*

試合前・当日にすること

試合が近づけば、胸が高鳴りわくわくすると同時に、不安になったりもします。強い選手・チームの試合前日・当日の過ごし方を参考にしてみてください。

試合前日までにすること

試合前は、ビデオとデータを見て、コンビネーションなどの再確認と、相手チームの分析に当ててください。前日は熱心にビデオで自チーム・相手チーム両方の研究をするのです。

まずは自分たちのプレーについての確認。コンビを組んでいるプレーヤー同士で話し合い、お互い相手にどう動いてもらうとスムーズに攻撃できるか、整理します。そして、自分たちのプレーをビデオで見て、その話し合いで出た結論でいいか、他に注意することはないのかをひとつひとつ細かくチェックします。

アタッカーの場合

  1. フォームの確認。助走、踏み切る位置、踏み切るタイミング、ネットとの距離、上半身の反り具合、左右の手の動きは十分か、ミートのタイミング・振り切り方、着地など
  2. 相手ブロッカーが何枚、どのコースについていて、自分はそれに対してどう対処しているか
  3. 自分はどこに目線をやり、どのコースに打っているか
  4. 自分が打ったとき、ブロックとレシープはどこが空いていたか
  5. どのパターンのコンビネーションが一番有効か

レシーバーの場合

  1. フォームの確認。腕の使い方は適切か、体重移動は上手くいっているか
  2. ボールの落下地点を予測して、すばやくその下に移動できているか
  3. 自分と他のレシーバーとの位置関係
  4. プロック位置とレシーブ位置の関係

サーブの確認

  1. 安定したトスを上げられているか
  2. フォーム、ミートのタイミング
  3. 自分が思ったところに打ち込めた確率をチェック
  4. 自分が打ったコースと相手の守備ポジションとの関係を考えて、もっと有効な穴がなかったか考える

相手チームの分析

  1. 誰が一番得点力が高いか
  2. その選手の一番打ちやすそうなコースはどこか
  3. チーム全体でどのような攻撃パターンをいくつ持っているか
  4. 攻撃パターンごとの大体の決定率
  5. どこにサーブを打つと、どんな攻撃で返ってくるか
  6. 誰をねらってサーブを打つのが一番有効なのか

 
これらを各自確認し、ここまでやってきたことに自信をもって、前日はゆっくりと休むことが大切です。

試合当日にやること

会場チェック

試合で初めて訪れた体育館は戸惑うことが多いもの。会場に入って真っ先にすることは、天井の高さ、照明の位置、壁やフェンスとコートとの位置関係です。特にセッターは天井の高さとアンテナを十分にチェックし、感覚をつかみます。

試合前の練習

試合前は、あまり緊張しないで、けれど集中して練習に臨んでください。いつもより良いプレーをしようと構えるのではなく、いつも通りのプレーをしよう、と自分に言い聞かせるようにしましよう。私のとっておきの当日練習のコツ。それは、最後のサーブ練習で納得できるー本で終わらせること。これが本番でサープを平常心で打つことにつながります。

試合は「いつも通り」の「自分たちのバレー」を

普段とはほど遠い状態に追い込まれ、いつも通りの自分たちのバレーをすることが難しく、「すごい、強そう、負けるかも」といった感情を相手に抱いてしまった瞬間から、負けてしますのものです。気持ちで負けてはいけません。どんな対戦相手を前にしても「大丈夫!」「平気!」と心から思える強い精神力を養いましょう。相手のチームも同じような精神状態になるものです。いつもどおりの力が出せるので勝つ可能性が高まります!

これ強くなれる!

  1. 試合前日は自分たちのプレーを確認する
  2. 試合当日は会場をしかりとチェックする
  3. 何よりもいつも通りのプレーをすることを心がける
この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

バレーボールでジャンプ力を上げる方法と鍛え方とは

バレーボールでジャンプ力を上げる方法

【質問】 バレーボールをしているのでが、ジャンプ力があまりありません。身長が低いのでどうしてもジャ

続きを読む

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に

腹筋、背筋、ストレッチなど基本を大切に 体の成長段階によって適したトレーニングは違いますが、バ

続きを読む

バレーボールのボールインとボールアウトに

ボールインとボールアウトについて

ライン際の判定でどうなったらインなのかアウトなのかわからない選手がいると思います。 よく言われ

続きを読む

チームの特長に合わせた戦い方

チームの特長に合わせた戦い方を考える

十人十色といわれるように、チームにもひとつひとつバランスがあります。当然、それぞれのチームが得意とす

続きを読む

バレーボール年代別ネット高さ

バレーボール 年代別のネットの高さ

ネットの高さは年代によって日本独自にルールによってバレーボールネットの高さが異なります。年代別では一

続きを読む

バレーボールの新用語

バレーボールの新用語

知っておきたいバレーボールの新用語 国際ゲームのテレビ中継、またはトップチームの技術解説書など

続きを読む

6人制バレーボールのルール (サーブ・リベロ・スパイク・ブロック)

6人制バレーボールのルール (サーブ・リベロ・スパイク・ブロック)

サーブのルール サーブの順番 第1セットの最初のサービスは、トスの結果サービス権を得たチームが行

続きを読む

レシーブの専門職人(リベロ)

レシーブの専門職人(リベロ)

守備に卓越したプレイヤー(リベロ) リベロとは、守備の専門のポジション。1996年ワールド・グラン

続きを読む

キャプテンとマネージャーの役割

キャプテンとマネージャーの役割

キャプテンは、実力があるのはもちろんのこと、他のチームメイトを盛り上げ。メンバー全体の信頼に応えられ

続きを読む

プレッシャーに弱い人が克服する方法

プレッシャーに弱い人が克服する方法

強くなるためには、からだだけでなく、精神力も大切になってきます。これは、バレーを始めたばかりの皆さん

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑