*

スパイクのコースの打ち分け方

正しいフォームでスパイクを打てるようになったら、コースを打ち分ける練習をしましょう。

レストからクロスへ打つ時は身体の右側でボールをとらえ、スイングした後のフォロースルーでは、親指が右太腿の脇に当てるようにします。

ストレート打ちは、顔のやや正面でボールをとらえ、フォロースルーでは親指が左太腿に当たるような意識で振り下ろします。
 
スパイクのコース打ち分け方

ジャンプをの踏み切りで体の方向を変えて、スパイクと体の向けに合わせてスイングします。ストレートへ打つ時はネットに正対するようなジャンプをし、クロスへの角度をつける時は、通常よりさらに内側へ体をにひねったジャンプをします。
 

クロス打ち

トスが上がってきた方向、顔の右側付近でボールをとらえます。レフト・ライトの両サイドからフルスイングで対角線上に打ち込む、足の長いスパイクです。スパイクの中で最もオーソドックスな形でエースが真っ向勝負を挑む時に使います。高さとパワーがあり、強打であることが特徴です。

ストレート大きな違いは、ボールを打つ位置とスパイク後の腕の振り下ろし方。ボールの中心より左または右側を叩き、その逆側に振り下ろします。

鋭角なコースを狙って

まっすぐにボールを叩きつけるストレートに対して、クロスは打つポジションにより、ボールの左右どちらかの側を叩きます。また打つ時に内側から親指を巻き込むと、コースが鋭角になります。

ポイント

サイドから対角線上に打ち込むのが基本。助走は3助走または5助走で。ネットに対して上体をやや内側に向けて打つのがベストです。踏み切りの時に外側の足を軸にして飛びます。

 

ストレート打ち方

トスがアンテナ側まで来るのを待ち、顔の正面でボールをとらえます。ストレートはサイドラインギリギリを狙うオープン攻撃です。スパイクコースは文字通りまっすぐにサイドを狙うので、クロスと比べラインを超えやすいというデメリットがあります。

しかし、クロスよりも距離が短いので鋭角になり、レシーブしにくいメリットもあります。助走はクロスよりもコートのやや内側から入り、そのまま踏み切って打ちましょう。

クロスを向いてストレートも

身体はクロスの方向を向きながらストレートを打つ方法もあります。腕を交差させるようにして、まっすぐストレートを打ちます。ボールの正面か、やや右寄りを打ってください。前にブロックッカーがいる場合などに有効です。

ポイント

上体はややネットと正対するようにな感じで助走を開始し、そのまま踏み切って打ちます。救急レベル以上に上達してからは、助走の段階からクロスに走るふりをして相手をだますこともできます。

 

練習法1

タオルを目標にコースを打ち分けよう

練習したいコースのネットの上にタオルをかけて、タオルめがけてスパイクを打ちましょう。タオルを視野に入れて、白帯のどの位置を狙うとどのコースに打てるのかを確認。コース打ちに慣れるまでは目標設定を近くに置きましょう。

練習法2

フォロースルーをマスターしよう

ボールを使わずにスイングからフォロースルーまでの基本フォームを身につけましょう。ボールをとらえる位置とフォローフルーで親指が太腿に当たる位置を確認しながら、クロス、ストレート、両方のフォームをマスターしましょう。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

バレーボールスパイクの基本

バレーボールスパイクの基本

スパイクはバレーボールでの中で一番得点につながる攻撃 スパイクはバレーボールの攻撃の柱。もっとも得

続きを読む

二段トスの上げ方

二段トスの上げ方

二段トス(ハイセット)は、レシーブボールが乱れネットから離れた位置から上げるトスのことです。セッター

続きを読む

ディグのフォーメーション

ディグ(スパイクレシーブ)のフォーメーション一覧

レフト攻撃・ストレートを閉める場合 【1枚プロック】 (2)(3)(4)の選手は、ブロックを抜け

続きを読む

バレーボール サーブの基本練習方法

バレーボール サーブの基本練習方法

サーブの飛距離を伸ばし力強いサーブを打つ為には サーブがネットまでなかなか届かない人や、サーブが入

続きを読む

ブロックカバーの構え方とフォーメーション

ブロックカバー(ブロックフォロー)のやり方

味方のスパイクが相手にプロックされることを想定し、それをカバーをするのがブロックカバーとなります。

続きを読む

3人または4人のサーブレシーブフォーメーション

3人または4人のサーブレシーブフォーメーション

バレーボールはより多くの選手が攻撃に絡めるかが重要です。そのため、サーブレシーブに入る人数を最低限に

続きを読む

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

フライングレシーブ・スライディングレシーブの基本

最後まであきらめずにボールの下へ手を伸ばす 予想より前へゆるく落ちてくるボールを、比較的高い位置で

続きを読む

指先を狙ってボールを弾き飛ばそう

ブロッカーの外側の腕や小指を狙うブロックアウト

ブロックアウトは相手ブロッカーの手を狙って打ち、ボールをコートの外に弾き出すテクニックのことです。

続きを読む

前方にきたボールのとり方

前方にきたボールのとり方(レセプション)

相手サーバーがボールを打った瞬間にコースを予想して移動 サーブは単なるパスとは異なり、前に落ちる、

続きを読む

アゴが上がるとバックトスだと気づかれます

スパイカーの距離を把握して上げるバックトス

前方へのトスと同じ位置から、背後へトス バックトスは、セッターが前を向いたまま、後ろへ上げるト

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑