*

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

最後まであきらめずにボールの下へ手を伸ばす

予想より前へゆるく落ちてくるボールを、比較的高い位置で拾うレシーブに適した方法がフライングレシーブ、片手でないと間に合わないようなスパイクを床面すれすれで拾うのがスライディングレシーブです。

どちらもレシーブ後の受身である「跳ぶ」「滑る」という動作より、いかにあきらめずにボールに飛びつくかが重要なポイントとなります。特にスライディングレシーブは、ボールと床面との間へ片手をねじ込むようなつもりで、果敢に突っ込んでいきたいです。

スライディングレシーブは練習をしないとなかなか難しいので、初めはボール上から落としてもらい、ヒザをつきながらボールと床面に片手を滑りこませる感覚をつかみましょう。

感覚が掴めるようになったらスライディングのみを練習して、スライディングが出来るようになったら、遠くの方で、ボールを落としてもらい、スライディングレシーブをしてボールを上げてみましょう。

 

フライングレシーブ

床を蹴り、両手を前に伸ばしながらボールに飛びつきます。

(1)ボールの落下点を見極めてスタートします。

(2)左足で床を蹴り、両手を前に伸ばしながらボールに飛びつきます。

(3)ヒザあたりの高さで両手レシーブします。

(4)手を上に振り上げます。

(5)両手のひらを同時に床につけて着地をする。

(6)両手で体を前に滑らせる

 

着地に注意
飛んでから両手を着いて前へ滑るフライングレシーブは、慣れないと手首を傷める恐れがあります。超手で滑らかに着地できるよう、繰り返し練習しておきましょう。

 

腕の振りを使う
高さがあるのでレシーブ時に両腕を振る余裕があり、レシーブをする瞬間に腕を上に軽く振ればセッターへ高いボールが送れます。

 

スライディグレシーブ

片手でボールの下にねじ込む

(1)ボールの落下地点へ滑り込むつもりで体を運ぶ

(2)ボールと床の間に手を滑り込ませる

(3)レシーブの後は体の側面で床を滑る

 

 

アタックラインを目標に

スパイクレシーブは、できるだけ高いボールをアタックラインあたりへ返すのを目標にしましょう。

フェイントのカバーでネットよりやや後ろに下がっているセッターによっても処理しやすい位置になります。

 
このページを読んだ人にお勧めのページ

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

サーブレシーブの 連携を高めて おくことが大切

サーブレシーブの連携を高める

サーブレシーブ(レセプション)の精度を確実に上げるには、チームメイトとのポジションニングや守備範囲で

続きを読む

試合を想定したゲーム練習

試合を想定したゲーム練習

ディフェンス、オフェンスを総合的にチェック ゲーム形式で課題を見つけて、個別練習に反映させる

続きを読む

LINEウェブストアでスタンプの購入方法とダウンロードのやり方

LINEウェブストアから「よく使う!バレーボールスタンプ」のクリエイターズスタンプを購入する方法をご

続きを読む

ドライブサーブの打ち方

ドライブサーブの打ち方

スナップを効かせてボールに強いドライブをかける 体をサイドラインへ向け、ネットに直角の体勢から、腕

続きを読む

バレーボール サーブのコントロールを身につける

バレーボール サーブのコントロールを身につける

サーブのコントロールを徹底的に身に付ける! 【至近距離サーブ】 目標物を狙う時は、距離が遠ければ

続きを読む

アゴが上がるとバックトスだと気づかれます

スパイカーの距離を把握して上げるバックトス

前方へのトスと同じ位置から、背後へトス バックトスは、セッターが前を向いたまま、後ろへ上げるト

続きを読む

ブロックフォローのフォーメーション

ブロックフォローのフォーメーション

可能な限り、全員でフォローする! スパイクは「1本では決まらないもの」という意識で 「スパイクは

続きを読む

バレーボールをすると本当に身長が伸びるんですか

バレーボールをすると本当に身長が伸びるんですか?

バレーボールをすると本当に身長が伸びるんですか? ジャンプをすると背が伸びたりするんですか?

続きを読む

勢いのつく助走のとり方

スパイクで勢いのつく助走のとり方

3歩助走は、1歩目は小さく、2歩目は少し大きくリズムに乗り、3歩目は大きくカカトから踏み込みます。助

続きを読む

狙ったコースに強いサーブを打つ練習

狙ったコースに強いサーブを打つ練習

本数を多く打つことが上達の近道 相手が嫌がるコースにサーブを打つ練習 まずは自分のサーブ位置

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑