*

足首の使い方を意識してアンダーハンドレシーブをしよう

補助動作を取り入れて足首の使い方を意識しよう

アンダーハンドレシーブをマスターするポイントは、必ず前方の足首を曲げた状態でボールを受けることです。

曲げた状態であれば、しっかり足首の力を使っている証であり、逆に足首が伸びてしまうと、前傾姿勢になったり、アゴが上がってしまうので、ボールの下に入れず安定した面が作れなくなってしまいます。

基本フォームを身につける時に大切になってくる足首。この足首の力をしっかり使っているか、チェックする方法があります。レシーブした後にそのままの姿勢でヒザを前に出して進み、その後、腰を深く落として沈み込みましょう。

この時、ヒザが前に出ていないと姿勢が崩れ、足首を使った沈み込みがうまくできません。この沈み込み動作ができれば、ヒザが前に出て足首の力を使ってレシーブしていることになります。

この沈み込みのように、正しいフォームを身につけるために必要な前後の動作を「補助動作」と言います。練習の時に補助動作を入れると、「足首を使わなければいけない」という意識が自然に生まれるので、取り入れてみましょう。

また、レシーブだけではなく、「ロングオーバーハンドパス」も、ボールを送り出した後に屈伸ジャンプができていれば、足首の力を使ってボールを送り出している証拠ですので、チェックしてみましよう。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

ランニングジャンプフローターサーブ

長い助走の勢いを活かしたランニングジャンプフローターサーブ

助走距離を長くとり、片足で踏み切る 斜めや横方向に助走することで、ジャンプフローターサーブより

続きを読む

スパイクレシーブフォーメーション時間差攻撃

スパイクレシーブのフォーメーション(時間差攻撃)

守備パターン(2)時間差攻撃への対応 時間差攻撃に対しては、コミット、リードどちらのブロックフォー

続きを読む

タッチの狙いどころ

タッチの落とし方

タッチは相手のコートの中央から後方にボールを押し込むテクニックです。狙いどころは、フェイントよりも遠

続きを読む

ネットの白帯に沿って腕を相手コート側に出していく

相手の攻撃を阻止する第一の壁ブロックの基本フォーム

ブロックの基本フォーム ブロックは、最前線のディフェンスです。相手の攻撃に対して壁を作り、スパ

続きを読む

バレーボールの基本となるオーバーハンドパス

コントロールしやすいオーダーハンドパス

「ボールを丁寧に運んであげる」とう気持ちで パスは、バレーボールの一番基本となるプレーで、もっとも

続きを読む

バレーボールをすると本当に身長が伸びるんですか

バレーボールをすると本当に身長が伸びるんですか?

バレーボールをすると本当に身長が伸びるんですか? ジャンプをすると背が伸びたりするんですか?

続きを読む

こぶしがボールに当たるようにしっかりとボールを見る

一番マスターしやすいアンダーハンドサーブ

腕を振り、ボールをすくい上げるように打つ サーブ中で初心者が一番マスターしやすいのがアンダーハ

続きを読む

オーバーハンドでサーブレシーブをする基本姿勢

オーバーハンドでのサーブレシーブの基本姿勢

ボールに負けないよう体の前でキャッチする アンダーハンドでレシーブより機会は少ないが、高く来たサー

続きを読む

初心者が高校からバレーボール部に入っても大丈夫ですか?

高校からバレーボール部に入っても大丈夫ですか?

【質問】 高校からでもバレーボール部に入ろうと思っているんですが、初心者の人でもやっていけるの

続きを読む

バレーボールスパイクコースの打ち方

バレーボールスパイクコースの打ち方

正しいフォームでスパイクを打てるようになったら、コースの打ち分ける練習をしましょう。 レフトか

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑