*

ソフトブロックとは?

間に合わない時はソフトブロックに切り替える

ブロックの準備が遅れると相手スパイカーはその隙を逃さず、ブロックアウトを狙ってくる可能性があります。またおもいっきりスパイクを打ってきます。

その心理を逆手にとるのが、ソフトブロックです。ブロックが間に合わないと判断した時は、ワンタッチを狙うソフトブロックでボールの勢いを軽減させるようします。

ボールを手のひらを上に向けて、ボールの勢いを弱めるので、後ろのレシーバーは拾いやすくなります。最後までブロックを諦めずに手のひらに当てることを目標にしましょう。

 

ソフトブロックのやり方

(1)踏み込みは通常のブロックと同じです
(2)相手コートを確認してタイミングをはかります
(3)ボールがネット上を越えるときに、手のひらをあてるようにしてブロックします
(4)手のひらを上に向け、ボールの勢いを弱めるようにします

 

移動が遅れた時に使うソフトブロック

ソフトブロックは、移動が遅れてしまった時に有効的です。腕を斜めにしてボールを当てにいってもいいと思います。

 

手のひらを上に向けるようにする

ブロックが間に合わないと判断したら、手を前に出さずに、手のひらを上に向け、ボールをさわるようにしましょう。
身長の引く選手にとっては、ソフトブロックは有効的なスキルとなります。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法

家の中で1人でできるバレーボールの練習方法 バレーボールを始めたばかりの中学1年です。 早く

続きを読む

対人レシーブの練習のポイント

対人レシーブの練習のポイント

対人レシーブは、あらゆるテクニックが習得できる基本練習となります。また、チーム全員が同時にできるため

続きを読む

オーバーハンドパスは下半身の動きが大切

オーバーハンドパス ボールをとる時の動き方

オーバーハンドパスは下半身の動きが大切 オーバーハンドパスは一見、手でボールを運んでいるように見え

続きを読む

得意なほうを空けておく

サーブカット・サーブレシーブ(アンダーハンドレセプション)

レセプションでの(サーブレシーブ)の出来が勝敗を分ける 腕の面を必ずセッターに向ける レセプ

続きを読む

バレーボールのスパイクレシーブ(ディグ)の基本

バレーボールのスパイクレシーブ(ディグ)の基本

ディグとは、レセプション(サーブレシーブ)以外のボールを受ける動作のことをいいます。 特にスパ

続きを読む

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

スパイクレシーブ(アンターハンド)の基本準備

ボールに負けない強い面を作る スパイクに対するアンダーハンドでのレシーブは、強いサーブのレシーブよ

続きを読む

レセプションのフォームを身につける

サーブカットの基本フォームを身につける

正しいフォームで、本数を多く練習することが大切です 集中して効率よくさまざまなサーブを受けよう

続きを読む

初心者が高校からバレーボール部に入っても大丈夫ですか?

高校からバレーボール部に入っても大丈夫ですか?

【質問】 高校からでもバレーボール部に入ろうと思っているんですが、初心者の人でもやっていけるの

続きを読む

スパイクのコース打ち分け方

スパイクのコースの打ち分け方

正しいフォームでスパイクを打てるようになったら、コースを打ち分ける練習をしましょう。 レストか

続きを読む

目線を一定にした状態でジャンプの準備

短い距離を移動するサイドステップ

ブロックの移動には「サイドステップ」「クロスステップ」がありますが、相手の攻撃に対する移動の距離によ

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑