*

試合を想定したゲーム練習

ディフェンス、オフェンスを総合的にチェック

ゲーム形式で課題を見つけて、個別練習に反映させる
ゲーム形式の練習では、コンビネーションや、ブロックとディグ(スパイクレシーブ)の関係の確認など、オフェンス、ディフェンス両面を総合的にチェックできます。

その中では必ず、回らないローテーションが出てきたり、決まらない攻撃やディフェンスの課題が見えてくるので、それを踏まえて、弱点を強化するための個別練習を行うなど、フィードバックするのが望ましいです。

5対5でできる練習

ミドルブロッカーはクイックを打ってもいいですが、 ウイングスパイカーはバックアタックしか打ってはいけないという条件で行います。 Bチームのブロックはセッターとミドルブロッカーのみ。 バックアタックとディグ中心の練習となります。

5対5でできる練習

6対6で行う練習

実際の試合のように点数をつけて、1点から25点まで 行う練習もいいですが、その時のチームや選手の状態に合わせて、 条件をつけてゲーム形式を行うと効率的となります。

 

Aチームのブロックの強化、特に3枚ブロックを強化したい場合

ブロック強化をしたい場合

① Aチームのサーブからスタートをします。Bチームが攻撃し、Aチームがディフェンスする。

 

ブロック強化をしたい場合

② 引き続きBチームにネットから大きく離れたパスや強打を入れ、二段トスの場面を作る。

 

ブロック強化をしたい場合

③ Bチームはレフト、ライトどちらかから攻撃し、Aチームは3枚ブロックを形成する。

 

終盤の競り合いを 想定したゲーム練習も有効

点数をつけて試合に近い状態で行うことが、選手にとっては一番モチベーションが上がります。ただ、25点まで行うとセット数を多くこなせないので、セット数を多くやりたい場合は、17ー17や18ー18からスタートするといいですね。

終盤の競り合いを想定してできるので、より集中力が高まり、接戦にも強くなります。

 

その他の条件設定で行う練習

Aチームのサイドアウト力を付けるための練習

Bチームからサーブを打ち、Aチームが攻撃し、Bチームがディフェンスする。 Aチームの攻撃が決まっても決まらなくても、引き続きAチームにチャンスボールを入れてAチームが再び攻撃する。

 

さまざまなシチュエーションを経験できる練習

1本目はAチームがサーブを打ち、Bチームがサイドアウトを取れば、2本目は Bチームにチャンスボールを入れ、3本目はAチームにチャンスボールを入れる。

1本目でBチームがサイドアウトを取れなければ、2本目はAチームにチャンスボールを入れ、3本目はAチームにボールを入れ、二段トスの場面を作る。

逆ににBチームにとってはオフェンスの練習になります。途中でABチームを逆にするか、メンバーを入れ替えて、全員が両方できるようにしましょう。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

ボールが当たる瞬間は手を振らない

オーバーハンドレシーブ

肩から上の高い位置に来たスパイクを手のひらで上げる ディグは基本的にアンダーハンドで取ることが

続きを読む

前方にきたボールのとり方

前方にきたボールのとり方(レセプション)

相手サーバーがボールを打った瞬間にコースを予想して移動 サーブは単なるパスとは異なり、前に落ちる、

続きを読む

バレーボールの新用語

バレーボールの新用語

知っておきたいバレーボールの新用語 国際ゲームのテレビ中継、またはトップチームの技術解説書など

続きを読む

スパイクのコース打ち分け方

スパイクのコースの打ち分け方

正しいフォームでスパイクを打てるようになったら、コースを打ち分ける練習をしましょう。 レストか

続きを読む

「後方へ伸びる」変化するサーブの対処法

「後方へ伸びる」変化するサーブの対処法

「後方へ伸びる」サーブは、すばやく後ろへ移動し、ボールをとらえることが重要です。フットワークが遅れる

続きを読む

下半身、ヒジ、手首をつかってボールを送り出しましょう

スパイカーが打ちやすいトスを上げる トスの基本

スパイカーが100%の状態で打てるトスが第一 トスを上げる時に心がけていることは、スパイカーが

続きを読む

複数枚ブロックは軸となるブロッカーが重要

複数枚ブロックは軸となるブロッカーが重要

ブロックの枚数が多ければ多いほど、相手の攻撃を狭くすることができるので、実戦ではアタッカーの動きみて

続きを読む

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習

セッターとスパイカーのコミュニケーションが大事

スパイカーが要求するトスを確認しながら練習 コンビネーションの精度を高める方法! セッターとスパ

続きを読む

バレーボールの基本となるオーバーハンドパス

コントロールしやすいオーダーハンドパス

「ボールを丁寧に運んであげる」とう気持ちで パスは、バレーボールの一番基本となるプレーで、もっとも

続きを読む

ブロックカバーの構え方とフォーメーション

ブロックカバー(ブロックフォロー)のやり方

味方のスパイクが相手にプロックされることを想定し、それをカバーをするのがブロックカバーとなります。

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑