*

すばやく反応するためのディグ(スパイクレシーブ)練習

自分の頭上に上げる意識でディグに取り組む

試合を想定した動きを取り入れると効果的

初心者の方はまず、地上から打ってもらったボールをディグ(スパイクレシーブ)する練習から始めましょう。初心者同士の場合など、打つのが難しければ投げてもらってもいいです。だんだん打つボールを強くし、慣れたら跳び箱や台を使って、高いところから打たれたボールをディグできるように練習しましょう。ディグは、自分の頭上に上げる意識で取ると、自チームのコートの中に上がりやすい。

レベルアップしてきたら、実際の試合を想定したディグ練習を行う。例えば相手のレセプションからの攻撃では、ディグはまず対クイックのポジションに入り、そこから対サイドのポジションに移動するので、そうした動きを取り入れた練習は効果的だ。また、パスを絡めた練習を取り入れるのもおもしろい。

■対クイックの練習

対クイックの練習

中央に台を置き、台上からクイックを想定しスパイクを打つ。

クイックの時はスパイカーからの距離が短いので、「自分の頭上に上げる」意識がより大切です。

■対サイド攻撃の練習

対サイド攻撃の練習

対サイド攻撃のポジションに入って行うディグ練習。ストレート、クロスのスパイクを想定して両方のコースを受ける。

スパイクが打たれる瞬間は、スパイカーにしっかり体を向けて、静止します。ボールの動きをしっかり確認しましょう。

■クイック、サイドを組み合わせた練習

クイック、サイドを組み合わせた練習

対クイック、対サイドのディグを組み合わせて3本連続で行う練習。フェイントを混ぜてもいい。

(1)まず対クイックの位置に構えクイックをディグ
(2)すぐに対サイドの位置に下がり、ストレートスパイクをディグ
(3)(1)の位置に戻りクロススパイクをディグ

■パスを絡めたディグ練習下

パスを絡めたディグ練習下

(1)コーチや他の選手がチャンスボールを入れる
(2)セッターにパスを正確に返す
(3)すばやくディグの位置に移動する
(4)ストレートスパイクをディグする

本数を設定しながら、しながら、飽きないように回転良く

ディグの場合も、「1人3本上がったら交代×2セット」など本数を設定するといいです。回転をよくしたければ、1本上がれば交代でもいい。1人に時間がかかりすぎると他の選手が飽きてしまうので、「5本打って上がらなければ交代」などリミットを決めるのも一つの手です。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

ブロックとディグの連携を高める

ブロックとレシーブ(ディグ)の連携を高める

コートの中での約束事、守備範囲を明確に ブロックとレシーブ(ディグ)の連携を高める練習 ブロック

続きを読む

目標を設定したサーブレシーブの練習方法

カタチづくり 最初はネットを使わずに9mほど離れた距離からサーブを打ち、基本のフォームを確認しまし

続きを読む

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

ボールに負けない強い面を作る スパイクに対するアンダーハンドでのレシーブは、強いサーブのレシーブよ

続きを読む

試合を想定したゲーム練習

試合を想定したゲーム練習

ディフェンス、オフェンスを総合的にチェック ゲーム形式で課題を見つけて、個別練習に反映させる

続きを読む

ランニングジャンプフローターサーブ

長い助走の勢いを活かしたランニングジャンプフローターサーブ

助走距離を長くとり、片足で踏み切る 斜めや横方向に助走することで、ジャンプフローターサーブより

続きを読む

オーバーハンドパスは下半身の動きが大切

オーバーハンドパス ボールをとる時の動き方

オーバーハンドパスは下半身の動きが大切 オーバーハンドパスは一見、手でボールを運んでいるように見え

続きを読む

身長が低くてもバレーボールはできますか?

身長が低くてもバレーボールはできますか?

身長が低くてもバレーボールはできますか? 身長が低くてバレーボールをやったら迷惑だと思われない

続きを読む

トスを上げたい方向のポールを目標にして上げる

アンダーハンド二段トスのやり方

腕の振りとヒザを使って、ボールを高く上げる オーバーハンドでは上げられない低い位置からのトスを上げ

続きを読む

人数が少なくてもできるゲーム練習

人数が少なくてもできるゲーム練習

ゲーム形式でモチベーションを上げよう 課題がわかる総合的な練習 チームや個々の選手の課題を見

続きを読む

スパイクレシーブのフォーメーション種類

スパイクレシーブのフォーメーション種類

スパイクレシーブのフォーメーションは、ブロックとの連携がとても重要となります。 レシーブが上が

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑