*

バレーボール サーブの基本練習方法

サーブの飛距離を伸ばし力強いサーブを打つ為には

サーブがネットまでなかなか届かない人や、サーブが入る確率をもっとあげたい、サーブの飛距離を伸ばしたい人、スピード、持久力、正確性を付けたい人に、わかりやすく練習方法をご紹介します。

【壁打ちサーブ】

(1)最初はアタックラインから、相手コート越しにある壁に向かってサーブを打ちます。初めは上手くいかないかもしれませんが、サーブの練習を繰り返しやることによって、だんだんと届くようになります。

(2)アタックラインから相手コートの金に届くようになったら、そこから3mずつ後ろに下がり、エンドラインから壁に向かって届くようになるまでサーブを繰り返し練習しましょう!

【連続サーブ】

スピードのあるサーブを打つには、正しいフォームでコンパクトなスイングから体重を移動させて力強いサーブを打つことが必要です。すばやいスイングとパワーが必要な持久力をつけるためには、ボールを受けとり、間髪入れずに10本連続でサーブを打ちます。

(1)早く打つ意識を持ちながらも、しっかりとスイングを行い、体重を乗せたサーブを打ちます。ボールを渡す人は、すぐに渡す準備をしておきましょう。

(2)打った直後は、すぐにボールを受けとりすばやくトスを上げ打ちます。
初めはどういったカタチでもいいので、相手コートにしっかりサーブを入るように繰り返し練習をしてください。練習を繰り返しやることによって、相手コートに入る確率が上がるので、練習で確実に入るようになってください。

しっかりボールを見て、あまりトスを高く上げず、体重移動をしっかりとして、ボールを打ってください。

参考ページ
フローターサーブのコツと練習方法、距離の出し方をわかりやすく教えてください

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

パスと同じ手首から上の範囲にボールを当てるのが理想

アンダーハンドレシーブ

アンダーハンドレシーブは、ディグ(スパイクレシーブ)の基本 低い姿勢から、絶対ボールを落とさない

続きを読む

アゴが上がるとバックトスだと気づかれます

スパイカーの距離を把握して上げるバックトス

前方へのトスと同じ位置から、背後へトス バックトスは、セッターが前を向いたまま、後ろへ上げるト

続きを読む

バレーボールのポジション別に求められる能力

バレーボールのポジション別に求められる能力

バレーボールのポジションは、レフト・ライト(ウィングスパイカー)、センター(ミドルブロッカー)、セッ

続きを読む

サーブの打つタイミングでサーブ効率を上げる

サーブの打つタイミングでサーブ効率を上げる

  サーブを打つ効果的なタイミグのポイントとは 持ち時間をたっぷり使って打つサー

続きを読む

肩の力を入れず右上60度ぐらいに自然に腕を伸ばし、わずかにヒジを曲げる

スパイクの助走と打点の基本

 高さと強さの両立を意識する オープンから強打するスパイクとクイックスパイクでは、助走や腕の振

続きを読む

アンダーハンドパスが左右にブレる時の対象法とは?

アンダーハンドパスが左右にぶれる時の対処法

アンダーハンドパスが左右にぶれて、思った方向に飛ばないことがありますよね。どうやったら上手にアンダー

続きを読む

腕を上方に振り上げ真上にジャンプ

スパイクで強いボールを打つスイング

ジャンプした後は、ボールの位置をよく確認しながら、ヒジが下がらないようにスイングします。 アゴ

続きを読む

cクイック

セッターの背後ですばやく打つCクイック

相手コートの対角線に体を向けるイメージで打つ Cクイックは、セッターの背後で打つクイック。セッ

続きを読む

緩いサーブはオーバーハンドで対応

緩いサーブはオーバーハンドで対応

フローターサーブなどで緩いサーブが肩より上にきた時は、オーバーハンドで対応しましょう。 オーバ

続きを読む

ローリングレシーブの基本

ローリングレシーブの基本

ローリングレシーブは普通のレシーブの構えからスタートします。ボールが遠いと判断したら、大きく足を踏み

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑