*

目標を設定したサーブレシーブの練習方法

カタチづくり

最初はネットを使わずに9mほど離れた距離からサーブを打ち、基本のフォームを確認しましょう。少しずつ距離を離していき、最終的にはネット越しからサーブを打ちます。前後左右、斜めなど8方向にサーブを打ち、正しい姿勢ですばやいフットワークを身につけましよう。

試合中にサーブレシーブは一人で行うことはないので、基本のフォームをマスターしたら、2人または3人で練習しましょう。ポジショニングを確認し、レシーバーの間にきたボールも声を出して対応していきます。もし、サーブレシーブがセッターに返らなかった場合は、周囲の人がカバーします。

より正確性を身につけるために、目標設定を行います。ネット際中央にボールカゴや椅子などの目印を置き、どんなボールも確実にコントロールして目標に返せるようになりましよう。最初は、椅子の上に人を立たせ、キャッチする力タチで行うといいでしょう。

 

サーブレシーブ形作り

 

複合練習

さらに高いレベルの目標を設定するには、サーブレシーブ練習にセッターを配置して、トスを上げてもらいます。サーブレシーブをした人は、すぐに攻撃の助走に入り、スパイクを打ちます。

サーブレシーブの精度が悪いと、セッターは安定した状態でトスを上げられないので、常に正確なサーブレシーブを返し、セッターが余裕を持ってトスを上げられるように練習しましょう。

より多くのスパイカーが攻撃に絡んだ時は、サーブレシーブがセッターに返っている証拠と言えるでしょう。トス練習、スパイク練習も兼ねて、練習中の集中力を高めるためにも、複合練習を行いましょう。

 

サーブレシーブ複合練習

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

LINEウェブストアでスタンプの購入方法とダウンロードのやり方

LINEウェブストアから「よく使う!バレーボールスタンプ」のクリエイターズスタンプを購入する方法をご

続きを読む

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

フォーメーションで最も基本的な力タチは、セッター以外の5人がサーブレシーブ(レセプション)に入る「W

続きを読む

オデコの前で両手のひらを上にむけ三角形を作る

オーバーハンドパス ボールのとらえ方

オデコの前で三角形を作る意識で練習 オデコの前で両手のひらを上に向け、親指と人差し指で三角形を作る

続きを読む

体を回転させて起き上がるローリングレシーブ

体を回転させて起き上がるローリングレシーブ

遠くに来たボールをレシーブした後は、走りこんが勢いを利用して、体を回転させてすぐに起き上がりましょう

続きを読む

スパイクレシーブの基本姿勢と柔軟性のチェック

スパイクレシーブ(ディグ)の基本姿勢と柔軟性のチェック

前方に落ちるボールに対しては、できるだけ低い姿勢をとることが重要になります。低い姿勢を維持できずにヒ

続きを読む

スパイクのコンビネーションの種類

ブロックが分散しやすいコンビネーションの種類

ブロックが分散しやすいコンビネーションを選択 多彩なコンビで相手ブロックに的を絞らせない 攻

続きを読む

レセプションのポジションのとり方

レセプションのポジションのとり方

役割分担がはっきりするに従って少人数に レセプションのフォーメーションには、5人で取るフォーメ

続きを読む

高く跳んでがっちり止めるコミットブロック

コミットブロックとは?

高く跳んでがっちり止めるコミットブロック スパイカーの正面に早く入り、そのスパイカーのタイミングに

続きを読む

バレーボールのスパイクレシーブ(ディグ)の基本

バレーボールのスパイクレシーブ(ディグ)の基本

ディグとは、レセプション(サーブレシーブ)以外のボールを受ける動作のことをいいます。 特にスパ

続きを読む

攻撃の起点となる正確なサーブレシーブ

攻撃の起点となる正確なサーブレシーブ

サーブレシーブをいかにセッターへ返せるかが、攻撃の鍵を握ります。 サーブレシーブは、遠いボール

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑