*

スパイクレシーブフォーメーション(オープン攻撃)

守備バターン(3)オープン攻撃への対応

両サイドからのオープン攻撃に対する守備では、クロスへのスパイクがくる後衛のポジションどりと、フェイントへの対応をどうするかが大きなポイントになります。

ケース(1)左サイドからの攻撃

コミットブロックの場合

レフトオープン攻撃への対応(コミットブロック)

レフトからの攻撃に対しては、ライト側のB3がコミットで跳び、センターのB2がヘルプで跳ぶ。B1と後衛1はともに下がってクロススパイクに対応し、後衛2は定位置。後衛3はストレートと右へのフェイントに備えてやや下がる。

フェイント守備を重視する場合は、後衛2がやや右に移動して長いストレートもカバーします。3は定位置で守ります。

リードブロックの場合

レフトオープン攻撃への対応(リードブロック)

相手レフトの打ち幅が広い(ク口スもストレートも強い)ときは3人でブロックをします。

クロスがくる後衛1は定位置で守備、後衛2は少し右へ動いて長いスパイクに、後衛3はやや下がってストレートと右側へのフェイントに備えます。

ケース(2)中央からの攻撃

コミットブロックの場合

センターオープン攻撃への対応(コミットブロック)

クイックではなく、センターからの強打に対応するブロック。B2がコミットでの1枚ブロックに跳び、B1とB3はやや下がって左右のフェイントと、相手が打ち損ねた短いスパイクに備える。

後衛1と3は下がって強打に、2は定位置でフェイントをカバーをする。

リードブロックの場合

センターオープン攻撃への対応(リードブロック)

リードブロックで対応する場合は、レフト側のB1とB2がブロックに入り、B3はやや下がってフェイントをカバー。

後衛1は定位置、後衛3はやや下がって長めの強打に備え、後衛2は定位置で長いスパイクとフェイントに備えます。

ケース(3)右サイドからの攻撃

コミットブロックの場合

ライトオープン攻撃への対応(コミットブロック)

右からのスパイクに対しては、レフト側のB1がコミットで跳び、B2が左へ移動してヘルプ。B3と後衛1はともに下がってクロスへのスパイクに備える。

後衛3も下がってストレートのスパイクとフエイントをカバーをする。後衛2は定位置。

リードブロックの場合

ライトオープン攻撃への対応(リードブロック)

相手スパイカーが強力なときは3人で束になりブロックをします。後衛1はストレートへのスパイクとフェイントに備えてやや下がり、後衛2もやや左へ移動して足の長いスパイクに対応します。

クロススパイクがくる後衛3は定位置で守ります。
守備でもフォーメーションに応じたそれぞれの役割を、全員がきちんと理解しておくことが重要となります。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

身長が低くてもバレーボールはできますか?

身長が低くてもバレーボールはできますか?

身長が低くてもバレーボールはできますか? 身長が低くてバレーボールをやったら迷惑だと思われない

続きを読む

スパイクレシーブフォーメーション(クイック攻撃)

スパイクレシーブのフォーメーション(クイック攻撃)

スタートポジションは速攻への対応が基本です。 スパイクレシープのフォーメーションは、相手の攻撃

続きを読む

3人または4人のサーブレシーブフォーメーション

3人または4人のサーブレシーブフォーメーション

バレーボールはより多くの選手が攻撃に絡めるかが重要です。そのため、サーブレシーブに入る人数を最低限に

続きを読む

無回転サーブの打ち方と練習方法

無回転サーブの打ち方

ボールの中心を押し出すようの打つのが無回転サーブの基本です。ボールはネットを越えてから落下の後半で複

続きを読む

アタックラインの前で打てるように上げるバックアタックトス

アタックラインの前で打てるように上げるバックアタックトス

右手でボールをコントロールするバックアタックトス バックアタックのトスは、前衛の攻撃よりもネッ

続きを読む

弓を引くようなイメージで右ひじをしっかりと後ろに引く

直線的でスピードが出るフローターサーブ のコツ

手のひら全体でボールの中心をたたく フローターサーブは、高い位置で打つため、アンダーハンドサー

続きを読む

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

フォーメーションで最も基本的な力タチは、セッター以外の5人がサーブレシーブ(レセプション)に入る「W

続きを読む

ディグのフォーメーション

ディグ(スパイクレシーブ)のフォーメーション一覧

レフト攻撃・ストレートを閉める場合 【1枚プロック】 (2)(3)(4)の選手は、ブロックを抜け

続きを読む

間に合わない時はソフトブロックに切り替える

ソフトブロックとは?

間に合わない時はソフトブロックに切り替える ブロックの準備が遅れると相手スパイカーはその隙を逃さず

続きを読む

「後方へ伸びる」変化するサーブの対処法

「後方へ伸びる」変化するサーブの対処法

「後方へ伸びる」サーブは、すばやく後ろへ移動し、ボールをとらえることが重要です。フットワークが遅れる

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑