*

目標を設定したサーブレシーブの練習方法

カタチづくり

最初はネットを使わずに9mほど離れた距離からサーブを打ち、基本のフォームを確認しましょう。少しずつ距離を離していき、最終的にはネット越しからサーブを打ちます。前後左右、斜めなど8方向にサーブを打ち、正しい姿勢ですばやいフットワークを身につけましよう。

試合中にサーブレシーブは一人で行うことはないので、基本のフォームをマスターしたら、2人または3人で練習しましょう。ポジショニングを確認し、レシーバーの間にきたボールも声を出して対応していきます。もし、サーブレシーブがセッターに返らなかった場合は、周囲の人がカバーします。

より正確性を身につけるために、目標設定を行います。ネット際中央にボールカゴや椅子などの目印を置き、どんなボールも確実にコントロールして目標に返せるようになりましよう。最初は、椅子の上に人を立たせ、キャッチする力タチで行うといいでしょう。

 

サーブレシーブ形作り

 

複合練習

さらに高いレベルの目標を設定するには、サーブレシーブ練習にセッターを配置して、トスを上げてもらいます。サーブレシーブをした人は、すぐに攻撃の助走に入り、スパイクを打ちます。

サーブレシーブの精度が悪いと、セッターは安定した状態でトスを上げられないので、常に正確なサーブレシーブを返し、セッターが余裕を持ってトスを上げられるように練習しましょう。

より多くのスパイカーが攻撃に絡んだ時は、サーブレシーブがセッターに返っている証拠と言えるでしょう。トス練習、スパイク練習も兼ねて、練習中の集中力を高めるためにも、複合練習を行いましょう。

 

サーブレシーブ複合練習

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

ドライブサーブの打ち方

ドライブサーブの打ち方

スナップを効かせてボールに強いドライブをかける 体をサイドラインへ向け、ネットに直角の体勢から、腕

続きを読む

バレーボールの基本となるオーバーハンドパス

コントロールしやすいオーダーハンドパス

「ボールを丁寧に運んであげる」とう気持ちで パスは、バレーボールの一番基本となるプレーで、もっとも

続きを読む

ランニングジャンプフローターサーブ

長い助走の勢いを活かしたランニングジャンプフローターサーブ

助走距離を長くとり、片足で踏み切る 斜めや横方向に助走することで、ジャンプフローターサーブより

続きを読む

得点を狙い、相手の攻撃を不利にするサーブの狙いどころ

得点を狙い、相手の攻撃を不利にするサーブの狙いどころ

コートの角を強いサーブで狙えればベスト サーブは相手コートの角や、コートの前の方を狙うとレセプショ

続きを読む

無回転サーブの打ち方と練習方法

無回転サーブの打ち方

ボールの中心を押し出すようの打つのが無回転サーブの基本です。ボールはネットを越えてから落下の後半で複

続きを読む

アタックラインの前で打てるように上げるバックアタックトス

アタックラインの前で打てるように上げるバックアタックトス

右手でボールをコントロールするバックアタックトス バックアタックのトスは、前衛の攻撃よりもネッ

続きを読む

バックアタックの狙いどころ

アタックラインの後ろから前に飛び込んで打つバックアタック

 高さと技術が求められるワンラック上のプレー 前衛でしっかりスパイクをしっかりマスターできたら

続きを読む

初心者が高校からバレーボール部に入っても大丈夫ですか?

高校からバレーボール部に入っても大丈夫ですか?

【質問】 高校からでもバレーボール部に入ろうと思っているんですが、初心者の人でもやっていけるの

続きを読む

オーバーハンドでサーブレシーブをする基本姿勢

オーバーハンドでのサーブレシーブの基本姿勢

ボールに負けないよう体の前でキャッチする アンダーハンドでレシーブより機会は少ないが、高く来たサー

続きを読む

オーバーハンドパスは下半身の動きが大切

オーバーハンドパス ボールをとる時の動き方

オーバーハンドパスは下半身の動きが大切 オーバーハンドパスは一見、手でボールを運んでいるように見え

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑