*

試合を想定したゲーム練習

ディフェンス、オフェンスを総合的にチェック

ゲーム形式で課題を見つけて、個別練習に反映させる
ゲーム形式の練習では、コンビネーションや、ブロックとディグ(スパイクレシーブ)の関係の確認など、オフェンス、ディフェンス両面を総合的にチェックできます。

その中では必ず、回らないローテーションが出てきたり、決まらない攻撃やディフェンスの課題が見えてくるので、それを踏まえて、弱点を強化するための個別練習を行うなど、フィードバックするのが望ましいです。

5対5でできる練習

ミドルブロッカーはクイックを打ってもいいですが、 ウイングスパイカーはバックアタックしか打ってはいけないという条件で行います。 Bチームのブロックはセッターとミドルブロッカーのみ。 バックアタックとディグ中心の練習となります。

5対5でできる練習

6対6で行う練習

実際の試合のように点数をつけて、1点から25点まで 行う練習もいいですが、その時のチームや選手の状態に合わせて、 条件をつけてゲーム形式を行うと効率的となります。

 

Aチームのブロックの強化、特に3枚ブロックを強化したい場合

ブロック強化をしたい場合

① Aチームのサーブからスタートをします。Bチームが攻撃し、Aチームがディフェンスする。

 

ブロック強化をしたい場合

② 引き続きBチームにネットから大きく離れたパスや強打を入れ、二段トスの場面を作る。

 

ブロック強化をしたい場合

③ Bチームはレフト、ライトどちらかから攻撃し、Aチームは3枚ブロックを形成する。

 

終盤の競り合いを 想定したゲーム練習も有効

点数をつけて試合に近い状態で行うことが、選手にとっては一番モチベーションが上がります。ただ、25点まで行うとセット数を多くこなせないので、セット数を多くやりたい場合は、17ー17や18ー18からスタートするといいですね。

終盤の競り合いを想定してできるので、より集中力が高まり、接戦にも強くなります。

 

その他の条件設定で行う練習

Aチームのサイドアウト力を付けるための練習

Bチームからサーブを打ち、Aチームが攻撃し、Bチームがディフェンスする。 Aチームの攻撃が決まっても決まらなくても、引き続きAチームにチャンスボールを入れてAチームが再び攻撃する。

 

さまざまなシチュエーションを経験できる練習

1本目はAチームがサーブを打ち、Bチームがサイドアウトを取れば、2本目は Bチームにチャンスボールを入れ、3本目はAチームにチャンスボールを入れる。

1本目でBチームがサイドアウトを取れなければ、2本目はAチームにチャンスボールを入れ、3本目はAチームにボールを入れ、二段トスの場面を作る。

逆ににBチームにとってはオフェンスの練習になります。途中でABチームを逆にするか、メンバーを入れ替えて、全員が両方できるようにしましょう。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

二段トスの上げ方

二段トスの上げ方

二段トス(ハイセット)は、レシーブボールが乱れネットから離れた位置から上げるトスのことです。セッター

続きを読む

腕を上方に振り上げ真上にジャンプ

スパイクで強いボールを打つスイング

ジャンプした後は、ボールの位置をよく確認しながら、ヒジが下がらないようにスイングします。 アゴ

続きを読む

バレーボールスパイクの基本

バレーボールスパイクの基本

スパイクはバレーボールでの中で一番得点につながる攻撃 スパイクはバレーボールの攻撃の柱。もっとも得

続きを読む

トスを上げたい方向のポールを目標にして上げる

アンダーハンド二段トスのやり方

腕の振りとヒザを使って、ボールを高く上げる オーバーハンドでは上げられない低い位置からのトスを上げ

続きを読む

ジャンプしてボールから目を離さない

空中の高いところでボールをとらえるジャンプトス

ジャンプして空中の高いところでボールをとらえて送り出すトスのことをジャンプトスといいます。トスの距離

続きを読む

アタックラインの前で打てるように上げるバックアタックトス

アタックラインの前で打てるように上げるバックアタックトス

右手でボールをコントロールするバックアタックトス バックアタックのトスは、前衛の攻撃よりもネッ

続きを読む

オーバーハンドパスは下半身の動きが大切

オーバーハンドパス ボールをとる時の動き方

オーバーハンドパスは下半身の動きが大切 オーバーハンドパスは一見、手でボールを運んでいるように見え

続きを読む

3人または4人のサーブレシーブフォーメーション

3人または4人のサーブレシーブフォーメーション

バレーボールはより多くの選手が攻撃に絡めるかが重要です。そのため、サーブレシーブに入る人数を最低限に

続きを読む

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

ボールに負けない強い面を作る スパイクに対するアンダーハンドでのレシーブは、強いサーブのレシーブよ

続きを読む

アゴが上がるとバックトスだと気づかれます

スパイカーの距離を把握して上げるバックトス

前方へのトスと同じ位置から、背後へトス バックトスは、セッターが前を向いたまま、後ろへ上げるト

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑