*

時間差攻撃のバリエーション(コンビバレー)

前衛の2人~3人のアタッカーのコンビネーションで攻撃を行います。

基本はクイックのタイミングで入ったスパイカーが相手ブロッカーを引き寄せ、もう1人のスパイカーが別の位置から早い攻撃をしかけるというのが時間差攻撃です。

ブロッカーが両サイドにいることの多いチームに対して、1人残っている相手センターを2人で囲んで攻めるというような形でよく使います。

セッターを中心にしたコンビネーションが問われる攻撃方法ですが、どのパターンであっても見せかけに使うクイック攻撃が強力であればあるほど、相手ブロッカーをうまく引き寄せることができることも覚えておきましょう。

攻撃パターン(1) Aクイックをおとりで攻撃

攻撃パターン(1) Aクイックをおとりで攻撃をする

時間差攻撃の基本ともいえる形で、テンポでいえば[エー1]から[オー2]のパターンです。

ダミーのジャンプをするスパイカーがAクイックのタイミングで入り、もう1人がその左に入って打つというフォーメーションです。

実際に打つスパイカーが、右からダミーの後ろを回って入る形と、左から横に並ぶように入る形もあります。

Aクイックをからめる時間差攻撃はバリエーションが多いので、チーム内でしっかり練習をしておきましょう。

相手のセンターブロッカーを2人で攻める形となります。(1)がダミーのジャンプをして相手ブロッカーを誘い、(2)か(3)がその左から入って早いタイミングで打つ攻撃パターンとなります。

ライトからの[オー2]の攻撃は、ライトブロッカーがセンターポジションまでブロックに行きにくいので、とても効果的な時間差攻撃となります。

攻撃パターン(2) Bクイックをおとりで攻撃

Bクイックをおとりで攻撃をする

「ダミーで跳ぶスパイカー(1)がBクイック([カー1])のタイミングで入って相手センターを左へ振り、(2)がライト側から入って[エー2]で打つというフォーメーション。Bクイックで入るスパイカー(1)が[カー1]から[エー2]へ移動して打つ「1人時間差]も可能です。Aクイック同様、Bクイックを使う時間差攻撃もパターンが多いので効果的に使えます。

(1)がBクイックのタイミングで入り、(2)が[エー2]で打つ。(1)が自分で[エー2]へ移動して打つ方法もあります。
相手センターが(1)に振られていれば、(2)はフリーで打つことができます。

攻撃パターン(3) バリエーション1([工ー1]と見せかけて[カー2]へ)

Aクイックと見せかけて前セミ
ダミーで跳ぶスパイカーがAクイック([エー1])のタイミングで入り、セッターがレフトへ長めの早いトスを上げて、もう1人が打つというフォーメーション。ダミーの動きで相手のセンターを止めることができれば、相手はサイド1枚のブロックで対応せざるをえなくなる。

 

攻撃パターン(4) バリエーション2([ウー1]と見せかけて[エー2]へ)

Cクイックと見せかけて前セミ
ダミーで跳ぶスパイカーと時間差を打つスパイカーの助走コースが交差するフォーメーション。ダミーで飛ぶスパイカーは、[ウー1](Cクイック)のタイミングで入って相手センターを右へ振り、セッターが前へのトスに切り替えてライトが[エー2]で打つといパターンとなります。

攻撃パターン(5) バリエーション3([アー1]と見せかけて[エー2]へ)

ブロードと見せかけて前セミを打つ
ワイド攻撃のロングダミーに使い、ライト側から助走のコースを交差するようにもう1人入って、センター付近でスパイクを打つとうフォーメーション。セッターがトスを前へ切り替える形のほかに、バックのまま短く出す形もあります。

攻撃パターン(6) バリエーション4([カー1]から[エー2]と見せかけて[キー2]へ)

AクイックとBクイックと見せかけて前セミを打つ

実際に打つスパイカーもダミーの動作を1回加えるフォーメーション。まず、ダミーで跳ぶスパイカーがBクイックの動きで相手ライトブロッカーを右へ振り、実際に打つスパイカーも1度[エー2]への動きを見せてから左へ助走して[キー2]でスパイクを打ちます。

(1)は[カー1](Bクイック)で入り、(2) は[エー2]へ1度動いてから左へ方向 を変え「キー2]で打ちます。

攻撃パターン(7)バリエーション5([ウー1]から[エー2]と見せかけて[イー2]へ)

CクイックをAクイックをおとりにしてバックセミを打つ

これも実際に打つスパイカーがダミーの動きを入れるフォーメーション。ダミーで跳ぶスパイカーがCクイック[ウー1]のタイミング入り、さらに実際に打つスパイカーが[エー2]への動きを見せることで相手センターとレフトを左へ動かし、実際には[イー2]でスパイクを打ちます。

(1)はCクイックのタイミングでジャンプ。 (2)は左へ斜めに入ると見せかけてから、方向を右に変え[イー2]で打ちます。

時間差攻撃はブロックされないように、いかに相手のブロッカーがブロックしにくいように攻撃するかが大切になります。

でもその前に、サーブカットやチャンスボールなどをしっかりセッターに返せるかがポイントになります。セッターが上げにくボールでしたら時間差攻撃を使うことができません。

クイックを軸にセミアタックを打つことでブロッカーがブロックをやりにくいパターンをチーム内で練習をしてみてください。

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

上体を右にひねりながら右腕を引く

オープンスパイクの基本

レスト、ライトに上がった高いトスに対して助走して、高いところでボールをとらえてスパイクを打つのが、オ

続きを読む

背の低い人がスパイク打つにはどうすればいいですか

背の低い人がスパイク打つにはどうすればいいですか?

身長が低いのでスパイクを打つのは諦めていましたが、同じ身長が低い人がスパイクを打っているのを見てでき

続きを読む

バレーボールをすると本当に身長が伸びるんですか

バレーボールをすると本当に身長が伸びるんですか?

バレーボールをすると本当に身長が伸びるんですか? ジャンプをすると背が伸びたりするんですか?

続きを読む

下半身、ヒジ、手首をつかってボールを送り出しましょう

スパイカーが打ちやすいトスを上げる トスの基本

スパイカーが100%の状態で打てるトスが第一 トスを上げる時に心がけていることは、スパイカーが

続きを読む

腕を引く時、自分の耳の上を触るイメージ

得点を奪うために欠かせないスパイクの基本練習

 高い打点からしっかりとボールの上側をたたく スパイクは、得点を取るために欠かせないプレー。自

続きを読む

レセプションのポジションのとり方

レセプションのポジションのとり方

役割分担がはっきりするに従って少人数に レセプションのフォーメーションには、5人で取るフォーメ

続きを読む

サーブカットの練習方法

サーブカット(レセプション)の練習方法

サーブカットを練習する時は、前後左右で誰がとるのかしっかり声を出してサーブカットの練習することがとて

続きを読む

スパイクのコンビネーションの種類

ブロックが分散しやすいコンビネーションの種類

ブロックが分散しやすいコンビネーションを選択 多彩なコンビで相手ブロックに的を絞らせない 攻

続きを読む

バレーボール サーブの基本練習方法

バレーボール サーブの基本練習方法

サーブの飛距離を伸ばし力強いサーブを打つ為には サーブがネットまでなかなか届かない人や、サーブが入

続きを読む

バレーボールスパイクの基本

バレーボールスパイクの基本

スパイクはバレーボールでの中で一番得点につながる攻撃 スパイクはバレーボールの攻撃の柱。もっとも得

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑