*

フローターサーブよりも勢いをが増すジャンプフローターサーブ

ジャンプの高さと勢いをボールに伝える

ジャンブフローターサーブは、打つ時にジャンプする分、フローターサーブより高い位置から、早く勢いのあるボールを打つことができます。高い打点から打てば打つほど、ネットぎりぎりの直線的な軌道で相手コートを狙うことができ、レセプションする側に取って返すのが難しく、レセプションを崩したり、ポイントを奪える可能性が大きくなります。

トスを高く上げすぎると、タイミングを合わせるのが難しくなるので、トスは自分の打点にボールを置くようなイメージで、軽く上げるだけいいです。打った後に腕を止めるイメージで打つと、無回転サーブになりやすい。無回転になることでボールが変化しやすくなり、より威力のあるサーブになります。

ジャンプフローターサーブ

ジャンプフローターサーブ準備のポイント

最初は片足を前に出しておく一歩助走、または両方を揃えたところから二歩助走、三歩助走で打ってもいいです。自分でやりやすい助走を身につけよう。

(1)助走に入る前にしっかりと狙いを定め、両手を軽くトスを上げる
(2)トスは前方斜め上に軽く上げるイメージ。高く上げすぎないように注意しましょう。トスを片手で上げる打ち方もあります。両方の手で上げるほうが安全しやすいが自分に合ったやり方を試そう。
(3)ボールの中心をしっかり見ながらスイング。
(4)フローターサーブ同様、手のひら全体で打つ。腕を振り切らなずに止めるイメージで打つと無回転になりやすです。手のひらを下に向けないようにしましょう。
ジャンプフローターサーブ助走

ジャンプフローターサーブの助走は、1歩、2歩、3歩・・・と、段階を追って助走を増やしていき、自分が打ちやすい助走の方法を見つけることが大切です。

 

上達のコツ!

ネットスレスレの直線的なサーブを目指そう

ジャンプフローターサーブは、ジャンプする分、高い打点から打つことができるので、できるだけ地面に平行な、ネットぎりぎり(ネットの白帯から上30cm以内)を通過する軌道のサーブを打つことを心がけよう。ネットの白帯を目標にして打つとうまくいきます。

 

体幹を意識してジャンプする

高い位置から打つため、ボールのコースがフローターサーブよりも直線的になり、しかもジャンプの勢いがついてスピードも増すのがジャンプフローターサーブの利点です。ジャンプサーブと同様にかなり威力を発揮します。

この利点を生かすために大切なことは、いつも同じ打点で打てるようになること。空中でバランスを崩さないように、体幹を意識したスイングを心がけよう。空中での体幹はまっすぐ保つことが大切です。

 

押し出すように打つ

ボールのミートは普通のフローターサーブと同じです。手のひらの下の部分をボールの中心に当て、手首を曲げずにボールを強く押し出すように打ちます。

 

両手トスも練習しておきましょう

ジャンプフローターサーブでは、ネットに正対したまま両手でトスをあげてジャンプする方法もあります。助走が遅くなりサーブのスピードはやや落ちますが、コントロールを重視したい時に、両手上げのジャンプフローターサーブは有効的な打ち方です。

 
下記の動画で、バレーボール ジャンプフローターサーブの助走と打ち方をわかりやすく説明をしています。

https://www.youtube.com/watch?v=55NUV_SXghs

 

このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法 バレーボールを始めたばかりの中学1年です。 早く

続きを読む

「後方へ伸びる」変化するサーブの対処法

「後方へ伸びる」変化するサーブの対処法

「後方へ伸びる」サーブは、すばやく後ろへ移動し、ボールをとらえることが重要です。フットワークが遅れる

続きを読む

間に合わない時はヒザを滑りこみレシーブ

間に合わない時はヒザを滑りこみレシーブ

通常のレシーブフォームで間に合わないと判断した時は、床を蹴った反動を利用してヒザで滑り込んでレシーブ

続きを読む

狙ったコースに強いサーブを打つ練習

狙ったコースに強いサーブを打つ練習

本数を多く打つことが上達の近道 相手が嫌がるコースにサーブを打つ練習 まずは自分のサーブ位置

続きを読む

ボールを投げる方の肩を後方に引きます。

スパイク基本動作はキャッチボールで身に付ける

スパイクの基本動作は、普段の練習で行うキャッチボールで身に付けることができます。ボールを投げる時は、

続きを読む

アタックラインの前で打てるように上げるバックアタックトス

アタックラインの前で打てるように上げるバックアタックトス

右手でボールをコントロールするバックアタックトス バックアタックのトスは、前衛の攻撃よりもネッ

続きを読む

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

最後まであきらめずにボールの下へ手を伸ばす 予想より前へゆるく落ちてくるボールを、比較的高い位置で

続きを読む

滑った方向のヒジを伸ばす

ローリングレシーブ

身体を反転させてすばやく次のプレーへ移る  身体から左右に離れたボールを受ける時は、スライディ

続きを読む

肩の力を入れず右上60度ぐらいに自然に腕を伸ばし、わずかにヒジを曲げる

スパイクの助走と打点の基本

 高さと強さの両立を意識する オープンから強打するスパイクとクイックスパイクでは、助走や腕の振

続きを読む

高い位置にきたサーブを的確に処理

オーバーハンドレセプション(オーバーカット)

指に力を入れてボールを弾く ジャンプサーブや前方に来たフローターサーブは、アンダーハンドでサーブカ

続きを読む

Comment

  1. 佐藤信重 より:

    ジャンフロを打つ時は左手を伸ばした方がいいでしょうか?(スパイクのように)

    • コメントありがとうございます!

      ジャンプフローターサーブを打つときな、左手よりもボールをしっかり安定して上げられることが重要になりますね。

      そこを意識すればいいと思いますので、左手はスパイクみたいに伸ばさなくていいと思いますよ。
      打ちやすい打ち方でいいと思います。

      トスの上げ方も、両手 と 片手 があります。上げやすい方法でより安定的に打てるトスで練習をしてください。
      練習がんばってくださいね!m(__)m

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑