*

バレーボール サーブの基本練習方法

サーブの飛距離を伸ばし力強いサーブを打つ為には

サーブがネットまでなかなか届かない人や、サーブが入る確率をもっとあげたい、サーブの飛距離を伸ばしたい人、スピード、持久力、正確性を付けたい人に、わかりやすく練習方法をご紹介します。

【壁打ちサーブ】

(1)最初はアタックラインから、相手コート越しにある壁に向かってサーブを打ちます。初めは上手くいかないかもしれませんが、サーブの練習を繰り返しやることによって、だんだんと届くようになります。

(2)アタックラインから相手コートの金に届くようになったら、そこから3mずつ後ろに下がり、エンドラインから壁に向かって届くようになるまでサーブを繰り返し練習しましょう!

【連続サーブ】

スピードのあるサーブを打つには、正しいフォームでコンパクトなスイングから体重を移動させて力強いサーブを打つことが必要です。すばやいスイングとパワーが必要な持久力をつけるためには、ボールを受けとり、間髪入れずに10本連続でサーブを打ちます。

(1)早く打つ意識を持ちながらも、しっかりとスイングを行い、体重を乗せたサーブを打ちます。ボールを渡す人は、すぐに渡す準備をしておきましょう。

(2)打った直後は、すぐにボールを受けとりすばやくトスを上げ打ちます。
初めはどういったカタチでもいいので、相手コートにしっかりサーブを入るように繰り返し練習をしてください。練習を繰り返しやることによって、相手コートに入る確率が上がるので、練習で確実に入るようになってください。

しっかりボールを見て、あまりトスを高く上げず、体重移動をしっかりとして、ボールを打ってください。

参考ページ
フローターサーブのコツと練習方法、距離の出し方をわかりやすく教えてください

この上達方法が役に立ったらみんなとシェアしてください!

大好評!「バレーボールスタンプ」販売中!

よく使う!バレーボールスタンプ
日常会話で使えるスタンプです。今使っているスタンプに飽きてきた人はチェックしてくださいね!⇒スタンプを購入方法説明

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方
今使っているバレーボールシューズを買い替えたいと思っている人は参考になりますよ。⇒バレーボールシューズの選び方





おすすめページ

ボールが当たる瞬間は手を振らない

オーバーハンドレシーブ

肩から上の高い位置に来たスパイクを手のひらで上げる ディグは基本的にアンダーハンドで取ることが

続きを読む

肩より高いボールを受けるオーバーハンドレーブ

肩よりも高いボールを受けるオーバーハンドレシーブ(ディグ)

後方に飛んでくるボールに対してはオーバハンドでレシーブします。 この時、腕が伸び切った状態で受

続きを読む

cクイック

セッターの背後ですばやく打つCクイック

相手コートの対角線に体を向けるイメージで打つ Cクイックは、セッターの背後で打つクイック。セッ

続きを読む

サーブカットはボールをつなぐカバーリングが勝負の鍵を握る

サーブカットはボールをつなぐカバーリングが勝負の鍵を握る

バレーボールの醍醐味は、コートにいる6人で1本目、2本目、3本目とボールをつなぎ、得点につなげること

続きを読む

バックアタックの狙いどころ

アタックラインの後ろから前に飛び込んで打つバックアタック

 高さと技術が求められるワンラック上のプレー 前衛でしっかりスパイクをしっかりマスターできたら

続きを読む

得意なほうを空けておく

サーブカット・サーブレシーブ(アンダーハンドレセプション)

レセプションでの(サーブレシーブ)の出来が勝敗を分ける 腕の面を必ずセッターに向ける レセプ

続きを読む

サイド攻撃を効率的に打つ方法

サイド攻撃を効率的に打つ方法

ブロッカーの遅れを誘って強打する レフトあるいはライトからのサイド攻撃を有効に決めるためには、

続きを読む

ランニングジャンプフローターサーブ

長い助走の勢いを活かしたランニングジャンプフローターサーブ

助走距離を長くとり、片足で踏み切る 斜めや横方向に助走することで、ジャンプフローターサーブより

続きを読む

スパイクのコンビネーションの種類

ブロックが分散しやすいコンビネーションの種類

ブロックが分散しやすいコンビネーションを選択 多彩なコンビで相手ブロックに的を絞らせない 攻

続きを読む

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

一番基本なサーブレシーブのフォーメーション

フォーメーションで最も基本的な力タチは、セッター以外の5人がサーブレシーブ(レセプション)に入る「W

続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



PAGE TOP ↑