとっては一番モチベーションが上がります。ただ、25点まで行うとセット数を多くこなせないので、セット数を多くやりたい場合は、17ー17や18ー18からスタートするといいですね。

終盤の競り合いを想定してできるので、より集中力が高まり、接戦にも強くなります。

 

その他の条件設定で行う練習

Aチームのサイドアウト力を付けるための練習

Bチームからサーブを打ち、Aチームが攻撃し、Bチームがディフェンスする。 Aチームの攻撃が決まっても決まらなくても、引き続きAチームにチャンスボールを入れてAチームが再び攻撃する。

 

さまざまなシチュエーションを経験できる練習

1本目はAチームがサーブを打ち、Bチームがサイドアウトを取れば、2本目は Bチームにチャンスボールを入れ、3本目はAチームにチャンスボールを入れる。

1本目でBチームがサイドアウトを取れなければ、2本目はAチームにチャンスボールを入れ、3本目はAチームにボールを入れ、二段トスの場面を作る。

逆ににBチームにとってはオフェンスの練習になります。途中でABチームを逆にするか、メンバーを入れ替えて、全員が両方できるようにしましょう。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

緩いサーブはオーバーハンドで対応

緩いサーブはオーバーハンドで対応

フローターサーブなどで緩いサーブが肩より上にきた時は、オーバーハンドで対応しましょう。 オーバ

続きを読む

スパイクレシーブフォーメーション(クイック攻撃)

スパイクレシーブのフォーメーション(クイック攻撃)

スタートポジションは速攻への対応が基本です。 スパイクレシープのフォーメーションは、相手の攻撃

続きを読む

スパイクレシーブフォーメーションオープン攻撃

スパイクレシーブフォーメーション(オープン攻撃)

守備バターン(3)オープン攻撃への対応 両サイドからのオープン攻撃に対する守備では、クロスへのスパ

続きを読む

オープンスパイクと同じ要領で、ネットスレスレにボールを打ち込む

サーブポイントの確率が高まる強いジャンプサーブ

高い打点からスパイクのような強まるサーブを打つ 強いスパイクを打てる人は、ジャンプサーブにチャ

続きを読む

初心者が高校からバレーボール部に入っても大丈夫ですか?

高校からバレーボール部に入っても大丈夫ですか?

【質問】 高校からでもバレーボール部に入ろうと思っているんですが、初心者の人でもやっていけるの

続きを読む

ジャンプフローターサーブ

フローターサーブよりも勢いをが増すジャンプフローターサーブ

ジャンプの高さと勢いをボールに伝える ジャンブフローターサーブは、打つ時にジャンプする分、フロ

続きを読む

ブロックフォローのフォーメーション

ブロックフォローのフォーメーション

可能な限り、全員でフォローする! スパイクは「1本では決まらないもの」という意識で 「スパイクは

続きを読む

最後の踏み込みはカカトから強く大きく

スパイクで高くジャンプする方法

高くジャンプするポイントは、最後に踏み込むつま先を内側に向けることです。そうすることで助走の勢いが前

続きを読む

フェントの狙いどころ

指先でプッシュしブロックの背後に落とすフェイント

フェイントは、ブロックの真後ろや真横など、コートの前方を狙って落とすテクニックです。 フェイン

続きを読む

得意なほうを空けておく

サーブカット・サーブレシーブ(アンダーハンドレセプション)

レセプションでの(サーブレシーブ)の出来が勝敗を分ける 腕の面を必ずセッターに向ける レセプ

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑