*

足首の使い方を意識してアンダーハンドレシーブをしよう

補助動作を取り入れて足首の使い方を意識しよう

アンダーハンドレシーブをマスターするポイントは、必ず前方の足首を曲げた状態でボールを受けることです。

曲げた状態であれば、しっかり足首の力を使っている証であり、逆に足首が伸びてしまうと、前傾姿勢になったり、アゴが上がってしまうので、ボールの下に入れず安定した面が作れなくなってしまいます。

基本フォームを身につける時に大切になってくる足首。この足首の力をしっかり使っているか、チェックする方法があります。レシーブした後にそのままの姿勢でヒザを前に出して進み、その後、腰を深く落として沈み込みましょう。

この時、ヒザが前に出ていないと姿勢が崩れ、足首を使った沈み込みがうまくできません。この沈み込み動作ができれば、ヒザが前に出て足首の力を使ってレシーブしていることになります。

この沈み込みのように、正しいフォームを身につけるために必要な前後の動作を「補助動作」と言います。練習の時に補助動作を入れると、「足首を使わなければいけない」という意識が自然に生まれるので、取り入れてみましょう。

また、レシーブだけではなく、「ロングオーバーハンドパス」も、ボールを送り出した後に屈伸ジャンプができていれば、足首の力を使ってボールを送り出している証拠ですので、チェックしてみましよう。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

勢いのつく助走のとり方

スパイクで勢いのつく助走のとり方

3歩助走は、1歩目は小さく、2歩目は少し大きくリズムに乗り、3歩目は大きくカカトから踏み込みます。助

続きを読む

ローリングレシーブの基本

ローリングレシーブの基本

ローリングレシーブは普通のレシーブの構えからスタートします。ボールが遠いと判断したら、大きく足を踏み

続きを読む

サーブの勢いに負けないように腕はしっかり止めて振らないこと

左右にきたボールのとり方(オーバーカット・レセプション)

近年は女子でもジャンプサーブが増え、スピードとパワーのあるサーブを受けることが多くなりました。

続きを読む

「落ちる」「曲がる」変化するサーブへの対処法

「落ちる」「曲がる」変化するサーブへの対処法

変化するサーブには、「落ちる」「曲がる」「伸びる」などいろいろな種類があります。その中でも前方に落ち

続きを読む

オーバーハンドでサーブレシーブをする基本姿勢

オーバーハンドでのサーブレシーブの基本姿勢

ボールに負けないよう体の前でキャッチする アンダーハンドでレシーブより機会は少ないが、高く来たサー

続きを読む

スパイクを打つ時にひざを曲げて打つにはどうしたらいいの?

スパイクを打つ時にひざを曲げて打つにはどうしたらいいの?

バレーボール選手はスパイクを打つ時に、ひざが曲がっているんですが、どうやったら曲がるんですか?

続きを読む

レセプションのフォームを身につける

サーブカットの基本フォームを身につける

正しいフォームで、本数を多く練習することが大切です 集中して効率よくさまざまなサーブを受けよう

続きを読む

速いボールに反応するアンダーハンドレシーブ

速いボールに反応するアンダーハンドレシーブ

スパイクなどの早いボールをレシーブする時に用いるのが、アンダーハンドレシーブです。パスに比べてボール

続きを読む

オーバーハンドパスは下半身の動きが大切

オーバーハンドパス ボールをとる時の動き方

オーバーハンドパスは下半身の動きが大切 オーバーハンドパスは一見、手でボールを運んでいるように見え

続きを読む

高さより早い移動と早いジャンプが重要なリードブロック

リードブロックとは?

高さより早い移動と早いジャンプが重要なリードブロック セッターのトスの方向を見極めてブロックに入る

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑